蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№381 からだを虐めない

「汝が自分中心の執着から生ずる迷妄を克服した時、汝はこれまで聞いたことと、これから聞くであろうこととを区別しない無執着の境地に達するのだ。」 
 バガヴァッド・ギーターⅡ-52


昨晩、子供の出稽古の付き添いをした。
稽古の前に1時間かけて「体幹レーニング」を行う。
その道場で特徴的なのは、送迎のお母様方も一緒にそのトレーニングを行っているということだった。

当然私にも「どうぞご一緒に」とお声がかかったので、下半身を鍛えるスクワット系の動きと、バランスを保つ動き、そしてプランクをお付き合いし、腕立て伏せやジャンプ系の動きはパス。
約1時間かけて運転して帰る必要があるから消耗する動きはやらない、という言い訳以外にも色々と思うことがあったので、ここで考察してみたい。

一言でいうと、これではからだが壊れる、ということ。

事実、指導者の先生は腰痛持ちとのことで、骨盤周辺の動きが悪いのが見て取れる。
とてもショックだったので、共同で指導を行わせて頂いている静岡在住のよっちゃん先生(理学療法士さん)に思わずメッセージをしてしまった。

体幹レーニングと言いつつ、アウターの筋肉ばかり使って、インナーの筋肉は全然使ってないよ!」

これを読まれる方の中にも、「体幹を鍛える」ということにご興味がおありだったり、実際にジムに通っておられる方もおられると思う。
肉体を鍛えることはとてもいいことだけれど、からだをモノのように扱って、そこに意識が伴っていない活動をしておいでの方が多いように見受けられる。
そして呼吸もまた、疎かにされている。

数日前から「投影された宇宙」を読んでいるところなのだが、私たちの肉体も豊かな全体の一部なのであって、自分の小指の先にまで意識を払ってみたら、それこそ大いなる学びがあるだろう。

昨日体験して頂いたトレーニングも、エクササイズ・タイマーを用いてある一定の時間を「限界まで耐える」のだが、まるで肉体は痛めつけないということを聞いてくれない別の生きもののようだ。
よく話し合いをして、意思の疎通を図ることからはじめて欲しいのだが…


さて、トレーニングはあなたの日常生活をどのように変容させてくれるのだろうか?
ここでしかできないことを時々やるのではなく、日常動作が変わる気付きをこそ求めて欲しい

昨日の出稽古は剣道だったので、それを題材に少し実験をしてみよう。
竹刀を持つつもりで、手近にあるペンかなにかをお持ちになって欲しい。
どんな風に掴んだだろうか?

既にご存知の方もおいでと思うが、竹刀は薬指と小指で握るもの。
これができると、二の腕から胴体にかけての筋肉が上手に使えるようになる。
(そういえば、三味線の撥も同じように握る。)
胸が開かれ、骨盤はやや前傾しながら立つことになるだろう。
その時、十分に深い呼吸が行え、心は静かに澄みわたるはず。

また、剣道はすり足という歩行を行う。
これは茶道の足捌きと同じなのだが、「歩き方で歴がわかる」と言われるほどこのすり足は難しい。

ドタバタと足を上下させずに、床面と親和するように歩く。
私が歩いているのか、床が私を運んでくれるのか。
すり足を行うとき、からだは自然にまっすぐになる。ここでもやはり、呼吸は落ち着いていくだろう(息を止めていなかったら)。

もしわたしがスクワットを指導するならば、「床に落ちた、小さな、大事なものを拾うつもりでそっと腰を落としてごらんなさい」と申し上げるだろう。
そしてその時、太ももを痛めつけないように腰を落としてみて、という。
そのためには、架空のしっぽを天に向けて上げながら、お尻の筋肉に働いてもらうといいですよ、と。

太ももに頼らず、内側の筋肉に働いてもらって、からだは骨で支えてもらう。
この感覚がつかめると、日常動作がとても楽になる。


内側の筋肉は呼吸と深く連動している。
からだの深層の、自分では決して触れないところを呼吸が優しく触れてくれる。
内臓までマッサージしてくれるかのように。

呼吸が変われば日常生活は一変するだろう。
これが本当の「体幹」を鍛える動きだと、私は考えている。

だから、呼吸と意識化の練習から始めるのが良い。
そして、自分の呼吸のリズムと調和しながらゆっくり動く(タイマーなどに支配させない)。
反復してもその都度感覚は違うので、反復を目的とせず、感覚の違いを感じ取ることを重視する。

