蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

No.234

これは11月12日分として。

12日、朝5時頃、母が亡くなった。
出張に出ており、看取ることはできなかったが、父や姉に見守られて穏やかな最後だったという。
病で苦しんできたので、苦しまずに逝って本当に良かったと思う。

暫く前から覚悟していたことでもあり、先週末には娘と共に顔を見に行き、手を握って、できれば出張から帰るまで待っていて欲しいと念じていた。

不在の私に代わって、娘たちが駆けつけてくれた。
「おばあちゃんのお顔見てきたよ。とってもきれいだったよ」と長女が伝えてきてくれた。

こういう仕事をしていれば、親の死に目に遭えないことはあり得るとかねがね聞いていたが、残念ながらそうなってしまった。

心の葛藤の大きい母であった。
幼い頃の思い出など、ほとんど聞いたことがない。
きっと辛いことがたくさんあったのだろう。

その性格に苦しめられいると思って育ってきたが、今ふりかえるに、この上ない教育を授けてもらったことがわかる。

あの母なくば、私はこの道に入っていない。
今の師匠方にも出会っていないと思う。
子供たちの子育ても、今のようにはなっていなかっただろう。

今になってようやく言えることだが、母に感謝している。なにより、自分のこの粗雑体(肉体)を生み出し育ててくれたのは母なのだから。

親に対する葛藤を解消したときに、別れはやってくるのかと思った。
現し身を離れれば、時間や場所に縛られることもないだろう。母の個我は、まだこの辺りにいるような気がしてならない。

もし母が、次に生まれて来ることがあるならば、幸せなこども時代を送れたと思える生を、生きて欲しいと思う。

No.233

友人に、お酒を造っている方がいる。
http://www.kisukisyuzou.com/

その方と、神戸の大好きな鉄板焼き屋さんをお繋ぎして、初のイベントが本日実現した。

思わぬご縁で出会った方が、こうして友人と繋がるのは不思議でもあり嬉しくもある。

まこと人の生は図れぬもので、すべてをなにか大きなものに委ねるのが正解かな、と思わされる、そんな夜だった。

有り難し、という言葉の相応しい1日。

№232 今どこにおられるのかな

以前読んだ小説を再読中。
ある夫婦の話。
これは読みごたえのある小説です。おススメです。

今日は、お師匠さまのご主人様の一周忌にあたる。
ちょうど兵庫県伊丹市での定期演奏会に出演のため、山陰支部の方々が集って出かけていた時のことだった。

控室で着替えをしていると、先生の携帯がひっきりなしに鳴る。
先生はその時、楽屋で三絃の調弦をしておられた。

長閑に「先生、電話鳴ってますよ~」とお知らせに行ったものの、ご療養中のご主人様のこととは思いもしなかった。
容体が急変なさって、初めのお電話から間もなく、ご逝去の報が届いた。

先生、早くご出発なさって下さい、と申し上げる皆に対し、
「これまでの間十分に尽くして、もうなんの悔いもない。今日、ここに演奏を聴きに来たくて体を離れたのだろう。私は演奏して帰るよ」と(いうようなことを)仰った。
私はとても感動した。
ご主人様に、先生がどれほどお尽くしになっておられるかを、お傍で拝見させて頂いてきたからだ。

ご主人様をお亡くしになって悲しまれる間もなく、私共が準師範の試験を受験するためにお付き合いくださって、本当に有難く思っている。
ご主人様の魂は今、どこにおられるのかな。
芸に造詣の深い方でらした。
演奏に苦笑いされないように、精進しなくては…。
 

運命と復讐 (新潮クレスト・ブックス)

運命と復讐 (新潮クレスト・ブックス)

 

 

 

№231 浄化のすすめ

今日は、姉弟子の社中「夢弦の会」さまの応援演奏に出向いた。
鳥取県西伯郡南部町の天津地区というところ。
これは南部町のゆるキャラ、「なんぶカッキーズ」のフーちゃんとユーくん。
特産品の富有柿をモチーフにしているとか。

 

なんぶカッキーズ

 

集落の方々がたくさんお店を出しておられて、おでんやうどん、おにぎり、つきたてのお餅、みかん、名人が打ったという蕎麦まである。
土地の方々による、土地の方々のための収穫祭。

演奏の観客ももちろん、この土地の方。私たちは町外からやってきた応援なので知り合いもほとんどいない。他のお社中の先生もおられない。気分的に非常に気楽である。当地の社中の皆様は、お知り合いの方ばかりに見つめられて緊張なさるだろうが、取り組んでいる活動を見て知って頂くのはとても良いことだと思う。筝曲を嗜んでいる方は少ないので、尚更。

