蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№807 あなたは何呼吸?

先週は、書店に数回足を運んでいつも通りのハンティングを行っていました。

本屋さんに行くのは本屋さんが呼ぶ時です。「え?」って思ったあなた、マジです。本屋さんは呼びます。

こういうのって、レイキマスターマリコなら即座に完全同意してくれます。先日も何かに呼ばれて今井書店に行ったところ、マスターの推薦本が待ち構えていて、「あ、そうだった。これ薦められてたんだった。」と思い出しました。実に便利です。これもすべて絶対者Brahmanのおしごとです。痒いとことに手が届き、実に効率がいい。感服です。

情報というものは、取りに行かずともあちらから勝手にやってきてくれるものだと感じます。そういえば愛する長女ぶーちーも、図書館で手を伸ばした本を開くと、そこに知りたいことが書いてあると言ってました。こちらはJK剣士と違って勉強し過ぎて、超能力が使えるようになったのかもしれません。若いくせにやるな〜とびっくりです。

 

 


さて、最近のハンティングでそりゃもう何冊も本を買っちゃったわけですが、わざわざここ(ハスブロ)に記す価値のあるものといえば、「メディカルヨーガ 〜人体らせん原理とハタヨーガの融合」、「BREATH 呼吸の科学」、あとは「魔女トレ」でしょうか。


「魔女トレ」の情報はO石先生からもたらされました。これめちゃおもしろいよ!本を買って以来ムキになって、朝晩1時間ずつAsanaやって人体改造に努めています。

 

 

さて今日は呼吸のこと書くって約束したんだった。

 

みなさん、何呼吸してますか?

 

って私が聞いたら「は?」って思うでしょ? Yoga療法と一部のYoga関係者以外。

この「BREATH 呼吸の科学」はとってもいい本だと思ったよ。みんな読んだらいいけどきっと読まないだろうな。ヨーガ療法の世界の必読本に「プラーナーヤーマの秘密」という恐るべき本があるのですが、あれの西洋現代版って感じ。素人が呼吸について探っていくストーリーなので、わかりやすい。ヨーガ療法士はすぐにゲットすべし!

 

何呼吸?に戻ります。

 

本から引用。「われわれは命知らずにも、呼吸とは受動的な行動、ただするだけのものと思い込んでいる」 ノンノン!ダメだよ!呼吸は意識的にしなきゃ!

 

要するに、あなたは口呼吸ですか?鼻呼吸ですか?という問いになります。実をいうと口はね、息するための器官じゃない。これは物を咀嚼し、発語する器官です。

 

この現代社会で、40%の人は慢性的に鼻が詰まってる(自覚はまったくないと思う、おそろしいことに)。約半数は常習的に鼻呼吸をしていて、中でも女性と子供は深刻化しやすい。原因は様々だけど、進化の過程も関わってる根深い問題でもある。

 

そしてこの世の90%の人は、呼吸が間違ってる。9割だよ?! 私は違うけど、もしかしてあなたもそうかもしれない。私は腐ってもヨガ教師なので、走って息が上がる時にも鼻呼吸できる範囲でしか活動しない。でも結構走れる(ちょっとの距離だけど)。

 

口呼吸という過失が数々の慢性疾患を引き起こし、あるいは重症化させてる。

 

じゃあいきなり鼻呼吸できるようになるか?というと、これがなかなか難しい。ということでやっぱりヨガのアプローチは理にかなってる。体から調えていって、無理なく鼻呼吸に移行できるようにしてくれるということです。

 

続きはまた明日。ごきげんよう