蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№766 Gate507 

10月10日

羽田空港第2ターミナルです。

今朝はホテル前からタクシーに乗ろうとしたところ、最近よくあるあの背の高いタイプの車で嬉しかったのだが、乗り込んだはいいがドアが閉まんなくなってしまったのである。少し前に移動して、なんとかドアを閉めようとする運転手さん。しかし閉まらない。予定より40分も早く出発したので、ここで40分間ドアを閉めんとする努力におつきあいさせて頂いても特に問題はなかったのだが、見かねたホテルスタッフが救済してくださって、後ろにいた車に乗り換えさせてくれた。

これもまた同じタイプの車だったが、難なくドアは(いつもどおり)閉まり、無事品川駅に向けて出発することができた。「いったいなにがあったの?」と次の運転手さんに聞かれたので「ドアが閉まんなくて」と話すと笑っておられたので、きっとこの方はこの「なぜかドアが閉まらなくなる現象」に直面したことはないものと推察された。

 

さて空港である。
今日は三連休の中日らしい。毎日が夏休みのふらふらライフを送る私は日々が連休の連続なので、久々に人が多いのにびっくりしてしまった。そういえば今日これから搭乗予定のお昼の便は、いつもはないよな。1日5便飛んでいた羽田ー米子便は1日2便にまで減少したが、今日は3便飛んでいる。それくらい乗る人がいるってことなのね。

 

羽田から米子に飛ぶ人、またはその逆に乗ったことがある人はご存知であろうが、米子とか鳥取に飛ぶ便は、羽田空港第二ターミナルの果ての果てまで歩かされる。67番ゲートとか?初めて乗る人はちょっと戸惑うらしい。こんな先にほんとに搭乗口あるんかい?!という気持ちにさせられるのであろう。

ところが、うふふ、今日はバスで機体そばまで運んでもらえるのである。なのではるばる先まで歩いて行かなくてもよい。実に快適である。


ということで私はバスラウンジ507番ゲートにいる。そんなゲートがあるんかい?!と思った人もいることでしょう。羽田ー大阪とかばっかり使ってるようなあなた。地方は遥か遠く、搭乗口からその世界は始まっているのだよ。

それでは皆さん、私はしばらく米子に帰ってくるね。ご機嫌よう。Have a nice trip!

№765 長期ビザ申請

10月9日
一昨日、震度5の地震がありましたね。
実のところ、こんな地震を経験したのは初めてだったのでけっこう驚いた。というか怖かった。

揺れが収まって長女ぶーちーに連絡をしたところ、入浴後自室に戻ったところだったとのことで何事もなく安心した。お知り合いの方々にも大事はなかったようだったのでホッとした。ちなみに”てれび”という道具が存在しない米子の家では、皆、地震があったことすら知らなかった様子。まあいいけどね…

 


JK剣士南の島滞在の準備がなんとか進んでいる。出国前の山場が大きくふたつあるのだが、ひとつ目が「長期ビザ申請」、ふたつ目が「高校生剣道新人戦」で、このひとつ目の申請書類提出締め切りが明日。明日だよ?!それがようやく今朝米子の本局に投函された様子。メールも送ったしギリギリセーフでしょう。はー、やれやれです。

来月半ばに新人戦。新しいシーズンを闘うメンバーが正式にお披露目となる日である。
JK剣士のガッコウは人が足りなくて高校女子での団体戦が組めないので、個人戦のみのエントリー。試合当日まで、毎日部活延長で調整にかかるそうである。

この学校に剣道をやるために入って、というか剣道で強くなりたいと望んだから、それこそ地獄に飛び込むような思いでこの学校に決めて5年、これが最後の公式戦になる(無事出国できればね)。

このガッコウの剣道部には色んな都市伝説があってね…多くはカントクMセンセイに由来するもので、入ってわかったけどどれもやっぱりただの都市伝説だったわ。ちなみに私はこのカントクのことはとても尊敬している。若いのに(当社比)素晴らしい指導者でらっしゃる。「僕に預けて下さい」と言ってくださって、お預けしてほんとうに良かったと思っている。

 

