蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№266 何回目でも、新たな

こんな夢を見た。

友人と二人で歩いている道の右手下方に、大きな露天風呂が見下ろせる。パムッカレのように、いくつもの湯船が繋がり合っている、壮大な湯だ。
その道を通り過ぎて、大きな講堂のような施設に行く。
そこで研修を行った。
鉄工所のオーナーたちと色んなことをやるのだが、最後はみんなでハグをし合うというワークを行って終了した。

場面は転換して、今度は車に乗って大宴会に向かっている。
運転しているのは友人の〇さんだ。交差点で信号待ちしている時にエンストしてしまうが、ウキウキ気分はそのままだ。〇さんの息子さん(幼児)にとてもなつかれる。
宴会では新入社員2人の女子を、総務のKさんが紹介していた。
そこから、急遽、別の場所に向かわねばならないことになった。
次は「美津賀内」というお店で、電話番号は03-5524-2621だという…


さて、今日は、遥々出雲市から、友人が会いに来てくれた。
出雲市から一般道で米子まで来てもらうとなると、片道2時間かかる。
高速利用で片道1時間。遠いところやってきてくれて、本当に嬉しかった。

余談だが、米子から羽田まで旅客機で飛ぶと1時間20分。
ちなみに県庁所在地の鳥取市砂丘があるところ)にも、片道約1時間。
山陰は横に長いので、移動は大変。

その後、ヨーガ療法士のY先生と情報交換。
クライアントと向き合って課題解決を目指すために、療法士としての実力を養っていかねばならないが、その力は研修会などの決まりきったカリキュラムで育つか否かの議論。二人の意見は、否。

結局、個々の先生がそれぞれの人生を生きる中で、自身の目の前の課題に十全に向き合っていくしかないのでは、という結論になった。
人を受容していく力を身に付けたいと思う時、ヨーガの懐の深さに甘えて、ヨーガ以外の多様な実践を疎かにすると、自らの先生としての力は養われないのではと思う。

なんだかんだ言っても、ヨーガの先生って、なんとなくそれでやれちゃうがっかりな職業なんですよ。
バラバラと集まって、ただ先生がやりたいように体操やって、終わればそれで帰っていく、そんなクラスがたくさんあるんだと、後輩のK先生が教えてくれた。

「K先生は、どんな先生になりたいと思っているの」とお尋ねしたら、上記のようなことを話してくれて、「自分はそんな先生になりたくない。生徒さんの求めるところに、ヨーガで向き合う教師になりたい」と話してくれた。

以前、鳥取県で一番勉強している先生になるんだ!と思っていた。
今は… 「こんな先生はなかなかいないんじゃないか?!」と思ってもらえる先生になりたい(色んな意味で)。

もっと欲を言うと、一緒にヨーガすることで、カミナリが落ちるような気付きが腹の底からやってくる、そんな教えができる先生になりたい。

誰にでも、何度目であっても、新たな気付きを与えられる、そんな先生になるぞ。

 

№265 意識的に

こんな夢を見た。

大きな宴会場で、みんなが大喜びして何かをお祝いしている。
宴会場はホテルのようなところではなく、食堂のようなところ。
(想像がつく人がいるかわからないが、自衛隊の隊員食堂のような。床はコンクリートでいくつものテーブルが並んでいる)

その人波に後から加わって、えらいこと盛り上がってるな~と思いながら様子を伺う。
背の高い男性の後ろから、人の輪の中心を見ようとするところで記憶は途切れた。


さて、本日は米子での瞑想講座だった。
量子力学の、ものすごーく簡単な本を題材にして、ヨーガの教え「この世は迷妄である」「二極の対立を超越せよ」「結果に対する執着を捨てよ」について考察した。

ヨーガの体操の際には、「意識化」ということを非常に大事にする。

ヨーガを行じていって最終的に辿り着きたいところは ”解脱” Mokshaの境地である。
凡人はそこまでは行けないにしろ、「天上天下唯我独尊」の心境には至りたいものだ。
この境地を別の言葉で表現すると、PTG(心的外傷後成長)の状態と言えるし、バカボンのパパだと「これでいいのだ」、私流に表現すると「なにか文句あるか」の境地である。

意識化の活用法は色々あると思うが、大事な点の一つは「自分で決めて、動く」ことだと思う。

人は無意識に、他者の指示に従って生きていることが多い。
自衛隊のような「命令に従う義務」なんてないのに、誰かが言った根拠のない言葉に縛られて生きている人は実はすごくたくさんいる。従っている訳ではなく、拘りをもってしまうことで縛られているのだ。

教室では「自分がどのように感じているのか」をしっかりと感じ抜いていくことが大切。嫌だなと感じたり、気が進まなかったらやらなければいいのである。
気持ちよければやる。やりたいからやる。

