蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№754 いじめないで鍛えて

9月25日
聖地田端に来た。
朝、田端駅を出て聖地のあるビルに向かっているとめちゃかっこいい細マッチョなお兄さんが前から歩いてくる。顔は見ていない。Tシャツがピタッと張り付いたそのボディが実にムリのない感じ、即ち「どこも痛くなさそうだし、トレーニング等々で痛めつけてなさそう」だったのでハッとさせられた。

からだのためにムリなことをしている人が実に多い。体イジメとも言えるような。

肉体は魂をおさめる宮殿なので、メンテナンスやケアは絶対に必要なもの。
でも、尊い預かりものであるという認識を持ってそれをやり抜いている人は少ないと感じる。このお兄さんの体は「痛めつけてそうなった」感じがまったくなかった。そこが素晴らしいと思ったのだ。

スーッと寄っていって、「おにいさん、ええからだしとりますねえ」といいながらハラ回りをさすさすと撫でたい衝動に駆られたが、私はご存知の通り森のこりす的小心者なので、恥ずかしそうに視線を斜め下に落としておにいさんの横を通り過ぎた。これからもお体を大事にしてください、そうすることを通じて自らの自己存在を祝福してください、と思いながら。

そしたらよ、次に前からやってきた普通の体型のお兄さんが着ている黒いTシャツに「十代美少女」と白抜き筆ペン風文字でデカデカと書いてあって、どちらかというとかっこいい細マッチョよりそっちに度肝を抜かれてしまい、その方のお顔をマジマジと見つめてしまいました。

いったいぜんたいこのようなTシャツは、どこに売っているものでありましょうか?なぜこれをチョイスなさったものでありましょうか?って、そりゃ十代の美少女がお好きだからよね、きっと。


さて、田端では美女二人へのセッションとミーティングを行い、夜は渋谷へ。イケメンシロクマのお兄さん(ぬいぐるみだけど)がいる例の店で、コーヒーのような色をしたコーヒーではない飲み物を飲んだ。

帰り道で梅干しのおにぎりが食べたくなったが、大人の心でグッと堪えてさっさと寝た。
昨日は色々思うところの多い会だった。今日もこのあと田端でミーティングだが、仲間に聞いてもらって考えをまとめないといけない。

 

№753 全然違わない

9月23日

これまでずっと聖地田端で、”あること”の準備をしてきた。

その”あること”の準備の一環として、インスタデビューした。
このブログとまったく同じようにふらふらしている日常を写真で報告中。
はっきり言って誰にとってもなんの役にも立ちませんが、ツボイのふらふらライフを写真で垣間見たい方は、お気軽にフォローなりなんなりしてやってください。

https://www.instagram.com/yogalotus.kayokotsuboi/?hl=ja


そう、インスタ。
個人のものはふらふらでいいんだけどさ、”あること”のためにこのツールの感覚をつかまないといけないと思ってリーダーんちのインスタもお手伝いさせてもらってるんですよ。もちろん一人でやってるんじゃないけどね。でもこちらは写真のクオリティがすごいよ。

https://www.instagram.com/oasismedical1/?hl=ja


お手伝いさせてもらうのにあまりにも無知なのはいかん!と思って(私という人間はどこまでも無智だけど、それでも)、先週Online説明会なるものに出たわけよ。リーダーが作っちゃったSDCっていうセルフ透析の施設の説明会。

ZOOMだから参加者の方のお顔も拝見できたのだけれども、説明会に参加している患者さんと、SDCをリアルにご利用している患者さんの様子の差があまりにも歴然で驚いた。ほんとに。

透析患者さんは腎機能がうまく働かなくなっている。なのでそのままだと尿毒素が蓄積していく。「3つのマラ=3つの排泄経路=便・尿・汗」の一つが働かない状態なので、他の方法で毒素を体外に排泄しないといけない。これが透析。

浄化やデトックスということを私たちはよく考えるけれど、患者さんはそれを透析医療でもやっておられる。ある意味、濾過機能という点だけを見れば人間の腎臓の働きよりも高性能な面があるってリーダーに教えてもらった。

だって人間の体は、様々な環境要因で日々性能が激しく上下している。
環境って外的なものだと勘違いしている人がいるけれど、健康にも人生にも、生そのものにも一番影響を与えているのは私たちの内的環境=要するに”ぼんやり考えているなにか”。

