蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№805 LINE不要

4月5日 @これから目黒駅で待ち合わせ

 

今朝、JK剣士からめずらしく母個人に対しLINEがあった。

「まーちゃん」とある。

まーちゃんとは、御母堂様に対する愛称であり、この短い言葉のなかには、

「母上様、ご機嫌麗しくお健やかにお過ごしのこと、心よりお喜び申し上げます。平素より私の学業に対する深いご理解と多大なご支援に感謝申し上げること一入ならず、日々母上様の並々ならぬご愛情に励まされつつ異国での暮らしに励んでおります。」という意味合いが込められて、

いるわけないよな。

ということで、こういう声かけがあるときには、何か困ったな〜と思ったことがあったに違いない。そこでハハは「なんだい?」と返した。

 

お困りごとの内容は、ホストファミリーの皆さんに「日本の家族にぜんぜん電話してないけど大丈夫なの?」と心配されちゃったんだけど、という旨のことだった。

え?は? 

と、いう戸惑いと思考停止の中でハハは、うさぎさんが「電話ください」と言いながら黒電話を手にしているスタンプを送って、「テレパシーでOKです」と書き添えておいた。

その後JK剣士からきた解説によると、日本人留学生のみんなは毎日親と電話してるんだってよ!!うっそ?!ありえーーーーん!!!


昨年、母の敬愛するN夫師匠と一緒に表参道で遊んでもらったJK剣士は、自らの留学に対する希望についても話していたが、「せっかく海外に行くなら、日本との精神的な臍の緒を切れ」というお話をして頂いた。

このことは洋平先生との対談でもお話しされていたので、ちょうど1年前にLAにホームステイした時にも、極力連絡を取り合わないように親子二人とも務めた。長期の留学ならばなおさらこのことを徹底させなければならないと思うが、今は便利な世の中なので、海外にいようがなんだろうが連絡を取り合うことのハードルが低く、没交渉でいることの方が難しい。

なので日本との精神的な臍の緒を切るところまではいっていないとは思うが、まあなんといってもまだ17歳なので、この程度ならいいかというところで落ち着いている(JK剣士から問いかけがあれば返答する程度のやりとり)。

ホストファミリーには、ハハの返答を待つことなく「自立してほしいと思っているんです」と言っておいたとこのことだった。うん、そいでよか。

N夫師匠からも常々「元気にやってる?」とJK剣士に対するお気遣いを頂戴しているが、17歳という若さで海外の生活に飛び込んで、何もかもが新鮮で劇的に感じられるであろうことが羨ましいとのお言葉があった。

JK剣士の年頃ならきっと、1年1年で世界の見え方がまるっきり違う。この瞬間を存分に味わうことが何より大事で、まーちゃんのことを思い出すのは、ちょっと高価なものがほしいときとブラックサンダーが食べたくなったときだけのようだが、よかよか、そいでよかとです。

引き続き、ワイルドなフィジーライフを楽しむべし。



★睡眠改善にフォーカスしたYOGA. LIVE
「楽すっかLIVE」配信中!

楽すっかLive alba lab株式会社


№804 サヨナライツカで号泣

4月2日

最近よく映画を見ている。

JK剣士と映画視聴三昧だった年末年始もそうだが、あんまり見過ぎるとなにを見たのか印象が薄まっていく。その中でも強烈な印象を残すものが、人に勧めてもいいかなっていう映画になるんだろう。

 

で、今になってパンデミック映画を二つ見た。みなさんきっと知ってる「コンテイジョン」「アウトブレイク」である。これまで見たものの中で私的に最高峰なのは、ジョセ・サラマーゴの小説「白の闇」を映画化した「ブラインドネス」だな。

 

で、感想。うわ!デジャブ!って感じでした。
これをイメージしてなされてる対策があるのではないですか?って感じでした。人間、一度見たものは脳内のどこかにインプットされて出番を待っているらしいではありませんか。だから「あ!こうしよう!」と思ったベースに映画があっても不思議じゃないよね。正直そう思った。

 

うわ!デジャブ!、からの連想で(ここからもうパンデミック映画の話じゃないから)、小説にめちゃハマって、予告編見ただけなのに見たつもりになっていた映画を、この度初めて見た。あれ?見たことあるはずなのに覚えてない、と思ったのであるが、単に見てないだけだった。

 

時はベトナム戦争終結した頃。バンコク支社で働き、この支社を東南アジア支社に格上げしようと頑張る日本の某航空会社社員が主人公。将来の夢は社長らしい。ビッグじゃないか!