呼吸と意識を考慮しない動きは、この世にたくさんの怪我人を生み出すように思う。
肉体を通じて自分を愛おしむという活動をこそ、トレーニングといってくれるようになればいいのに。
からだを鍛えることでどこかを壊してしまう人を、無くすことができればいいのに。

 

 

№380 楽な方の私にしようっと

アルジュナよ。我は万物の心臓内に宿る真我(アートマン)である。我は万物の始まりであり、中間であり終末なのだ。」 バガヴァッド・ギーターⅩ―20

 

 

意識することで人は“自分というもの”に気付いていく。
気づいてしまうと、人はなかなか賢いのでなんとかできてしまう(時間がかかったとしても)。

ヨーガは体操ではありませんと言うなら、なんであると主張するのか。
ヨーガとは意識化の手法ですよ、と今は言いたい。

真実の我には、我執と心素がセットでついている。
個別に分かれ、独立した自分なるものがあるという考えが我執。
過去の記憶や印象がつまったきんちゃく袋が心素。
ストレスがかかると、このきんちゃくの口が開いてしまうものだ。

我執と心素の二つが、真我を塵のように覆っているといわれている。
それを掃除して、真我の輝きが現れるようにするのがヨーガという活動。
掃除方法の核は気付きである。
気付きを得るためには、実のところ色んな手法がある。

ほんとうのところ、個別にわかれた私なんていない。
過去の記憶にはキリがない。
そもそも私が誰からも分かれていないのだとしたら、それはいったいだれの記憶なのか?

なので、結局のところ掃除にもキリがない。
だからヨーガというものはやり方ではなくて生き方である。
そういうことを考えてきた人はこの世界にこれまでにもたくさんいたのであって、そういう生き方を決心することを(そっちの方が楽だから)、インドの辺りの言葉でいったらヨーガという語になった、という、ただそれだけのことなんじゃないかな。

多少の掃除であっても、まったくやらないのとは格段の違いがあると「気付いて」しまうから、やめずにずっとやりたくなる。
掃除が進めば進むほど、楽になってしまうとわかるから。

掃除以前、「私」は私という別のものが、他の人と別個で実際に存在していると勘違いしているので、個別の私が目標なるものを立てて、良いと悪いを区別して、自分にとってはこういう未来がいいに違いない!と、狭い了見から決めつけて考えてる。

いや、でも、ぜったいお任せした方がいいですよ。
なにしろ個別の私たちの視野はとても狭いし、視点は怖いぐらい低いから。

絶対者ブラフマン、と私たちが呼ぶものは、ものごとが生じそして去っていく場であり、力(エネルギー)そのものなのだと思っている。
そっちの方が個別の私なるものより色々わかっている・見えていると思うので、私はコントロールを手放し、どちらかを選ばない。
個別のような私でありながら、絶対者(場そのもの)になったつもりで。
そのためには、時々目を閉じて、考え事を止めないとね。


というようなことを、この二日間、家の押し入れを掃除しながら考えていた。
身体的実践を細々とでも継続していなかったら、こんな平安の心境に至れたかどうか。

だから、黙ってヨーガ行をやりなさいよと言ってくれた師匠に感謝である。

先生は、知っていたんだなあ。

確かに、あの頃これを言われても、絶対に信じなかった。

だから私も、今日も生徒さんと一緒に体操をしてこよう。

№379 あなただけの「良い姿勢」

クリシュナ神が告げられました。
アルジュナよ、我の数百、数千という多種多様な姿を見よ。種々の色や形を持つ我が姿を見よ。」 バガヴァッド・ギーターⅩⅠ-5


姿勢を癒すのにてっとり早い解決法は、残念ながら、ない。

従来のプログラムでは、からだの外形を作り変えることを重視している。
からだを横から見たときに、耳~肩~股関節~足首がまっすぐになるようにとか?
それほんと?