透析の機械がその日その部屋にいる人の意識やエネルギーに激しく影響を受けていなかったら(まったくないとは言い切れないはずだが)、テンション超!低めな、いわゆる健常者と呼ばれる誰かの腎臓よりもずっといい仕事をしてくれるはずだ。


Yogaでより高い健康(肉体のアンチエイジングデトックスを含む)を達成しようという望みのもとにある私たちと、SDC で主体的・積極的なセルフケアに取り組む患者さんに似たものを感じ、ものすごくシンパシーを覚えた。

私も毎日ふらふらしていて至極健康そうな上、万事OKなように見えるのかもしれないが、生きているというのは誰にとっても修行のようなものなので、Yogaと周りにいてくれる心優しい人たちに助けられてなんとか生きてる。

Yogaか透析か、人間の眼で見れば全然違うし「なにバカなこと言ってんの?!」って叱られちゃうかもしれないけど、絶対者の大きな視点から見ると何かに支えられて生きていることにまったく差はないと思えるよ。

患者さんの姿に勇気をもらった私も、患者さんにとっての何か尊いもののために働ければいいなと思う。

 

 

 

№752 留学準備

9月23日
昨日はおやすみの日だったんやね。

明日はJK剣士の懇談がある。
JK剣士の学校は2学期制なので、この懇談が終わったら数日の秋休み。この度からとうとう米子H斗も懇談をOnlineでやってくれることになった!すごい進化だ。なのでハハは今日、五反田からカントクMセンセイ=2組担任と向かい合わねばならない。ちょっとドキドキ。

数年前から「明日でいいことは明日やる」という姿勢で生きてきたふらふらな私であるが、最近めっちゃ調子いい。朝なんて6時に目が覚めちゃったりする。
ちなみに私は目覚まし時計やアラームという無粋なものが大嫌いである。なので常にハラ時計に従って生きているが(たぶん某国営企業で1日中ラッパの音で支配されていた反動だろう)、最近パッと目が覚めちゃうんだよ。

しかも起きてすぐに仕事しちゃったりできる(注・Yoga指導ではない)。いったいぜんたい私どうしちゃったの?という感じ。いやー、なんだか人並みで嬉しいなあ。

それで昨日なんて朝からすごく余裕があったので、鼻歌まじりに「JK剣士・南の島留学のための書類」というメールを開いて見た。

ううっ……

めんどい。
めっちゃめんどい。なんじゃこれは。

急に気が遠くなった。目が霞んで字が読めなくなった。あたまがヘンになって読んでる文章のイミがわからなくなった。ので、まずは最上階の大浴場に体を沈め、その後五反田駅の明るいカフェに移動して、人様の視線がある場所で必死に書類を読み進めてた。

まず学生長期ビザ申請、パスポートの延長手続き、キャッシュパスポートなるものの作成。とりあえず、まずはそこまでを頑張るぞ。ハハだけ頑張ることは絶対にしないぞ。母に似てのんびり者のJK剣士のお尻を叩いて、できることは自分でさせるぞ。

そしてなんとハハのパスポートは期限が切れてた…。ウクライナフィンランドに行ったきりどこにも行ってないなんて、すごくもったいない。絶対にあって欲しくないけど「もしもの時はすぐに保護者様にご渡航いただけるよう」に準備万端整えておかねばよ。

もしものためじゃなくて、JK剣士を理由に南の島に行っちゃおう!と企んでいる大人たちが数名いる。来年は状況がどんなふうになってるんだろうね。南の島でビキニで泳げるのか?!

 

 

 

№751 集中力全投入

9月22日

さて五反田にいます。今回もいつもの宿。
最近はずいぶん慣れてきて、お気に入りの部屋の向きなどもわかってきた。
この度は予約時に注文をつけたところ、前回と同じ部屋を準備してくれた。大崎駅方面を向いていて、眼下にJRの線路が見える。

滞在が長いし日中部屋で過ごすことが多いので、北向きの部屋は気分が沈む。一度なんて窓の下にに大きな室外機があって猛烈にションボリした。そのとき決めたのだ。部屋に注文をつけようと。ガマンはしていいものとせんでいいものがある。1泊2泊なら飲んだくれているうちに滞在が終わってしまうかもしれないが、コロナ禍で都会に避難している田舎者は事情が違う。なのでよかったよ、うん。