「右手を上げて」と先生が言ったからやるのではなく、「先生が言ったことに従ってみることを、私が決断した」からやってみるだけだ。

そもそもヨーガ教室で、先生の真似をしたりする必要は全くない。
『自分はどれだけ自分の感覚を感じているのか?=どれだけ自分の事を知っているのか?』という、「自分センサー」の感度をどんどん上げていくことこそ”ヨーガ”だと私は思っている。

意識的にやる。意識的に歯を磨く。意識的にものを口にする。そこに”いる”ということに対して、意識的である。
形だけ座る瞑想よりも、今、十全にここに存在していることの方が、私の在り様を変える。そう思っている。

№264 点、線、それから

今朝の夢。

とある実在する会の講師だという実在しないおじさん(推定60代後半)が、東京で行われた講習会で、「あなたがうまくいかないのは、私どものいうことを真剣に受け容れて実践しないからです」と言って、私のおでこを小突いた。

そこで私は激高して、そのおじさんの靴を両方ともむしり取るように奪って、靴のかかとの部分でおじさんの頭を叩き、「そんなことがある訳なかろうが!」と叫びつつ怒り狂う。一緒にいた友人Sを始め周囲にいた人たちが、私を止めに入る。
鼻息荒くその場に立ち尽くす私は、「やはりこれ以上、この会との縁を続けることは無理があるかもしれない」と考えた。

その瞬間、階下で「ありがとうございました~」という娘の声が聴こえ、今日は某校の合否がわかる日だったことを思い出し、強引に覚醒状態に引き戻され心拍数が上がるのを感じた。二階に上がってくる娘の足音を聞きながら、どういう反応で応えるか覚悟を決めてみたが、単に昨日配送を注文した物が届いただけだった。

この夢は、現在の自分の懸念を如実に表している。
何年も継続する学びをしていれば、人は成長して当たり前(のはず)だ。(理想としては)
成長して世界観が変化した者を相手に、組織側や講師側も進化できなければ、学ぶものはその箱というか場自体を変える(移る)必要があるだろう。
そこを、このおじさんのように問題を単純化して、学ぶ者の側に責任転嫁しながらお金をむしり取る組織は多いんだろうなあ。私はこれまで「誰かから何かを学びたい」という欲が大きかったが、そこを卒業する時が来ているのかもしれない。
おじさんが何の象徴だったかは、じきに分かることになるだろう。

さて。
昨日ふと思いついたのだが、ヨーガも、発達と同じく、点から線へと変わっていくようにその実践が変化していくんだよ、と説明したら分かりやすいのかもしれない。

点がポーズ(姿勢)だとしたら、呼吸が加わって線になる。
そこに意識化と客観視が組み合わさって面になる。
面での実践ができると、療法としてかなりの効果が出ることを期待できる。

次元の違うそれぞれの取り組みに対して、この面を活用できれば立体になる。
立体になれば、調子がよくなるということ以上の「発達」という変化を実感するようになるかもしれない。

このことは、もっと詳しく、プロジェクト・チームの秘密のブログで文章化してみようと思う。

今朝の決意。自分の夢を題材に、「夢十夜」のような文章を書いてみよう。
夢をここに書き連ねることに抵抗があったが、ようやく「なんか文句あるか」気分になってきた。

なぜ先生は、ブログで夢について書いてみたら、と言って下さったのか。
そのことについて先日質問をしてみたけれど、自分でやってみないとわからないのかも。実際やってみてこう感じました、ということを通じて、自分のした質問も超越できるかもしれない。

№263 タネ

先月他界した母が、今月の米子市報の表紙に載った。
この市報が出るまで生きていることはないと思うから、と姉が言っていたその通りになった。

学生の時から母との関係には悩んできたが、私は母の愛を狂おしいほど求めてきたのだと思った。母もまたそうであったのかなと思う。
ただ不幸なことに、お互いが未熟すぎて、お互いが求めているものを差し出せずにいたのかと。

生きている母の手を最後に握った日、1日でもながく生きて欲しいと思った。
そんなことを思える日が自分にも来るなんて、思えない時もあった。

この母無くして、私は今の道に進んでいない。ウィルバーの本を読んで心打たれたりもしなかったんじゃないかと思う。

母の生き様はカッコ悪く、強烈で、すごい圧力で今の自分を育ててくれた。
その教育法?を振り返るに、私の子育てなんてただの「ええかっこしい」やなと思ったりする。

自分のなかの胚芽を育てたいと思ってきたけれど、タネは誰が蒔いてくれたのか。

この記事を探して教えてくれた友人に、心からの感謝を。

www.facebook.com

№262 踏みとどまって考える

昨日、かなりショックなことがあった。
家族と、お世話になっている先生双方に絡む、私にとっては大事件だった。
ここには書きたくないくらいの事件。

昨晩から今朝までそのことについてあれこれと考え、見た夢のなかで怒り狂っていた。
花束で人を叩きながら、怒り狂って叫んでいた。
もちろん眠りの質も悪いらしく、朝起きたのに疲労感でいっぱいという始末。