この世界で、わたしがふわふわと浮かんでいかないようにしていてくれる力(お好みなら重力と呼んで頂いても構わない)や、この世界そのもの(環境)と、わたしが“これぞわたしだ”と思っているからだそのものとの関係を変化させることが、姿勢を変えることの意味なので、形だけをなんとかしようとしても、そんなことはできない。

わたしが世界を感じ取る感覚を変えるという行為こそが、姿勢に変化を起こすことができる。
そしてその変化した姿勢を持続的に保つのも、変化した感覚に気付き、維持していることを感じ続けることで行われる。
感じ続けることをこそ、訓練し続けるのだ。

誰にでも共通する健康的な姿勢という理想形があるわけではないし、理想のためにからだが何か違うことを「やる」必要があるわけでもない。
やることはただ一つ、あなたが“感じる”ことだ。

自分の内面から外に向かって姿勢の変化に取り組む「新しい姿勢のルール」を感じながら決めていくことで、身体は自然に世界と調和することになるだろう。

楽器を演奏しているひとならわかると思うが、演奏のためにからだが変形したりする。
ちなみに私は、指の第一関節(特に中指)がちょっと曲がっている。
「まだ若いのに…」と某治療院で言われたことがあるが、これは筝を弾くからだと思う。
また、筝は上体をわずかに右にねじって演奏するので、私のからだはそれに適合してすべてのバランスをとっているのに違いない(右にだけねじることに何の疑問もないし、どこも痛くなったりしない)。

断固として、あなたのライフスタイルに合わせたからだを創っていけばいいのである。
どこかの誰かが「正しい」とかいう姿勢なんて、単にその人の主張に過ぎないと思って放っておこう。

ただし、運動と姿勢が無関係と言っているわけではない。
強さとしなやかさが無ければ、重力との関係でつらい思いをすることになるかもしれない。

身体的にバランス感覚を欠いていると、それは人間関係にも現れるとヨーガでは言う。

しなやかなからだの動きを生み出すためには、流れるような緩やかさをもって様々な動きを行っていくのがよいだろう。だから私はヨーガ・アサナを選択する。

その動きに、筋トレやストレッチ、有酸素運動という区別は一切ない。それはただ、アサナである。
アサナを通じて私は生かされている至福感に満たされるので、それはすなわちヨーガそのものでもる。アサナをしていないときにも至福感は感じているので、ヨーガを行っていない時はないのだとも言える。


自動的に、無意識に、時間をかけて何をやっても、あなたの姿勢や症状は変わらないかもしれないが、一瞬一瞬の全身の感覚を感じ取ることにしっかりと集中できれば、「たかがそんなことで?」と思うようなシンプルなポーズで大きな気付きが得られるだろう。

あなたはあなた自身と結びついている必要がある。
そのことへ向かう取り組みが、「姿勢を良くしたい」という求めから生まれるのであれば、それは素晴らしいことだ。

がんばるべきは動作ではなく、頭のなかのおしゃべりを遠ざける集中、そして感じること

がんばりどころをけっして誤らないように。
自分を責めたりしないで。
生きていることの不思議や素晴らしさを、忘れないでいて。

№378 リラクゼーションが気持ちいいのは

「生まれたものに死は必定であり、死んだ者にも生は必定である。それ故に、不可避の事柄について汝は嘆くべきではない。」 バガヴァッド・ギーターⅡ-27


姿勢を確立する手段には二つある。
空間の中で自分のからだの位置を認識すること(定位)と、
倒れずに動けるよう体を安定させること(安定化)。

定位とは、動き出す前に自分の位置を把握するプロセス。
地面からのサポートを感じることと、周りの空間を認識することで、私たちは自分の位置を把握している。
これはふつう無意識に行われる反応だが、こうした感覚のお蔭で動くのに十分安全だと感じることができる。

逆に、からだのまわりの空間に対する意識が制限されていると、のびのびとした動きができなくなる。
ものの見方が制限されているせいで、その場にどっしりと座り込むように、次に進むべき時が来ても、信念・仕事・関係などをいつまでも手放せないことがある

グラウンディングしすぎても、しなさ過ぎでも、知覚がうまく働いていなければ、私たちは不安感・不安定さを感じ、それに対処するために無意識に別のやり方で安定を求めようとする