さて、最近「ガンドゥ―シャ」が巷でも流行ってきているらしい。
これはインド伝承医学・アーユルヴェーダの浄化法のひとつで、「オイル(ごま油)で行ううがい」のことだ。

ヨーガとアーユルヴェーダは車の両輪と言われる。
ヨーガ教師は、アーユルヴェーダの知識を有していることが望ましい。

ヨーガにもアーユルヴェーダにも様々な浄化法がある。
勢いをつけてすばやく呼吸をすることもそのひとつ。ネティといって、鼻を洗うことや、起床時に舌を掃除すること、朝の一杯の白湯もそう。

白湯を飲むようになったという方も多い。そして近頃のオイルうがい(ガンドゥーシャ)。次は鼻うがい(ネティ)でしょう!

鼻に水を入れるなんて!という方は、生理食塩水を温めてやってみると良いです。
やりだすと、この爽快感は癖になって止められない。
鼻に湯を注ぐとき、頭を傾け過ぎないように注意して欲しい。夜はやってはいけない。

旅行・出張の際に、舌掃除の道具と、ネティ・ポットと塩、オイル(うがいとマッサージ用)を絶対に忘れないようにしなくてはならない。
万が一の時には、舌掃除はカレー用のスプーンで行える。
ネティ・ポットではなく、コップから直接、鼻で塩水を吸い込むこともできる(過激だが効果絶大)。うがいとマッサージはオリーブオイルでもなんとかなる。

ちなみに瞑想は「心の掃除」。
グルグル思考はストップしないと、体に毒ですよ。本当に。





No.230 同じものがなかにある

本日は米子での講座だった。
改めてヨーガを学ぶ、ということで、指導者にとっては当たり前のことを、改めて共有する時間となった。

ヨーガに学理があると思っていない人が多い。
一度、オウム心理教かと思った、と言われたことがある(この発言で世代がわかるなぁ)。

インドには6つの哲学の学派があって、そのうちのふたつ、サーンキヤ哲学とヨーガ学派というものが、ヨーガの理論の部分。
日本でインド哲学というとき、このふたつを指す。

サーンキヤは二元論。
プルシャとプラクリティがこの世を形作っている。

ヨーガ学派は不二一元論。
宇宙に遍在する絶対者ブラーフマンが、この世界のすべてを支えている。

私の心は不二一元論を信じてる。

今日、母がもう長くはないようだと聞かされた。
この母との間に、たくさんの葛藤があった。
死ぬほど嫌いだと思いながら、その愛を狂おしいまでに求めていたということが、今になってわかる。

母との関係性がこんな風でなかったら、私は今のような道を歩んでいない。
ここに至るまでに多くの人と出会い、大切にしてもらったし、育ててもらった。
それは母流の子育てであったのかもしれない。

母の中にも絶対者ブラーフマンが内在する。
同じ生命原理が私のなかにもある。
それだけで充分かな。

明日、演奏を終えたら、顔を見てこよう。
もう私のことも、わからないけれど。

№229 好みの問題

数年前の映画をようやく見た。
表千家を始めとした三千家が皆協力なさった,「利休にたずねよ」。
教授者講習の折にも、お家元所蔵のお道具が使われるのでぜひ、と勧められていたが、その当時は叶わなかった。

色んな見方や意見はあると思うが、海老蔵さんや中谷さんの所作も美しく、見ていて気持ちが良かった。

冒頭で、信長に道具を見せるシーンがあるのだが、他の人々は「モノを売ろう」としているのに、利休は「その瞬間の美を切り取って見せる」ということをした。
これぞ利休さまの茶の神髄なのかな、と感じたのは確かだ。

弟子の山内宗二が、秀吉の命で殺されてしまうシーンで、宗二は「自分の好みを人に愚弄されるくらいなら、死んだほうがマシだ」というようなことを言う。

自分の感じたこと、考えたことを口にする(言語化)を躊躇う人は多い。
かつて私もそうであった。
でも、自分が感じていることは宗二が言うように「好み」なのだから、誰かにどうこう言われることなど気にせずに口に出したらいいのだ。

あなたと私の好むところが違っても、全く問題ない。
お茶の世界で楽しませてもらうようになって随分時が経ったが、確かに、何かを拝見した時に申し上げる感想や、人との会話は上手くなったように思う。

例えば、ある季節のあるお軸(掛物)の様子を表現するのに、「これは、夏に相応しい涼やかな表装ですね、私はここの部分のお色が特に好きです。」などと申し上げて、揶揄されるなどということは絶対にない。

