蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№819 過去をずっと

マスターまりこから伺った名言に関して、さっそくお問合せをくださった読者がおられました。

 

あ(阿)!といったら即座にうーん(吽)と返ってくるような反応に、こりすのハートはぶるぶるふるえちゃいましたね。

 

なのでいくつか頂いた名言のうちの一つを、今日ご披露します。

 

ズバリ、「過去はずっと持っていたら腐る」。

 

実をいうと、これはマスターがある方(その世界での超有名人)から伺った名言だそうなので、正確にいうとマスターが衝撃を受けた名言です。

 


このお言葉、ほんとうにショックでした。

なぜかというと、Yogaの世界で、今の自分がなぜこうなのかを理解するために過去の自分の振る舞いを検証するべし、と教わってきたからです。言わば、過去を「素材」として活用するわけです。

 

しかしこの素材=過去の記憶を、今、思い出せるということは、自分にとっては今現在のリアルタイムな事象です。ということは、ずっと後生大事に持っていた腐った記憶ということになります。

 

 

聖典の教えを学んだら、その教えに即して過去の自分がいかにバカだった(無智だった)かを詳細に振り返り、客観的に検証します。言語化してレポートにし、複数の師に読んでもらいます。慣れない頃はこれが猛烈に恥ずかしかったものですが、人間なんにでも慣れるものです。3年間の課程受講中、お昼にみんな一緒にカレーを食べながら、自分のバカさ加減を披露しあいました。

 


こういうことをやっていると都合のいいことに、だんだん自分がバカであることが人間がこの世に存在することの所与の条件のようにも思えてきて、「しょうがねえなあ、ははは」という脱力感に満ちた笑いが出ます。

 

過去の自分もそんなもんなのですから、今の自分だって知れたもんです。
それなのに人は、いや私は、大いに勘違いをし、なんだかイケてるような気になってブイブイ言わせたくなります。

 


絶対者のお仕事は緻密にして完璧ですから、こういう調子に乗った自分に対して愛の鉄槌をしっかりくらわしてくれます。くらわすって九州弁ですね。要するに、教え導いてくれるということです。絶対者の仕事に対して、人は決してNOが言えません。

 

ずっと持っていたら腐るという過去ですが、振り返ると人生そんなことの繰り返しばっかりで全然成長してなかった、ということをはっきり教えてくれます。その点はすごくシンプルで、いいじゃないの!と感じます。

 

どんなものも使いようですので、腐らない類の使い方をしさえすればいいのだと思いますが、もうちょっと先に進んで超シンプルな解決策を求めるとすれば、

 

もう、考えるのやめとき

 

ということかもしれません。雑念を捨て、今この瞬間に集中せよ!

 

しかし、うんと長いことYogaの世界にご縁を頂いていながら、このことがやり抜けない領域に順次直面させられ、その都度翻弄されます。言い訳ですけどね…

 

 

心弱い者は、刺激を受ける領域から走って逃げてよし、少し離れたところで心の平安を図るべしと、Yogaは優しく言ってくれます。ほんとうはそこからまた打って出て、傷つき逃げ帰り、泣きながら平安を求め、涙が止まったら畏れつつ打って出てまた泣く、ということの繰り返しが、人が生きるということなのかもしれません。

 

そういう勇気が持てるといいと思います。人に助けを求めるしかない時もあります。自分ひとりで悩まないことは大事ですが、ひとりでじっと悩み苦しむことも大事な経験なのでしょう。

 

 

苦しみに晒されたとき、智慧しか救ってくれないということは知っているつもりです。自分という卑小な者の、人としての器を少しでも大きくすることこそが救いだということも知ってはいます。この器がほんの少し大きくなるとき、耐え難いほど痛むということもわかります。

 

私は世界と一体でありながら、同時に孤独です。

 

ひとりここに立って、圧倒的な孤独の裡に涙しながら、こんな自分がいったい誰の役に立てるのだろうかと悩みます。卑小な自我のなかに繰り返し想起する腐った記憶を超え、自らを人のために明け渡せる日は、いつかくるのでしょうか。

 

 

 

 

 

№818 食べない時間

断食のはなしです。
が、その前にいつもの無駄話ね。

 

今日ね、レイキマスターにレイキさせてもらいました。

ちょっとトラブルがあって首が痛むとのことでしたので、駆けつけて?施術?させて頂いたのです。いやー、マスターにレイキさせてもらえるなんて実に光栄でした。

 

少しはお役に立てたのか、痛みが軽減したとのことでしたので、快気祝いに一杯やりに行きました。もちろん一杯ではすみませんでしたが。

 