安定化は、からだの内側で筋肉が働く活動である。
ある部分を固めてからだを安定させて、他の部分が動かせるようにする。
例えばビンを開ける時、片手でビンを押さえて、もう一方の手で蓋を回すように。

筋肉はまるで何枚も着物を重ねるようにして、骨格を包んでいる。
外側の筋肉は腕や脚、胴体などの目に見える動作を生み出す。
深層の筋肉は、関節や内臓を支える働きをしている。

からだの内側を無意識に閉じる癖は、人生を安定させようとする試みを繰り返す中で蓄積されていく。私たちが圧倒されたと感じるとき、地面や環境に対する知覚が多かれ少なかれ不足するのだ。

その時に感じる不安定さが、根源的な怖れ、つまり落下の恐怖を呼び起こし、さらにからだを固める必要性を高めてしまう。

わたしたちがうさぎならば、危険が去った後にぶるっとからだを震わせて跳んでいなくなってしまうことができるのに、人間は体の中に緊張を残してしまう。
それは、怖い目に遭った場所に何度も戻ってくるようなもの。

 

脅威に繰り返しさらされると、私たちの防御反応は慢性的な緊張としてからだの芯に残っていくのだ。
それは役に立つ反応だったから、つまりそのお蔭で生き延びることができたからこそ、習慣として残る

最初にその危険を体験したのはずっと昔のことであっても、ストレスにさらされるたびに、最初と同じ反応が起こり続ける。

安定化がいき過ぎると、年を取るに従い背が縮み、関節の可動域が少なくなって、人生を楽しむこと、表現することが制限されていく。
からだを固めすぎると、次第に重力に身を任せるしかできなくなる。

こうした過程を食い止めるために、まず緊張と弛緩の反復を感じることから練習することが必要になる。

人がリラクゼーションを心地よいと感じるのは、人生を懸命に生き抜いてきたことのなによりの証なのだ。

№377 姿勢には訳があるから

「結果と名誉と敬意とを期待する偽善的苦行は、不安定で移ろいやすく動性優位の苦行と呼ばれている。」 バガヴァッド・ギーターⅩⅦ-18

 

 

今のあなたの姿勢は、これまでどんなふうに振る舞うか決めてきたさまざまな経験に由来する。

目立たないように縮こまっていたかもしれないし、監獄に押し込められたような気持ちで勉強をしていたのかもしれない。自分の人生に怒りを感じているかもしれないし、道で転んでお尻を強打したことが関係しているかもしれない。

どんな理由があったにしろ、こうした緊張によってからだは歪み、成熟した大人になる頃には姿勢のせいで痛みを感じるようになっている。

姿勢は、周囲の世界と交流する中で作られる。
人生で起きる出来事に対し、どう自分を位置付けるか。
そうした出来事をからだでどう感じるか。
それに関わる人や物事にどう近付くか、または離れるか。
このようなことが姿勢を作り上げていく。
私たちそれぞれがしている“反応”が、立ち方、動き方をプログラミングしているのだ。

姿勢は個人の歴史の中だけで形作られるのではなく、文化的・宗教的基準、地理的特徴、天候や服装、魅力を左右するメディアイメージなどの影響を受ける。
さらに、根本的なのは重力との関係だ。

私たちのからだは本質的に不安定なもので、それは「動くために」設計されている。
可動する関節が何百もあり、組織はほぼ70%が水でできている。
これを深層筋が支えてくれている。

この不安定さのおかげで私たちのからだには”可塑性“が与えられ、呼吸や消化など体内で起こる変動や、その他の生命現象、動き回る時のさまざまな態勢に適応できる。
安定化はからだの内側で筋肉が動く活動で、ある部分を固めてからだを安定させて、他の部分を動かせるようにする。

姿勢と動作は分けて考えることはできないし、活動を安定とわけて考えることもできない。

ヨーガを人が求めるとき、からだを物のように見て、自分の都合の良いように働くよう作り変えたいという欲望を抱いていることがある。
でも今そこにある症状や痛みは、私という存在が統合していくためのサインをあたえてくれているものだから、まずその「世界の見方」から変えていく必要がある。

そこが痛むのは、別のところを自由に動かしたい!とあなたが思ったからなのだとしたら?