 

有能でイケメン(西島秀俊が演じる)、誰もが認める「好青年」。このワードがニックネームになっちゃうほどの好青年っぷりなのであるが、実のところこれは演技である。演技なので、嫌味なほど好青年っぷりが行き届いているのである。戦略的好青年というわけですね。

ゆくゆく社長になりたい好青年にとっては妻が重要である。良家のお嬢様との結婚が決まっており、バンコクで暮らす彼の元に毎晩20時に電話がかかってきて、好青年的会話を交わす。

 

とーころがどっこい!!

バンコクに、そりゃもうすごいイイ女がおったわけです。

この、みんなが振り返るいい女にロックオンされた。

映画なんだからこちらも演技と思いつつ、いやこの人(女優さん。あえて誰かは明かすまい)いつもこんな感じかも?と胸が震える小悪魔的可愛さ、しかも綺麗で色っぽい。いや、それを通り越してエロい。トトちゃんの小さなハートもバクバク。これで惚れなきゃ男じゃないよ!

彼女の初めての登場シーンやバンコク市内をデートするシーン、何度も繰り返し見ちゃった。二人ともすごくハッピーなのが伝わってくる(その時は)。イイなあ、トトちゃんもバンコクでデートしてみたい〜。

 

でも結末は哀しいよ。

感想を一言。「主人公よ、おまえはバカか!」
お断りしておきますが、これはあくまでもこりすの主観であります。

ネタバレで申し訳ないが、オヤジになったかつての好青年に対し長男が「親父はなんでそんなにカッコ悪いんだよ!」と言っちゃうシーンがある。

息子よ、よう言うた!!
まさにそれ。

しかしあの西島秀俊を、ここまでダッサイオヤジにして見せてくれた監督もえらい。「ほんとのしあわせっていったいなんなんやろか...」という気持ちにさせられるパワーは、この”西島秀俊ダッサイオヤジ化”効果により、小説より上回っている。

 

社長になる夢は叶ったが、人生それだけでよかったのだろうか?

見る方によって多様な解釈と感想があろうと思います。こりす的ピュアなハートをお持ちのかわいいあなた、一度見てちょうだい。
今ならAmazon Primeで見れます。

「サヨナライツカ」



★睡眠改善にフォーカスしたYOGA. LIVE
「楽すっかLIVE」配信中!

楽すっかLive alba lab株式会社

 

 

 

№803 春のおしゃれ

4月1日 @都内某所

ある時は上着をかなぐり捨てたくなるほど暑い昼があり、コートを持って出なかったのを後悔する寒い夜がある。この気温差に体がやられている人が今年はいっぱいらしい。クライエントさんの嘆き節もよく耳にする、2022の年の春。

ご存知の通り日々の養生に関して怠りない私。普段の0ベースが人よりずっと上なので、たまに記憶喪失になる程酒を飲んでも、はっきり言ってなんくるないサ〜である。たぶんね。

先日の鍼灸治療の際、この季節の変わり目特有の悩みについて、先生に愚痴をこぼしました。春なのに寒い、でももう秋冬の服はカッコ悪いから着たくない。お気に入りの春の服はいつから着れるの?!

ほら、変に冷やしたら体調崩すからね。冷えは万病の元ですから。

体調不良の結果生じている冷えをヤバい!と真剣に捉え、なんとかしてなんとかしないと心身全体の機能は超低空飛行になる。そういう状態になるライフスタイルを自ら採用しておきながら、「あとはお前がやっとけ」的な暴君ぶりを発揮しても、いつかどこかで”おからだ反乱軍”に反旗を翻されるのだぞ。マジですよ、これ。

なので、春のファッションと気候に如何に対応するか?という問題は、あなたにも私にも、体を持つ誰にとっても重大事なのであります。

 


標準より背の高いこりすのトトちゃんは、この身長デカすぎる案件でもう悩みたくないが故に、ずーっと同じお店でお洋服を購入している。なのでスタッフの皆さんとも仲良しなのであるが、そこで私がいつも助言を頂いている方に伺ってみると、