 

 

さて昨日はJK剣士推薦動画(剣道編)について書いたが、今日はJK剣士推薦ドキュメンタリーについて書いてみようかな。いつもかつもフラフラして家にいないことが多いハハが珍しく家にいると「一緒になんか見る?」と誘ってくれる心優しいJK剣士。この度は、ドイツで薬物のネット販売をして20代早々に捕まってしまったイケメンの物語。

ズバリこの人はオタクだった。
ところでオタクの人は「オタク」という名称を蔑みの言葉のように思っているのであろうか?私の愛するオタクは、私が彼を「オタク」と呼ぶと「ワケもなくディスられる」と言う。What?! ちょっと待ってよ、オタク!何か誤解してる。

私が会うことを許された「生きたオタク」はこの愛するオタクだけ。なのでこの場合の”オタク”と言うワードは限りなく固有名詞に近い。そして私にとってオタクとは茶人と並列である。

用法例:あの方はお茶人らしいね⇨へー、すごいじゃん!
    あの人はオタクらしいね!⇨へー、すごいじゃん!

と、かくのごとくどちらも称賛の対象である。同時にどちらも、たぶん怖いくらい細部にこだわる人である。そのことをこんこんと愛するオタクに言って聴かせ「オタク=リスペクトの言葉」である旨を解説したらわかってもらえたようだ。よかったよかった。

と言うことで、オタクは驚くべき集中力を「いったいなぜそこに?」と思えるところに全投入できちゃう類いまれな人材である。ここまでのオタク解説ちょっと長かったね。

麻薬をネット販売しちゃった人も、要するに最初はただのオタクだったと思う。
麻薬を自分でやったこともなく見たことすら(!)ないのに、誰とも会わずに販売ルートを構築してしまった。そこに至るまでの作業そのものが猛烈に面白かったんだろうなって、ドキュメンタリーを見ていて強く感じた。

ネットで買えたらいいのになあ、と思ってる人がいたのであろうことは容易に想像できる。そこに「ネットで買えちゃうよ!」という環境を作り上げちゃったのである。いやはやまいった。

誰にも会わず、当然誰にも手伝ってもらわず薬物ネット販売を行いながら、学校を卒業した後は超マジメかつ有能なウェイターとしてイタリアンレストランでも働いていた彼。最後はあまりの注文の多さに辟易し、手が回らなくなって寝る暇もなかった(のにちゃんと毎日仕事には行ってる)。警察に踏み込まれたとき「あー、これでようやく休める」と思ってホッとしたそうである。子供部屋から押収された薬物の在庫は1トンにもなった。

初めは単に面白かったんだと思うが、釈放された後の彼はもうそんな純粋な子供じゃないと見た。DARCでの指導をさせてもらったり、再犯防止についても考えるヨーガ療法士として、思うところの多い映画だったよ。皆さんもお暇があればぜひ。今ならNetfrixで見れるみたいです。


「Shiny_Flakes: こうして僕は麻薬王になった」

 

 

No.750 一緒に涙を

9月21日

昨日は京王線に乗って千歳烏山へ。しげにいちゃんに会ってきた。

現し身を離れた=遷化・入滅といってもいいはずのしげにいちゃんは、絶対者ブラフマンと共にいつも私たちと一緒にいてくれる。でももう一緒にご飯を食べに行ってはくれない。人間のからだという軛を離れた存在だから。

なので写真に向かって香華を手向け掌を合わせるとき、どうしても、「なんで行っちゃったんだよう!」と思う。今日もそのようにテレパシーを送ってきた。


さてさて、今回の上京前日、JK剣士が「一緒に見て欲しい動画があるにー(*米子弁です)」と話しかけてきた。こういうときはタイミングを逃さず「うんうん」と応え、サクッと仕事に段取りをつけねばならない。そして一緒に、ハハのものよりグレードが高いJK剣士専用PCを覗き込んだ。

今年、ちゃんとインハイあったんだよ。石川で。
そこで福岡代表の中村女子学園が、なんと!5連覇という偉業を達成した。4連覇を超えるって、ほんっとに大変なんだよ!
JK剣士推薦動画は、その中村女子学園が2021のインハイ出場を勝ち取るまでの物語。