お道具を見ながら「どれが好き?」ということは聴き合うけれど、それぞれが相手のお好みを尊重し合う。「~だからダメ」というような評もしなくて済む。「好みじゃないなあ」というだけだから。

お茶を通じて、随分と救われていることに気付かされる。
そんな映画だった。

「人生七十 力囲希咄 吾這寳剣 祖佛共殺 
堤る我得具足の一太刀 今此時ぞ天に抛」
という辞世を遺し、自ら腹を掻っ切った利休さまの迫力は、描き切れててないんじゃないかな、と思ったけれど。
そこは好みの問題かな。







№228 それは酷すぎる

時代劇評論家の春日太一さんが好きだ。
まったく飾らない様子で、素のまま生きて、好きでたまらないことをやっておられるようにお見上げする。
NHKラジオで「春日太一の金曜映画劇場」というものをやっておられて、そこでの語りに惚れた。

さて、彼が絶賛している書籍がある。2018年1月、元陸上自衛官伊藤薫さんが上梓された「八甲田山 消された真実」である。

以前、書店で手に取ってみたことはあったものの、購入にまでは至らなかった。
なぜかと言うと、20代(現役自衛官当時)から、新田次郎の本も隅から隅まで読んできたし、その本を原作にした映画、渡辺徹朗読のCDなども繰り返し視聴してきたので、今更感があったから。

ご存じない方のために軽く説明をすると、明治35年八甲田山における雪中行軍で200名近い大量遭難があった。近代登山史における、世界最大級の山岳遭難事故だという。

初めてこの事件のことを知ったのは、20数年前。
当時の上司が、幹部候補生学校でこの事件について考察を行ったことを話してくれたのだ。それで新田次郎の本を手に取って、映画を見、「大隊長三國連太郎)最低! 神田大尉(北大路欣也)可哀そう! 徳島大尉(高倉健)カッコイイ!」などという安直な感想を抱いていたのだが、よく考えると、新田次郎の本は小説であってノンフィクションではないのだった。

自衛隊には、「バカな上官、敵より怖い」という言葉があった。
下士官から見ると、上官の器って一目瞭然だったりする。演習時などに指揮官としての能力が露呈する。何かの時には、まずあいつを背後から撃って、それから行動に移らないとこっちが死ぬ目に遭わされる…というような冗談を口にしていた。

まあ、私は航空自衛隊だったので、戦闘行動は訓練でしかやったことがないのだが、普段”のほほん”としている人が、野外行動訓練の際に優れた指揮能力を発揮し、分隊員の尊敬を集めるというということは経験した。逆もまたあって、「普段えらそうなこと言ってるくせに全然ダメじゃん」という人もいた。これは教育隊での限定的な経験なので、実際は適材適所でそれぞれの能力を活かして仕事をしていると思う(たぶん)。

さて、春日太一さん絶賛の本を昨日入手して、神戸から戻る特急列車のなかで夢中になって読んだ。
これはひどい、酷すぎる…。この怖さ、元自衛官じゃないと分からない部分があるかもしれない。

自衛官には5つの義務というのがある。そのうちの一つが「上官の命令に服従する義務」というもの。まあ、当たり前のことですが…
今、私は民間人なので、「あー、こりゃマズイわ」と思えば、「私は止めときます」と言って行動を選択することができる。でも、兵士ならそれは出来ないのだ。

この恐ろしい訓練の時にも、いたと思いますよ。兵卒で「こりゃ絶対ヤバい。こいつらの言うこと聞いてたら命が危ないかも」と確信していた人が。でも、まともな軍人なら「止めときますわ」とは言わない。絶対に言えない。

自衛隊を退職した理由のひとつに、当時の隊長に対して「この上司の下では死ねない」と思ったということがある。
『隊員が国民のために命かけますって誓ってる(自衛官の服務の宣誓 http://konishi-hiroyuki.jp/wp-content/uploads/sp7.pdf )のに、お前は上司にゴマすりか?!』と思った。そういう人はこの世にごまんといると思われるが、私はそんな人の下では働けない。
(実際には隊長がどんな人でも、幕僚などがフォローできればそれで良い。この話を始めると長くなるのでまた別の機会に。)
 
これは本当に怖い本です…
個々の経験や知識の差で生存率にまで差が出たというところも、軍隊という組織で起きた事件であると思えば、もうホラーである。

リーダーなら読むべき本です。読書会したい。

 

八甲田山 消された真実

八甲田山 消された真実