「ファッションは季節先取り!今年一番初めにサンダルを履く女でいたい」

ということであった。

ふむふむ、感覚的には茶室と同じね。あ!もうそんな季節だったのね、いけないぼんやりしてたわ〜、と人様に思わせ行動を変えさせるトンがり具合が肝要ということね。


で、漢方的観点によるファッションに対する結論は?
⇩⇩ ⇩

普段から養生が行き届いている人は、体も季節先取りです。故に春の今、健康な方の体は既にこの先の季節に対応しているので、寒の戻りに一際敏感です(=今はめちゃ寒がりってこと)。

そういう方は、インナーは冬物で温度調節をしつつ、春物を着るのが正解です。場合によってはカイロなども活用しつつ春のファッションを存分に楽しんでね!

以上。

ということでしたので、スーツケースには春物を詰めました。貼るカイロもね!



★睡眠改善にフォーカスしたYOGA. LIVE
「楽すっかLIVE」配信中!

楽すっかLive alba lab株式会社

№802 春の女子会の顛末

3月31日 @米子空港

午前中美容院に行き(出張前のお約束)、その足で空港に向かったら、まだ保安検査場が空いていなかった。なかなか見られない光景である。

都会の大きな空港ばかりをご利用の方、「え、保安検査場って閉まるの?」と思ったでしょう。閉まりますとも、フライトないんやもん。


ふと気づくと一週間も更新をサボってしまっているではないか。この一週間、あれこれと悩ましいことが多く、と言いたいところだが、おうちに戻って猫たちとフラフラしている生活だとネタが見つからないのである。ネタ元のJK剣士もいないしさあ。

では毎日そんなに静かに生きていたのかというと、今回の自宅滞在では春らしく飲み会超多めだった。米子もそういう状況に戻ってきたということだろうか? 

マンボウ出てなくても自粛する米子の皆様の話をすると、東京のオヤジの皆様はびっくり仰天なさるのだが、それも少し緩まったように見える。だって行政も関わって開催してる地ビールフェスタまでやってたからね。

で、久々に女子会やった。永遠の28歳が参加する女子会。

女子同士だと、なにゆえあんなに飲んでしまうのであろうか?
かわいいこりすのトトちゃんも、優しいお姉さんと一緒だと安心するということ?

M子さんと出かけた夜、地ビールフェスタが0次会だとすると、3次会まで行った。3次会は当然いつものバーマルジンであるが、3次会なのに「マティーニ」と言っていたのは覚えている。その前に駆けつけマンハッタンを頼んだのも覚えている。

気づいたら朝の6時で、電気が煌々とついた部屋で出かけた時の服装のままベッドにいた。え?なんで6時?と思ったね。

M子さんの証言によると、ちゃんとタクシーに乗って帰ってそうな。
マンハッタン、マティーニ、次もショートカクテルで!と騒ぐのを、マスターと二人で止めてくれたそうである。覚えてない。その頃私は既に寂静の境地に行っていたのだろう。もうあとは自動運転みたいなもんだよ。そもそも人間ってそんな感じだよね。

Yoga教師のくせに酒を飲む先生が好き(ここハートマークで)といつも言ってくれるM子さんだが、こんなことでいいんだろうか? 

ま、こりすのトトちゃんが禁酒して山に籠ったら、「やめとけー」って言って迎えにきてくれる人たちがいそうなので、皆様お忙しいからやめといてあげよう。思いやりである。



★睡眠改善にフォーカスしたYOGA. LIVE
「楽すっかLIVE」配信中!

楽すっかLive alba lab株式会社

№801 Yogaとは略語である

3月22日 @夜は朝日町

 

ところで先週は東京にいたのだが、この度の上京ではいろんな事態が出来し予定変更甚だしく、定宿や一部のクライエント様に大変ご迷惑をお掛けしてしまった。ほんとうにごめんなさい。

こうやって常々人様にご迷惑をお掛けしている私だが、数年前はもっと迷惑な奴であったという生々しい証言がある。

 

 

月2回の配信のため、設備のバッチリ整った秘境田端へと出向くわけだが、配信前日にその場所で事前準備を行なっていた。


Yogaがよりよく人の生に貢献するためには、ワケがわからなくてはならないし、目は閉じられなくてはならない。

 