バガヴァッド・ギーターは、どちらかを選ばず、好き嫌いを言うなと教えている。
「もっとこんなだったらいいのに」という思いこそが病気である、というのがヨーガの病気観だ。

「からだが”こんな風に“なったら最高だ」と一方的に思うのではなく、「いったいあなた(肉体)は、私にどうして欲しいと思っているのか」と体に問うてみて欲しい。
これまで正しいと思ってきた基準や信念が変わることで、身体も変わっていく。
からだの言語は感覚なので、意思疎通のために、あなたは感覚を感じ取る能力を高める必要があるかもしれないが、そうすることで得られる恩恵はとても大きいだろう。

 

№376 自分の声を聴く練習

「至高の主は万物中に等しく存在し、万物が滅びても滅びることはないと見る者は真に見る者なのだ。」 バガヴァッド・ギーターⅩⅢ-27

オンライン・アグニホトラ、無事終了。
ノートパソコンの前で、掌を火(の写っている画像)にかざす姿は傍から見ると滑稽かもしれないが、私は確かに火の熱を感じた。

3つのお祈りは記憶とは全く違っていて、正しくは、この先1年、
1.家族の中でどのようにヨーガを用いていくか

2.友人、知人、ヨーガの仲間にどのようにヨーガを用いていくか
3.ヨーガの智慧で、自分をどのように進化させていくか
というものだった。

PURNAHUTI(修了式)のマントラのなかに 
“OM AYURDA AGNEASHI AYURME DEHI.”
「火の神様、御身は生命の授与者。我に意義ある生を与えたまえ。」
という一句があり、この言葉にはいつも深く感じ入ってしまう。

かつて頂いた瑜伽名も、このようなマントラにもいつも考えさせられ、けっして解けることのない問いを胸に生きているかのような気になる。
これが、ヨーガをするということなんだろう。

…………………
さて、儀式の話はこれくらいにして、
今の自分の“姿勢”に自信を持っていない人は多い。

ヨーガ実践を通じて自分自身を見つめていくということは、子供の頃「他の誰かが推奨していたり、誰も教えてくれなかった体の使い方」について拓かれていくことなのだと思う。

健康・食事(栄養)など、生きるにあたってとても大事なことについてお勧めされている事々なんて、どれも誰かの仮説にすぎない。
食事やダイエットにまつわる考え方や手法の実に混乱した状況を見るだけでも、それは明らかだろう。

仮説を自分の身に用いる時、判断基準を持っていなければその混乱はますますひどくなるばかり。
また、判断基準に用いるものの精度が未開発であったら、これまた混乱を来す。

ヨーガは、「自分自身の取扱説明書」を整備し、それを毎日改訂していく作業だ。
改訂作業の年数が延びると、基準の精度も上がっていく。
おまけに、“肉体と心”というだいじな道具の調子も上がるというおまけもついている。

幼いころ、外に飛び出して陽の光を浴びたいのに、それをやった別の子がこっぴどく叱られているのを見たことで、私たちは分別を身につけ、心身の衝動を抑圧することを学んだ。
それは幼い心にとって、まぎれもない恐怖であったろうと思う。

だから私たちには、大人になって改めて心身の衝動を受け止め直すことが必要だ。

本当は、体は答えを知っていて、どんな姿勢を取ると楽になるかを様々な感覚を通じて教えてくれているのだが、残念ながらもうその声を聞き取ることができなくなってしまっている。

姿勢というのは、じっと黙って座っていることではない。
動きのなかでどんなふうに体を使う・運ぶかということ。

瞑想をやってみたことがある人は、じっとしているのがどれくらい難しいことか知っているだろう。
私たちはこんなに難しいことを、小さな子供の頃から推奨されて育ってきた。
なにかの機能がうまく働かなくなっていても、全然不思議じゃないではないか。

同時に、瞑想が苦痛なく行える人は、動きが無いように見える時にも身体は活発に活動していることに気付いているはずだ。それは実に微細な動きなのだが、この小さな動きが阻害されることで大きな症状につながっていくのだ。

自分のからだの使い方は、生まれてから今までの間に、他者にどう支えられ、どんな評価を受けてきたかによって作り上げられている。

ひとつ実験をしてみて欲しい。
首のうしろ、後頭部と首のつけねあたりの感覚と、目の動きが連動しているのを感じてみよう(後部下筋群)。
顔と首はつながっている。

眉間にしわを寄せてパソコンの画面を見つめているときと、ふと視線をずらして周囲をぼーっと見てみたときと、首の感覚はどのようにちがうだろうか?