JK剣士はこの試合に向ける思いを私に語ってくれたが、まだ腹の底から信じきれていない自分がいるんだとも言っていた。自分のためだけに勝負にこだわれる子じゃないと思っているので、これまで関わってくれた人や憧れとともに彼女を導いてくれた先輩たちへのご恩返しのために、自分で口に出したことを「ほんとのこと」にできますように。ただ願い、見守るだけ。

我が子にもクライエントさんにも、なにかできるような気がしてもなんにもできんよなあ。

 



№764 酔っぱらいの真理

10月7日

昨夜某所でお酒を飲んだ。いろんな某所でお酒を飲むのはいつものことだが、昨日は久々にバーに行ったのだった。

最近、米子滞在期間が短く、向こうにいるあいだに夜のレッスンやらセッションやらをしこたまぶっ込んでしまうので、21時以降にレッスンが終わったあとにバーMarujinに行く元気が出ない。なので実に久々のバーでの飲酒だった。

初めてのバーではマンハッタンを飲む、というのはしげにいちゃんが言っていたことだが、その前に多少の日本酒を嗜んでいたからかそれとも元来アホだからか、バーカウンターに座った瞬間に「えーっと、初めてのバーでは何飲むのがいいんだったっけ?」と思考完全停止になって、そこにふわ~っと浮かんできたのは、

カクテル〜マティーニ〜007
〜「ボンド。ジェームズ・ボンド」(注・自己紹介です)
〜「マティーニ。ノットステアで」(注・キメ台詞です)

という連想であった。なのでオーダーはマティーニで決まりである。

行きつけのMarujinで飲むマティーニは「キッツ~!」という大人な味わいで、キリッと気分が引き締まる。正確に言えば、気分だけが引き締まるというべきであろう。気分以外のすべては体内のアルコール濃度の高まりと共にぐずぐずになっていくからね。あはは。

昨夜私がどこのバーに行っていたかは、今度Marujinのマスターには打ち明けちゃおうと思う。開店記念だったとかでグッズまでもらったので、それをマスターにプレゼントしよう。でもここでは内緒にしておくね。有名なところなんだって。

なんだか飲みやすいマティーニで、いつもと違ってするーっと飲めた。そしたらね、バーテンダーのおじさまに「当店は初めてですか?」と尋ねられた。「私は初めてです」と答えると、「では初めての来店の記念に、余分に作ってしまったからこれをサービスでどうぞ」と2杯めをサービスしてくださったわけよ。たまごの黄身が使われているという、甘めの飲みやすいカクテルだったね。

マティーニをカーッと飲んで、2杯めのそれをぐいーっと飲んで、20時がきたから帰った。
ホテルの玄関にちゃんとついたのは覚えている。次、気づいたら1時だった。頭の中でわんわん音がする。そんなに飲んだっけ?!と思いながら、乳酸菌生成エキスを飲んでまた寝た。

朝になってもう一つ思い出した。帰り道で、自分は全然酔っていないと主張し、もういっぱい飲みたいよう!と騒いだことである。人間、「自分は酔ってません」という時は間違いなく酔っているものである。これはもう酔っ払いの法則であり、覆せない真理であります。

無事帰って来れてよかった。一緒にバーに行った人は、何か私にひどいことをされなかっただろうか?ちょっと怖いから、ほとぼりが冷めるまで聞かないでおこうっと。えへへ。

 

 

 

№763 おおいそがし

10月6日

昨日は朝からタイトなスケジュールで、Blog更新は諦めました。ごめんなさい。

8:45からのセッションを受けてくださったクライエントさんに感謝。
その後、ホテルフロントでとある手続きをしたところ凡ミスが重なって、約40分もロスしたのは昨日のような多忙な日には痛い浪費だった。しかし!最近の私は超寛大なのである。

「えーなにそれ、ありえんしー」とこころのなかでは思うものの、胸元の名札に「新人であります」という旨が掲げてあると、「左様であるか」と寂静の境地に至らねばならない気になってくる。

あまりの段取りの悪さにとうとう先輩が代わって事務作業を続けてくれたのだが、それでもやっぱりなんだかつまんないことをお間違えになって、「もう一度やり直しを」と言われたときには「いや、何か別の解決策を提示してくれ」って言ったよね。言えばちゃんとできる(別の道を探ることができる)んだから、どこまでも甘えるのは無しにして欲しかったね。

でも最後はその新人さんに「だいじょうぶだからがんばってください!」と激励をしてきたよ。潤んだこりすのような瞳で私を見つめてきたよね。気持ちわかるなあ!