Yoga Yoga言ってうるせえなあと我ながら思わなくもない。でもだって。

この言葉の意味するところは「何か大きなものとのつながり(人間存在のあるべきよう)を取り戻した至福と歓喜の状態」というものだが、いちいち、例えばレッスンの前に、

さあ皆さん! 今日も一緒に、体操や調気の実習を通じて、「何か大きなものとのつながり(人間存在のあるべきよう)を取り戻した至福と歓喜の状態」になりましょう〜

というのは甚だ面倒なので、Yogaって端折って言っているだけの話である。

Yogaというのは先述の文章を象徴する略語なのであるから、いつもそれを決して忘れずに私のムダ話を聞くようにしてちょうだい。

 


で、事前準備はそういったYoga(略語)のワケをわかるようにするための講義資料作成である。

その日の講義では「Yogaをやると脳波が変化して、実習継続によりその変化は持続し、変容と化す」という話題を取り上げることにしていて、結果的に性格って変わるよな〜ということを美人スタッフA子ちゃんと語り合っていた。

その日そこには、Yoga前の私とYoga後の私をリアルに知ってる長女ぶーちーがいたので、「ママ変わった?」と素直に聞いてみたのだが、

聞かなければよかった…

もうそら前はめっちゃ迷惑な奴だったんですよ!とA子ちゃんに語ってくれる長女ぶーちー。

ここに木のうろがあったらすぐに隠れたくなる詳細な供述によると、以前のこりすは人にも自分にも厳しい上、すごく器のちっちぇえビビりなヤツだったらしい。

しかし偉大なる絶対者ブラフマンのお蔭様=Yogaにより、不測の事態が起こっても「よかよか、なんくるないサ〜」と言うことのできる、ビッグマインドなこりすに変化(進化?)を遂げたそうである。


世界は今も、ビッグなこりすを日々試すごとく、いろんな事態を出来させてくる。

Yogaとは生きることそのもの、生活そのものである。
不測の事態が起こらぬことを祈るのではなく、それに黙って応じ、乗り越えることのできる力を、日々のYoga行を通じて私に授けたまえ。




★Yoga療法レッスン「楽すっかLIVE」
 月2回 配信中!

楽すっかLive alba lab株式会社

№800 むくろおかをなせり

3月22日 @日本某所

 

常に意味のない話題を臆面もなくふりまきつつ、本日記念すべき800回という大台に乗ることができた。

いつも読んで下さっている寛大な皆様と、Blogをお書き、と背を押してくださったお師匠さま方、そしてここまで私を支えてくださったたくさんの方々に、改めて御礼申し上げます。ありがとうございます。これからも楽しんで書きます。


だからっておめでたいネタではなくてですね、今日は、今ハマっていることについて書きます。

こりすは幼少時から筋金入りの安野光雅ファン。
今と変わらず愛くるしい幼こりすだった幼少時に読んだ(見た?)、シンデレラの絵本の挿画が安野さんによるものだった。

独特のあの感じが小さなハートを鷲掴み。某国営企業からお給料をもらえるようになってから、少しずつ安野作品を揃えていった。その中に、実に豪華な「繪本平家物語」(布張り装丁だよ!)があり、それを求めたことがこの物語にちゃんと向き合った初めである。教科書で出会った敦盛のことなど、それまで綺麗さっぱり忘れていた。

そのずっと後、古川日出男の現代語訳に出会ってまたまた「やっぱり面白い!」と改めて思ったのだが、平家一門にたくさんいる〇盛

=清盛、重盛、宗盛、知盛、維盛、資盛 以下略
(ああ、頭がクラクラしてきた...)

の、「重盛以外」の人々にいまいち感情移入できず甚だ困った。えーっと、あれは何盛だったっけか?てな具合である。

 

 

ところがこの度!
長女ぶーちーのお蔭で「アニメ平家物語」なるものの存在を知り、この「何盛だっけ?問題」に大変容が起きたのである。

そりゃあもう大変な数の登場人物がおり、膨大な量のエピソードがあるわけだが、このアニメが至極上手に情報を刈り込んでわかりやすく見せてくれていて、きっと必ず「もっと知りたい・読みたい・原文で琵琶の音と共に聴きたい」という人(特に若い人)を増産するパワーがあると信じる名アニメである。

一回見ただけでは言葉などもよくわからないと思いますので、通しで2回は見て頂きたい。2回目を見るときには現代語訳が手元にあるとなおよろし。

 

 