大将=部長のMさんは、インハイに繋がる大会前に左手首を怪我してしまった。それでも大将としての役割を果たし続けようと必死に挑み、あるときは堂々と勝利を納め、あるときは闘うことを許されず、苦しいなかでも叶えたい夢を見つめて一歩一歩進む。

「去年闘えずに去った先輩たちの無念を晴らしたい」ということも、彼女の大きなモチベーションのひとつ。その先輩たちからの激励がOnlineで行われた様子も紹介されていて、そのなかにRさんがいた。

JK剣士が初めてゼンチュウ(全国中学校剣道大会)に出場した時、遥々佐賀まで応援に行った。しげにいちゃんと奥さんもわざわざ足を運んでくれた。

大会の花は団体戦で、JK=当時JC剣士も団体戦に出場しているので、ほとんどの人は個人戦を見ないで帰る。でも当時JCだった剣士に「もったいないよ、ここまで来たのに個人戦見ないなんて」と言われて、急遽滞在を伸ばし女子団体戦も観戦した。

その年、敢闘賞をもらったRさん。でも間違いなく彼女は優勝しか目指していなかった。
何が起こるか分からないのが全国の舞台。JK剣士曰く「怖いくらい強い」彼女にとっても勝負は終わるまでわからない。女子個人決勝戦を見て帰ろうとした時、階段の踊り場で保護者に縋って号泣する女子学生がいた。もしかしたらRさんだったかもしれない。

だからその動画でRさんが現れたとき、佐賀でのことやJK剣士とのこれまでを思い返して、胸が詰まった。この高校に進んだRさんは昨年インハイに出ることすらできなかった。インハイがなかったから。剣道をするために選んだ学校で、自分の剣道を披露したい最も大きな舞台が奪われる苦しさは、たくさんの人が味わった。

「そんなんしゃーないやんか、もっと大変な人おるんやから」
と言われればそれまでだが、彼女たちには彼女たちにしかわからない苦しさがあった。そのことを完全に理解することなんてできないが、それを感じとる感受性は持っていたい。

 

JK剣士は南の島にトンズラしようとしているが、剣道を棄てるわけじゃない。だからこんな動画を私に見せて、自分はもう見たはずなのに私と一緒に涙を流す。

この子達の剣道にかける思いのなんたるかも、誰かのほんとうの哀しさや悔しさも、他の誰かが十全に理解することはできない。でも、単に想像にしか過ぎなかったとしても、気持ちだけは寄り添っていたい。寄り添おうという意思を持っていたい。ただ話を聴くことしか出来ないのだとしても、、ただそっと抱きしめるしかないとしても、聴かせて欲しい。

後輩たちの5連覇を心の底から祝いながら、本当はその偉業を自分たちが達成したかったというRさんたちの無念の思いにも、心を寄せていたい。
悔しくて身も世もないほど泣けるくらい何かに打ち込めることを、美しいと思って生きたい。



 

 

 

No.749 いのちの風

9月21日

昨日、午前中の便で上京。
かつて1日に5便飛んでいたANA米子便も、今は朝夕2便しか飛んでいない。やれやれ。
そして一時期に比べれば搭乗客もとっても少ない。

昨日は朝7時半に家を出たので、それまでにあれこれ済ませておきたいこともあり4時半に起床した。前日も早く寝ればいいものを、Online Lesson後に事務仕事をしたり、うっかり読みかけの本を開いてしまったりで就寝が遅くなったため4時間半の睡眠時間。ふだんたっぷり寝ているのでこの短い睡眠時間は心身に堪える。

人間は熟睡時にしか出ない脳波があって、その時に治癒やアンチエイジングが起きる。
たっぷり寝るリズムでダラダラ生きている私にとって、たった4時間半の睡眠時間では熟睡の状態に至れていない気がする。間違いない。なので今日は若返りができなかったかもしれない。まずい。

Raja Yogaをしていると皆様だんだん年齢不詳になっていき、「加齢と老化は別のハナシ」「老化は病気なのよ」というAyurvedaの教えを体現なさっておられる。私ももちろんかくありたい。なのでこの睡眠不足をまずは機内で解消しようと決めた(本当は、私の年齢・健康状態では日中寝ないのがAyurvedaの教えである)。

 

うつらうつらしているとCAさんが声をかけてきて「鼻マスクやめろ」と仰る。
ちょっと待って。
冒頭にも書いたように搭乗客はめちゃ少ない。少なくとも横並び6席には私しかいない。真前にも真後ろにもいない。寝ていて呼吸が阻害されると、私の免疫力とか自律神経の働きにまで影響が出るはず。しかも私は寝ると決めていて、当然誰とも喋ったりしないし独り言も言わない(たぶん)。なので「息が苦しいから無理です」と答えて目を瞑った。

もしかしてもしかすると、こんなこと書くとものすごく叱られたりするのだろうか?