もりのこりす的小心者である私は、叱られるとしっぽを抱えてクルッと縮こまってしまうからさ、誰のことも叱責したくないよね(今は)。

国営企業にいる頃はさー、吠えまくってたけどそれは職業的に必要なことだから、うん。こりすががんばって叱っていたんだよ。立場や役割ってものがあるからね、私は”今”その立ち位置にいないと思うから「ねえ、こうして欲しいよ」ということ以上のことは言わない。叱らねばならないお立場・お役目にある方のおこころも、よくわかるつもりだよ。

 

さてその後、四谷でMおさんとランチの予定だったのに、なんと山手線等々が人身事故のため止まっているではありませんか! どどどどうしよう?!と思ったら天の助けがあって、水道橋駅まで送ってもらえたよ。マジでありがたかったです。

そして四谷で楽しいランチ、その後恵比寿で長女ぶーちーとデート。夜は目黒でご飯食べたら、何かに当たったらしく気持ち悪くなって大変だった。

以上、昨日の日記でした。
皆さんもナマモノには気をつけてください。身を守るために一緒に白ワインを飲んでください。

 

 

№ 762 ジャムセッション

10月4日
今日は朝から銀座へ。
おともだち男子(Yoga関係ではない)が、ルルレモンのウェアを見たいと仰るのでお供したのだった。

作務衣がいいなあと思っておられのだが、イケてるおじさんに「作務衣よりルルレモンがよろしかろう」と言われちゃったそうだ。年上なのに超イケてるおじさんに言われてしまったら、ぐうの音も出るまい。男は黙ってルルレモン、ってなもんだろう。

銀座シックスの開店前に近くの喫茶店で待ち合わせてお茶して、おしゃべりして、開店時間が来たので目的地へ乗り込んだ。8月にA子先生と一緒に来たので、1ヶ月半ぶりかな。宣言解除されたので、お客さんも品揃えも増えているとのことだった。秋冬ものもいい感じで出揃っている。人の買い物についてきただけのはずなのに、自分のウェアも欲しくなってしまうではないか!

さて、男子の買い物のお手伝いである。店員さんが声をかけてくれたので、私がしゃしゃり出て「Yoga用パンツとトップスはどれ?(Yoga関係者じゃないのに!)」と尋ね、パンツ数点、Tシャツ数点、パーカー1点を選び出してもらい、「はい、試着してきて」とまるで命令下達である。

着用したところに乗り込んで「それいいね、そりゃないわ!こっちの色も着て」などとうるさく指示をして、最後は「あれとこれで決まりじゃない?よしいっとけ!」という圧を発揮してお買い上げと相成った。

店員さんは、一体私たちのことをいかなる関係性にある男女だと思ったであろうか?
いつも一緒にデザートを食べるともだちなんだろうな、なんて微笑ましいんだろう、と思ったことだろう。ちなみに昨夜は一緒にバニラアイスを食べた。

そして容易に想像できると思いますが、ちゃっかり私も試着して、秋冬用あったかめウェアをゲットしちゃったよ。

 

 

さて、昨日指揮者のコンペティションを見に行って、そのことについて書くわと言っていたのだった。誰がどの視点で聴いて評価するかでまったく違う展開になるってことよね。私は素人の一聴衆であって、技術とか仕事の質とかオケとの関係性とかさっぱりわかんない。でも自分がすごく感動した演奏を聞かせてくれた人が高い評価を受けなかったのは、かなりショックだった。全身になにか強いものを感じさせてくれた演奏だったのに。

私はとてもしあわせなことに、大好きな仲間と楽しいジャムセッションをさせてもらっているんだなとも思った。ここには指揮者はいなくって、目を見て頷いて何かが始まる。私が音程を外しても、意味もなく大きな音を出しちゃったりしても「えええ?そうくる?!」と思うだけで合わせてカタチにしてくれる気がする。学生の時からあれこれと舞台に立つ経験はさせてもらってきたが、誰かと一緒に音楽を作り上げるのはとても楽しいことだから、そんな仕事を一緒にできればいいなと思う。思えば今日のショッピングも、そんなセッションのひとつだったのかもしれないね。