そこでいくつかの名言を頂戴しまして、本日はそのことについて書こうと思ったのですが、同席していた若いお嬢さんから「断食ネタにしておきなさい」と言われてしまいましたので、名言についてはまたいずれ別の機会にご披露させて頂きたいと思います。消化不良な話で実にすみません。気になってしょうがない人は直接お問合せください。

 


そう、断食。

あなたの肉体を健やかに保つために必要な食事の着意点を、最低限あげてみてくれ!と頼まれたら、私ならこう言います。

 

1、喫食時間をコントロールせよ
2、間食はやめておくべし
3、良質な油脂に投資せよ


断食24時間の話を前回書いたので、「無理〜」というエネルギーをビシバシ感じるのですが、いきなりそんなことはしなくていいのです。というか多分できません、ホルモン調整的に。

 

「1、喫食時間のコントロール」ができるようになれば、時々24時間食べずにいることも、いずれなんとなくできる日がやってきます。なぜならばこの1の着意点を守っていれば、いずれ必ずインスリン値が安定するからです。

 

お腹がすいたりなんだりというのは、意志の問題ではありません。こういう命に直結していることは、からだの中の精巧なメカニズムによって厳密に調整されています。我慢してなんとかなるレベルの話ではないのです。

 

なのでまず健康な食事習慣を確立するために、体重や脂肪蓄積に関わる働きを整える必要があります。

 

 

ではどうしたら?

 

1日24時間のうち、18時間の絶食時間を設けます。こういう方法を「間欠的断食」といいます。断食にも色々やりようはあるわけですが、三日に一回24時間断食するよりも導入しやすい現実的選択だと思っています。

 

具体的には、18時間の絶食時間の中に睡眠時間を含むと実践がより容易になるので、昼食の「頂きます」から夕食の「ご馳走様でした」までを6時間以内に制限します。

 

例えばちょい遅めのランチを14時に食べ始めて、晩御飯は20時までに終えるわけです。その代わり、この時間内ならなんでも自由に食べていいことにします。アルコールも可。

 

成人の減量には、最低でも12時間の絶食時間が必要と言われています。

ここから更に、インスリン値を正常化させ、内臓脂肪を減らし、糖尿病などの生活習慣病のリスクを回避し、血管内壁にこびりついた未消化物を取り去るためには、18時間くらい食事を摂らずとも長期的な健康効果の面で大きなメリットを得られますから、それは食事の喜びよりも大きいはずです。

 

しかもタダ。むしろ食費が減ります。って、そんなことはあまり気にならないかな?

 

断食はYogaと同じく、歴史的に検証されてきた安全な健康法です。もちろんやり方によっては、という注意点はありますが、ノウハウもかなり蓄積されています。

 

何より頭がスッキリします。
本当は断食って、YogaやPranayama(調気法)と同じで、肉体のための実践じゃありません。ぜひ試してみて欲しいと思います。

 

ちなみに私は、道場に行ったり酵素ジュースを買ったりする必要はないという意見です。むしろそんなことはしない方がベストであるという立ち位置。

 

基本的には、人間には自分で自分の命を守る規制がちゃんと備わっていますので、危険なレベルまで自ら食を断つなんてほとんどの人はできないし、むしろ我慢できなくて苦しむくらいなのですから。

 

ただし当然ながら、現在治療中の病気がある方は、断食の効果についてよく学んでいる心ある医師と相談の上、安全に留意して行ってください。

 

ちなみに日本には「東北大学方式断食療法」というものもあります。人が悟り(もしくはそれに類する気づき)を得るのは、断食中ではなく復食期間中である、というお話をかつて伺ったことがありますが、実に印象的でした。お釈迦さまもそうだったもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

№817 ご飯食べてないです

ここのところ呼吸について散々書いてきたので、次は食について書いてみようかなと思います。

 

ダイエットに悩んでいる人はとても多いように見えるのですが、その対策は混乱していてほとんどの情報には効果がないか、活用法が曖昧。ズバッ!と教えてほしいよね。

 

 

昨日、健診に行ったんですよ。フツーの健診。

美容院等々に出かけた後「あ、そうだ、健診行こっかな」と思い立って行きました。15時前だった。

 

受付で「健診してください」と告げると、受付嬢(年齢高め)が「え?!」という顔をした。

「食事してたらできないんですけど」というから、「はい、してません」と応えました。だって食べてないから。するとまた「え?!」という顔をされます。朝食?昼食?と訊いてくるので「どっちも食べてないです」と応えたら、また「え?!」っていう顔。

 