「ちゃんと前をみていないさい!」という無意識に刷り込まれた指示を放り出して、明るい外の景色を見たとき、いつも痛むあなたの首は何を語ってくれるだろうか。

 

 

№375 儀式をまえに

明日は、年に一度のグルプージャ祭に参加する。

日本の真言宗(別名・瑜伽宗)の護摩炊きの元になったのだろう“ホーマ”という火祭りをおこなって、この1年の御礼と、またこれからの1年の御加護を師と共に祈念する。

ヨーガは、人から人へと伝えられてきた。
あなたのヨーガにも、私のヨーガにも、それを伝えてくれた人がいる。

経糸が途切れなく続き、誰も伝えることを諦めなかったからこそ、今ここで私がヨーガの智慧に与れることを、歴代の師匠(Guru)に感謝(pūjā)する儀式である。

インド・リシケシのアシュラムでは毎年夏至の日に儀式が行われ、その後日本でも全国数か所で開催されるが、今年はもちろん(残念ながら)オンラインである。

2008年頃、ヒマラヤから導師が来日された折に、私も聖名を拝受した。
なので、私もこの経糸のなかのひとりとして正式に加えて頂くことができ許され、毎年夏至の前にはお手紙を頂戴する。

儀式ではどんなことをするかと言うと、みなで真言を唱える中、まず「大先生=師匠の先生」のお写真に対し礼拝、花などを捧げる。この真言読誦は儀式が終わるまでずっと続けられるのだが、読誦と言っても歌を歌っているようなもので、とても美しい。

礼拝の後、師匠から左手に「赤い糸」を巻いてもらう。
運命の赤い糸である(本当に、その由来になったものらしい)。

そして眉間の、アジュナ・チャクラ(第3の目)に赤いしるしをつけて頂く。
インド人の額にあるアレ。ただし擦ったら取れる。
昔は、恥ずかしいので儀式後に拭っていたが、最近はこのまま買い物にも行ってしまう。腹が据わったのか、人の目など気にならなくなったのか。

赤い糸を巻いて、額に赤いしるしを付けたみんなで護摩を焚く。
真言を唱えながら抹香をまき、聖水をまき、ギー(サンボを食べようとしたトラがぐるぐる回っているうちに、これになった。バターを更に精製したもの)をまく。

そして護摩木をくべる。ひとり3本の護摩木に祈りを捧げながら、1本ずつくべる。

今年1年、ヨーガの智慧をどのように用いたのか。
そして次の1年、どのようにヨーガの智慧を用いていくのか。
もう一つの祈りはなんだったのか思い出せないのだが、自分の好きなことを祈るのではなく、ヨーガについて祈る。

最後はもう一度、師の前に進み出て木の実や甘菓子を頂戴する。
火の消えた炉を外に運び出し(移動式である。真言宗と比べると超簡易版。)、
軽食(果物とパン)、チャイを頂戴しながら、一人ひとりが順に一言ずつ思いを言葉にし、それぞれが師から一言頂き、散会となる。

明日の儀式はオンラインのため、糸を巻いてもらったり木の実をもらったりすることはできないが、それでもこの儀式を前に身を清めるため、今日の午後から断食をしている。

可笑しな話に聞こえるかもしれないが、私はかつて、ヨーガの神様(誰なんだろう?ブラフマン?)に「自らをヨーガに捧げると誓え」と言われた気がした。妄想かもしれない。しかしそれ以来、常にそのことを意識し、畏れつつ今に至る。

この業界に対して思うことは多々あるが、それはヨーガのごくわずかな側面のこと。
ひとりひとりが別々にわかれて存在しているように見えながら、実のところみなすべてがひとつであるという智慧に啓かせてくれる、大きな意味合いでのヨーガというものに、私はひれ伏している。

そして私を救ってくれたように、またどこかの誰かがヨーガによって救われるその連なりを、決して断たずに今生を生きたい。