今回のコンペティションで悔しい思いをしたであろう人に、また別の機会が与えられることを心の底から祈っている。



 

No.761 やけギネス

10月3日

うー…

今ようやくJK剣士の渡航に必要な手続きのひとつを、たぶん完了できた。ダメ出し→やり直しの連続で泣きそうだった。

メディカルチェックも必要だったのだが、「英語のわかるお医者様にお願いしてください」ときた。そんなん聞けないよね?!「先生、英語できる?」とかさ。
幸い、コロナ以前にレッスンに伺わせて頂いていた先生がカナダにご研究に行かれていたので、お願いしたところ無事健康チェック&署名押印をして頂けた。いやー、よかったよかった。

 

 

ところで今日は、東京オペラシティに行ったわけよ。
本当は田端で仕事だったんだけど、そちらをサボって初台へ、東京国際音楽コンクール指揮者部門の本選を見に行ったのね。なにしろ敬愛するN夫師匠のお声がけだからさ!当然よね?

フランス、ブラジル、イギリス、日本からの4名が本線に残った。エントリー総数は300名以上ですよ?

私はフランス出身のサミーのファンになった。正直に言うと、自由曲(サン・サーンス)では涙まで出てしまった。
で、結果はと言うとね… これは明日、改めて書かせて欲しい。なぜって、結果が私にはショックだったから。だから初台と渋谷でやけギネスしてきた。
くっそう!これが飲まずにいられるかよう。


f:id:Yoga_Lotus:20211003224817j:plain



 

№760 飛んでもございません

10月2日

無事到着できましたー!
条件付き運航=羽田上空まで行っておきながら米子に戻ってくる可能性あり、という「そりゃないわ~」という条件で飛びましたが、無事着陸してくれました。かつて乗ったC-1輸送機に比べればこんなの揺れたうちにはいらない。あれはマジでひどかった...


無事着いて考えると、多数の乗客の命を預かる民間航空機が、ほんとに危ない状況で飛ぶわけはないのだった。でもストレスフルだったろうな。着陸体制に入ってから機外カメラの映像を見てたけど、なんというかすごい「気」を感じたよ。「気合」か? 後から頭が痛くなったくらいの強い気だった。

ANAの皆様、とりわけフライトクルーの皆様&暴雨風のなか地上で働く皆様に、心より感謝申し上げます。
思わずCAさんに「こんな天候で飛んで(降りて?)くれてありがとう!」と声をかけてしまった。「とんでもございません!」と満面の笑みで返してくれたが、これは実はダジャレだったのだろうか?そしたらもっとすごいぞ、尊敬しちゃう。

ものごとは先取りして悩まないように(基本的には)している私。
案として頭のなかにうっすらあったのは、「羽田に降りれないくらいだったら新幹線もムリ。今日中に東京に入るのは完全にムリ。でも台風だから翌朝はOK。だからサンライズ出雲寝台列車)で、翌朝10時から予定の仕事に間に合うように移動できる。」というものだったが、そうならなくてほんとに助かった。ちょっとこれはめんどいから。

そもそも「行って帰って」とウロウロするのが大嫌いなのに、究極の「行って帰って」ですよ!一筆書きのように生きたい、という欲求に反してます。まあ台風(という事情)だからしょうがないんだけど。

そういえば台風は究極の一筆書き人生だね。現れて去っていく。あ、人間も結局同じか。


さて、先日JK剣士へのイイワケ作戦5(米子の寿司割烹誠司さんでお寿司)を部分的に採用することにした。なので早速予約しちゃったもんね!なぜ部分的かというと、肝心のJK剣士抜きでウニを食べにいくから。JK剣士は今ワケあってヴィーガン生活に入っているので、ウニは私が食べなくてはならない。

ん?なんかヘンだな?でもまあいい。とにかくウニを食さなければと思っていたんだもん。

シャツの隠蔽をしてくるのを忘れたので、昨夜バレた。事情を話して謝ったら「あれそういうことか」、そして「別にいいよ」って言ってもらえた。よかったわ~、お寿司とVITAは晴れ晴れとした気持ちで行けそうだわ~。