いったいなんやねん〜

と思いながら椅子にかけて待っていたら、今度は看護婦さんが現れて「夕食は何時に食べたの?」と訊く。前夜は夜のレッスン後に軽くつまみながらビールを飲んだので、ご馳走様をしたのが22時頃だったような。その旨告げると「そうなんだ」と言って去っていきました。

 

その後、処置室に入って体重を測ったのだけれど、やっぱり「ねえ、おなかすかないの?」と、どこまでも食事ネタで追求されます。「すきませんね」と応えたけど、「ウッソまじで?!」という反応。メタボチェックのためにハラを出して見せたら、いいな〜って言われたんだけど、それを聴いて思った。

 

だめよ、あなた。飽食の現代に生きる人が、1日3食とか食べとったら。マジで。

 

 

腐ってもYoga&Ayurvedaを学んできて、これが飯のネタになっている私。ファスティングなんてソフトで耳あたりのいい表現は使わない。はっきり断食と言おうではありませんか。

 

痩せたい、血糖値下げたい、体重減らして健康度を上げたいと思っているのであれば、1日の喫食時間を短くしましょう。惰性や習慣で食事を摂るのはやめましょう。食事の間におやつを食べるのは断固としてやめて、食後のデザートだけにしましょう。

 

そんなん無理〜!と思ったあなた。あなたはもしかして既にインスリン抵抗性があるのかもしれません。これは糖尿病予備軍といわれる状態です。糖尿病を舐めてかかってはいけません!

 

西洋医学的偏見とは違い、糖尿病は治らない病気でも治せない病気でもありません。重大な合併症が出ていなければ、いつからでも引き返せます。なるべく早めにUターンして欲しい。

 

24時間の断食がとりあえずなんとかできるのであれば、インスリンの異常はないらしいです。まずはそこを目指して頂きたい。

 

ちなみに私は3〜14日の断食を試して多幸感を味わってみたかったのですが、BMI的に1.5日が限界みたいです。皮下脂肪を減らしすぎると病気に対する抵抗力が下がってしまうので、減らすのは内臓脂肪だけじゃないといけない。


超!健康アスリートだと思っていた愛する弟分が体調を崩しているんだけど、きっとこれはカラダをしぼり過ぎちゃっていたからなんだと思う。とっても心配です。

 

 

明日は、断食の手前に位置する絶食=喫食時間の管理について、もう少し詳しく書くね。

 

 

 

 

 

 

 

№816 万事順調

完全休養日をとったため、仕込みが間に合わずサボりました。ごめんね! 

 

毎日暑いねえ。

我が家の猫たちは液体になりかかって、部屋の中の極力涼しいのであろうところに横たわっています。「そうかそこは涼しいのか!」と思って寄っていって一緒に横になると、実に不満そうな顔をして別の場所に移動していくのはなんなんだろうね?!テレ隠しかな?

 


さて、Yogaの戒律(おすすめ事項)のなかには「聖典読誦」っていうのがあって、こう書かれると何やら小難しい感じだけど、単に自分を力づけて真理に近づけてくれる本を読むと助けになるよ、ということです。

 

なので私の枕元にはいつも、数冊の本が積んであります。

時々新しい本が混じることもあるけれど、スタンダードなのは「奇跡のコース」。これは複数の日本語訳と原著で読んでいます。

 

「ヨーガ・バシシュタ」やギーターなど、THE!ヨーガの聖典ももちろん。他にはマイスターエックハルトの本など。

 

 

生きていると外界からいろんな刺激がやってきて、私を圧倒して傷つけるような気がしてしまいます。でもそれは完全に妄想で、すべては自分の中で起こっていて、自分の内的世界を外の世界に投影して見てるのだそうです。

 

それはあたかもテレビみたいなものなんだと思います。そこに映し出される映像やチャンネルの大元も、実は自分。なので私はすべての物事のありように責任があると同時に、あらゆるものを良くしていくことができるパワーを預かってきているらしい。

 

これが根本の思想、真理です。
という節を、私は完全に採用して生きています。

 

はずなんだけど!