悪行はいつか必ずや暴かれるであろう!
と単純に言い切っちゃうほど私は純朴な人間ではないが、身口意にわたって非暴力を貫くことは絶対的に大事だと思うわけです。

奢れるものは久しからず、盛者必衰の理は顕れるもの、と平家物語は語る。
今どこかで、「自分は正しい」というあり得ん正義感をふりかざし人を傷つけ恥じない誰かの悪行に、苦しくつらい思いをしている人たち。自他の区別をせぬ尊き絶対者の力を疑わず、希望を失わずにいてほしい。どうか。

 


ちなみに本日のタイトルは、倶利伽羅峠の戦いに惨敗した平家の有り様を語る言葉。
もうこの言葉とその節回しが、どうにも耳から離れぬ。

はっきり書くとどうにもやり切れぬので仮名でボカしてはみたが、この戦いのあと海を流離し一族諸共滅していく悲哀がこの言葉に詰まっていると感じた。

エピソード8「都落ち」11:40〜。
ほんとみなさん、アニメ見てね。

 

 

★睡眠改善にフォーカスしたYOGA. LIVE
「楽すっかLIVE」配信中!

https://www.albalab.co.jp/TLR1

 

 

 

 

№799 全集中ですますこりす

3月20日 @都内某所。何区なのかわからない

 

今日は秘境田端からのオンラインレッスン配信日だった。月に2回のお約束。

正式にクラスが開始してから3ヶ月が経過した。

眠れなかった人も夢を見初め、朝起きた時に「あー、よく寝た!」という感覚を持てるようにおなりになった。素晴らしい変化のようだが、ちゃんとYogaを行じれば至極当然の変化であって驚くようなことはなにもない。単にこれまで人生にYogaが不足していただけの話である。

その方がガッツリ眠れるようになるまでの道はまだ半ばだが、絶対者にお任せして今の通りぼんやりYogaを継続すればなんくるないサー。

 


さて、不祥のこりすである私には、お師匠様とかリーザーとかいろんな目上の人がおいでになるわけであるが、近畿にはおやかたさまがおいでになる。

ひらがな表記である理由は、「おやかたさま」の意味がよくわかんなくなったから。
親方?お館?はたまたお屋形? 

まあでも別にどうでもいいやってことでひらがなで。

 

この方と私は「全集中の呼吸」?でつながっている(はず)なのだ!

先日、量子力学的物の見方を活用した、人の感情エネルギーについて論じる本(物理の棚じゃなくてスピリチュアルって棚にあるような種類の本)を読んでおったところ、この「全集中の呼吸」のことが引用して解説されていた。

常に不確かな私の記憶を探ってみたところ、このご本では「全集中の呼吸」はマインドフルネスであるぞと書いてあったような気がするのだが、ナンチャッテYoga教師としてのアテにならない知見では、マインドフルネスなんて単に心の猿を躾けるはじめの一歩にしかすぎないのであって、全集中というからにはきっとサマーディ(三昧)レベルなのであろうと推察する。

この三昧というものは、瞑想の対象と一体化し我と他の区別がない状態であるゆえ、より純度の高い精妙なエネルギーの方が強い影響力を発してしまう結果として、邪念のあるお相手(鬼?)がやられてしまうってことになるんではなかろうか。

ま、もしこの仮説が間違っていた場合、おやかたさま@近畿からお叱りが来て、私の誤りは速やかに修正されるであろうからやはり何も問題ない。絶対者のお仕事は緻密にして完璧、そしてタイミングは常にバッチリなのである。

 

ところで最近、おやかたさまと私とのやりとりの際、語尾「ですます」が「でリス、シマリス」と変容を遂げた。意味わからんでしょ?

通常「おはようございます」となるところが「おはようございまリス」「ご指示の通り斯様にいたシマリス」という塩梅である。

そして今ここでは「リス」と文字であるが、実際にはリスのイラスト(記号と言っていいのか?)であるため、そのスレッドには小さなリスの記号が随所に偏在していて眩暈がしそうな有り様。

世間的には立派な大人のように見える我々であるが、中身は永遠の17歳と28歳なので程度が低くても仕様がないのでリス。寛大なこころで受け容れるしかないのでリス。

 


★睡眠改善にフォーカスしたYOGA. LIVE
「楽すっかLIVE」月2回配信中!

楽すっかLive alba lab株式会社