とは言え、できることをやって何かしらの「片」をつけねばらないので、今日はその算段をし、今赦される限りの手を打ったつもりだ。
心のうちを理解してくれた長女が、サポートをしてくれたのが有難かった。
今日はゆっくり眠れるかな。


さて、「ヒロシマを生き抜く」を読み進めつつ、息抜き本としてエドワード・ケアリー「おちび」を準備してみた。蝋人形で有名なマダム・タッソーの伝記とのこと。
イラストも豊富で楽しく読めそうだ。

ヒロシマ…」の方だが、考えつつ読んでいる。
私は長崎で育った。長崎では、被爆者手帳を持っている方は医療費が全額免除だ。たぶんこれは広島市も同じだろう。

このことについて、母が「風邪までタダとは許せん」と発言していたのを聞き、「大きな不安を抱えつつ生きている人たちに対して、なんて狭量な!」子供ながらに憤慨したのだが、この母の言葉も実は一理あるんだな、とこの本を思って感じたのだ。

例えば青年期のニキビまでもが、原爆に起因しているかのようなストーリーができあがり、自らの苦しさや人生のうまくいかないことがすべて原爆のせいにされている様をリフトンが指摘している。

人間は思った通りになる、というか、思ったとおりにしかならないんだなあ、ということを、生徒さんを通じてしみじみと感じてきたのだが、ここでは「私は被爆者だから」という思いが、自分の人生におけるネガティブな側面を肯定する根拠にされているのだった。

ふと思う。
自分も、物事のうまくいかぬ面、得意でない点を、何か一点に還元してしまって、単純化して考えてやしないか。

ある一つの悩みも、実は多元的な要因があってそこに生じているはずなのに、「~だから仕様が無い」と思い込んで思考停止に陥ることで、自分にとって容易な道に逃げ込んでいやしないか。

それって全然インテグラルじゃないよな。すごく貧しい思考だな。
物事の原因を多彩な側面から考えて、イージーな理由付けで簡単に断じてしまわないように気を付けなければならない。

新聞などメディアで統計を用いて提示された説に、すっかり巻き込まれてしまうことも指摘されていた。

例えば、1961年の山陽新聞白血病増え続ける 原爆都市広島は癌の街でもある」というような衝撃的な言葉を目にして、それが正確な情報なのかどうかを冷静に考えられる人がどれくらいいるだろうかとも思うが、そこで踏みとどまれる自分でありたいと願う。



№260 ギフン!

神戸出張&関西出張の前まで、津田敏秀「医学者は公害事件で何をしてきたのか」という本を読んでいた。

実は水俣病は、ある時まではチッソの垂れ流していた有機水銀が原因だったが、ある時点からは国と学者が原因であった、ということの根拠を読み進めていくうちに、とても虚しく苦しい気分になってしまい、現在、一時停止中である。

出張中は、「美智子さまご出産秘話」というものを読んだ。これはなかなか心温まる本だったがすぐに読み終えてしまったため、積読の中から選んだのはロバート・J・リフトンの「精神史的考察 ヒロシマを生き抜く(上)」。

何しろ、最近の積読の中には小説などがないから…。

何か読み応えのある小説などで中和しながらでないと、この2冊の本を読みぬけない気がする。「ハワーズ・エンド」を再読するか、ウィリアム・トレヴァーの本を新しく入手するか。

しかし「医学者…」を書いた津田さんの”義憤”は力強い。
私は難しいことはさっぱりわからないが、これは以前「啓蒙の弁証法」と格闘していた時に感じた感覚と同じような気がする。

この本は私には大変難しかったので、読んだ、とはとても言えないのだが(最後まで挫けずに目を通した!、というのが正しい)、「この人たちは何かに猛烈に怒っている…」ということはわかった。そしてこの人たちが怒ってきたことに対して、私も別の角度から興味を持ち続けてきたことだけは救いかもしれない。

津田さんの方は幸いなことに「何に怒っているか」がはっきりわかる。
わかるから辛い。こんな国に生きているんだな、ということについて、知らんぷりはできない。では私に何ができるだろうか、私の力の及ぶ範囲で。

今、ゆっくりと進行中のプロジェクトのメンバーも、”義憤”を感じている。

『国民と患者にフォーカスすると言うのが、私の視点であり、業界は放置する。
大きな枠組みを考えながら、具体化する。
一歩一歩行動していけば必ず報われます。大丈夫!!』

これが我がチームメンバーの力強い言葉。
それぞれの専門性を活かして、関わる領域で少しでも違う世界を見たい。
見るぞ!