呼吸とはYogaにおいて生命の風と言われている。
(ちなみにAyurvedaは「生命の智慧」という意味)。

今、映画「エベレスト」に影響されてJ・クラカワーの「空へ」を読んでいるが、高度が上がり酸素が希薄になると人間の認知機能や身体の状態がどれくらい劣悪な状態になるかが繰り返し書かれている。それを読まなくても、自分の専門上、浅い呼吸がどれだけ悪い病態を引き起こすかは熟知しているつもりだ。

「睡眠中に呼吸が止まると、低酸素状態や自律神経の乱れを引き起こし、基礎代謝など身体細部の重要な機能を阻害します」
これは睡眠時無呼吸症候群についての解説。
止まるわけじゃないけど、阻害されても影響はあるよ。なぜなら呼吸は生命の風だから。
だから鼻マスクで仮眠していた私を叱らないでほしい。

 

 

 

 

No.748 助演JK剣士

9月20日
朝の便で上京のため4時半に起床。眠い。

先日、JK剣士は文化祭だった。今時はやりの「無観客」ってやつで親は見に行けない。
クラスで映画を作ったとのことで、文化祭前日(公開前)にこっそり見せてくれた。

剣道部員でハハも当然知ってるGくんを主演とする、完全内輪ネタ学園恋愛モノである。まあ文化祭なんだから内輪ネタで盛り上がらなければそれは絶対ダメよね。

 

映像の中には表現されていないが、主演のGくんは「インハイ剣道個人2位、数学検定1級、奇跡のイケメン、瞬間移動可能」のすごいやつなのである。話に聞くところによるとその「Gくん設定」だけでB5の用紙がいっぱいになったそうなので、他にもここには書ききれない才能が溢れんばかりに詰まっているらしい。そして学園モノときたらこれはもう転校生である。外せない設定だよね!

 

JK剣士もちゃんと出演していた。しかも2つの役で出演してなかなかの活躍ぶりである。
作品冒頭、美少女が不良(死語?)に絡まれたところに颯爽と現れるのが主演男優Gなのであるが、その「絡んでくるチンピラ的学生」の一人がJK剣士であった。木刀を手に「オラオラ~」と言っただけなのに、Gに木刀を奪われてメーン!でやられてしまうダメダメチンピラ。

木刀、と聞くと世間一般の皆様は「こわっ!」と暴力的なイメージを描かれるかもしれないが、我が家(そしてたぶん米子H斗剣道部員のおうちすべて)の玄関には、常に竹刀2本と木刀がフツーに置かれているので傘などと特別違わないノーマルアイテムである。これは余談だがJK剣士に毎晩「おふろだよ〜」と声をかけると、「はーい」と返事をしてまず外(駐車場)に出て行き素振りをしてからお風呂に入る。お風呂と素振りはセットなのだよ。

 

さて、映画の話。
チンピラを退治した後、教室で転校生としてみんなに紹介されるGを見つめる学生たちのなかに、なぜか頭部が馬の女子学生がいた。それもまたJK剣士であるとのことであったが、歩き方と体格を見れば頭部が馬だろうがゴリラだろうがはたまたカエルであろうが「あ、JK剣士!」とわかってしまう。

今、部活動では基礎体力錬成の期間中とのことで、ひたすら地味なエクササイズを繰り返しているJK剣士たち。あるとき大臀筋がひどい筋肉痛になり車に乗り降りするのもイヤだと言っていた時があったが、その時学校の階段で撮影したシーンにはあまりの筋肉痛のつらさで代役を立てたそうだ。役どころは馬女子だが、代役はスカートを履いた男子だったらしい。その部分をもっとしっかり見ておくべきであったと今更後悔しているハハである。


作品を視聴した先生が、「これでカンヌに行けるね」って言ってくれたらしい。愛だね。