時々迷子になって、起きた物事に文句をいって泣いたり喚いたりしてる。こういう状態は気が狂ってるともいえるし、本来の自分を見失っているともいえます。

 

聖典とそれに類する文章に触れ続けることは、気を失う率を減らすことや、狂った状態からリカバーするのを少し早めて助けてくれている気がするのです。

 


レイキマスターが帰国されているので、時折話をさせてもらうことができます。順調に頭がおかしくなってドツボにハマっている時に、マスターと再会して泣きつくのだけれど「うん、すべて順調だね!」と言われてしまいました。

 

えー、こんなにしんどいのに順調ですか?!と驚くのだけれど、万事想定通りで順調なんだそうです。魂的にはね。

 

だから今なんだか色々上手くいかないな、しんどいなと思っている人も、大いなるものは私を通じて豊かな体験を求めているのであって、この役割は他の誰にも変わってあげることはできないんだから、しょうがないもうちょっと頑張ってみるか、と思ってもらえたらいいな。

 

でもひとりで「うん、大丈夫だ!」と思い続けることはあまりに悲壮でできないことになっているので、助けを求めることです。この時「誰に?どんなふうに?」とかあんまり考えないで、手当たり次第「助けて〜」って言ったらいいです。ちゃんとその役目を持ってる人にサインは届いて、キャッチアップしてくれます。

 

私でよかったらいつでも聴きます。Yoga教室ってそういうところです。
そこで役に立てるために、私も毎日自分の生を必死に生きます。


みんなで頑張ろう!レッツエンジョイ!

 

 

 

 

№815 パスに愛を込める

 

南の島のJK戦士から、新たなニュースが届きました。

 

フィジーという国はラグビーがとても強い。日本チームの前キャプテンのお母さんは、フィジー出身の人だよね? フィジーにおけるラグビーというのはとっても大事な位置付けで、学校の部活動でラグビーをできるのもとっても名誉なことらしい。

 

で、そのチームに声をかけてもらったんだって。

自分にやれるかなーと思って悩んでいたらしいけど、チャレンジすることに決めたそうです。そして少しずつ練習に励んでいる様子なのですが、筋力の方向性も剣士時代とは異なるようで、もっと筋力つけようや、というアドバイスをもらったそうです。

 

パスに、パワーと愛を込めるために。

愛。

愛がないと、わかっちゃうらしいよ。愛を込めるためには筋力つけないといけないらしい。なんだかとってもいい話だなと思った。

 


今日は余談ね。あ、このブログはいつも余談か。

 

人がよりよく生きるための取り組みは、感謝か反省しかないんだって。


とあるサイキックな先生が言っておられたことなんだけど、シンプルでとってもいいよね。心からのありがとうがたくさん言えること、心でどんなに思っていても上手にできなくて、それでもごめんねと言えれば救われるということ。どちらも、とってもいい教えだと思う。

 

「よかれかし」と祈ってその人のことを想う。
心配はしない。心配っていうのはネガティブなことが起こりうると考えていることの裏返しだから、そういうのはNG。

 

完全な存在であることを信じていること。たくさん嬉しいことがあって、よろこびと共にその人が生きていることを決して疑わないこと。

 

だって私たちは歓喜そのものだものね。自分の心臓の中にはアートマン(真我)が住まいしている。一度たりともBrahmanから離れたことがない。

 

夢を見ているんだよ。

激しい夢でも穏やかな夢でもどちらでもいい。お好みのままだと思う、ほんとは。

 

だから心配しない。その人の問題を見ない。すべての人は健やかでハッピーな、完全な存在である、あってほしいと強く願う。あなたは完全な存在だと強烈に信じていることで、ものいわずともそれが伝わって、誰かが今感じている苦痛を克服する力になれたらいい。

 

先生と呼ばれる人の仕事はただひとつ、それに尽きると思う。

 

 

 

 

 

№814 昼間なのに寝てる

この前リアルのクラスで、生徒さんが泣いた。

ときどきこういうことがある。みんなギリギリいっぱいで頑張っているんだよ。

 


人が食べることが好きだったり、甘いものが食べたくなるのは、そうすると一瞬でもココロとカラダが緩むのを本能的に知っているから。

 

でもうっかり不適切なタイミングでものを食べちゃったりすることが続くと、長期的にはハッピーになれない。今、DM=糖尿病の患者さんがどんどん増えているんだけど、この病気はそもそもネーミングがおかしいよね。重大な代謝異常を引き起こす病気なのに、なんだか長閑な名前をつけているせいで危機感が薄れてるような気がします。

 

人間が生きていく上で、酸素をいっぱい使って糖質でエネルギーを生み出すサイクルは、ものすごく非効率だということを私たちは教えられていない。

 

現代社会の人間はみんなが過呼吸で、そのせいでますます糖質を欲する身体になってる。

ホントのところカギはCO2にある。排出したらダメって言われてるアレ。よく考えると人間もCO2出してるじゃん。じゃあいっぱいいる過呼吸気味の人間を減らしたら、世界はどうなるのかなあ。

 


Yogaを(うまく)やるとまったりして気持ち良くなる。気が遠くなって、「はっ!今、先生なんて言った?!」という体験をしたことはみんなあると思います。

 

呼吸を上手に使っていくと、呼吸数が減る。呼吸数が減ると、体内の二酸化炭素濃度が上がる=過呼吸じゃなくなる。

 

過呼吸で苦しくなっている人を見たことありますか? 

たい焼き入れるような茶色い紙袋を口にあてがってハアハア息をさせると、だんだん落ち着いてくるでしょ? あれと同じことをYogaはやってる。

 

酸素濃度っていうのは、酸素が超薄い高地か重病人以外、ほとんど変わらないんだそうです。だって減ったら死んじゃうから。生命にとって絶対大事なものはなんとしてでもギリギリまで守り抜いてくれるのが、私たちの体だから。

 

常時一定の酸素濃度を保っているのに、過呼吸気味でさらに吸おうとするから、二酸化炭素濃度が下がってしまって、それで息を充分に吸いきれない息苦しさが生まれてくるらしいです。

 


過呼吸状態でリラックスできる人はいない。苦しいから。
現代の人たちの多くは、完全にリラックスできることがないという病を抱えてる。

昼間なのにうとうとしてなんとか働いて、夜なのに深く眠れず半ば覚醒しているという、グレーゾーンでなんとかやってる。

 

この時全身の臓器は仮死状態。半分死んでる感じ。
血流が減って、脳と臓器の対話が電波状態の悪い電話みたいに切れ切れになるから、調和して働くことができない。そこにアンバランスが生まれる。ちゃんと助けてあげられない時、内臓も悔しい思いをしてるんじゃないのかな。

人間はかなり頑丈にできているから、しばらくの間はこれでもやれる。でも命をギリギリで保てるのと、健康になったり病気や症状を改善したりすることはまるで次元が違うんだよ。

 

あなたに必要なのはリラックス。
ほんとうに休めたと感じられたとき、あなたの目にもきっと涙がにじむ。
だいじょうぶだから、泣いていいんだよ。

 

また明日会おうね。

 

 

 

 

№813  ハラミネタ 続き

 

自分がちゃんと呼吸してるのか、そもそもしっかり呼吸できてるのか考えることなんて、正直あんまりないと思います。

 

昨日初めて会ったおじさまは、ここ5年くらいYoga実習をやってるんだと言っておられましたが、呼吸がこんなに難しいなんて考えてみたこともなかったと仰ってました。

 

5年もやってんのになんでやろ?と思ったことは置いといて(パワーヨガだと言ってたから、呼吸に対する助言がちょっと違うのかもしれないね)、まあ普通、呼吸は勝手に万事よろしくやってくれる感じはするよね。

 

でも私たちは、そこをあえて一歩踏み込み「アンチ無意識呼吸派」として呼吸のすごいパワーを最大限活用して行きたいと思うわけです。

 

で、ハラミですよ。

 

息を吸ったとき、お腹を大きく膨らませることができますか?
吐いたとき、ぺこーっと凹ませることができますか?

 

これができると、内臓は内側からマッサージされて、血流がとても良くなるのです。まさかハラのなかに手をつっこんでマッサージするわけにはいきませんが、これができる機能を私もあなたも内蔵してます、ってダジャレじゃないからね!

 

そう、これがハラミ。

 

横隔膜とはその名の通り、胴体を輪切りにして上と下を隔てるようについている傘状の筋肉。板みたいに分厚いらしいよ、見たことはないけど。

 


みんな、筋肉のパワーを軽視してるよね。

筋トレとかはやってる人もいるけど、何もしていないのに、いやむしろなにもしてなからこそ、フテくされた筋肉が破壊的なパワーを発揮してどれくらい骨格を捻じ曲げているか知らないよね? これマジで骨とか折れるレベルですよ?!

 

筋力は、ちゃんとつけていると悪霊も祓えるらしいよ!これは昨日教えてもらったGood Newsね。レイキマスターに「自分で払えるはずだよ」って言われて、私にも霊力あるの!?ってウキウキしてたけど、筋力のせいかな。ちょっとがっかり。

 

とかいうことはどうでもよくて!

 

あなたがあなたのハラミをしっかり使えれば、胴体内の血流も良くなるし、肺もしっかり底から使えて全身にフレッシュな血液を循環させることができます。肺活量も上がって寿命も伸びるし、自律神経系も調和します。呼吸が健全になると起こるいいことは、ありすぎて書ききれないから端折ります。

 

健全なハラミ活用と心身の健康のために、ぜひともYogaをご利用ください。
最後は宣伝でした。

ではまた!