蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№791 講義付きYogaクラス

3月5日 @ソニービルが見えるところ

今日は朝から秘境田端でのお仕事。

配信している楽すっかLIVEも、3ヶ月目に入った。
透析患者さん以外もご参加くださっていて、これまで不調を抱えておいでだった方に変化が生まれていて喜ばしい限り。

まずはちゃんと眠ってもらわないことには心身のいろんな問題が解消していかないからこそ、このLIVEセッションは「睡眠改善」を謳っているわけだが、これまで眠れなくて苦しんでいた方も夢が見られるようになって本当によかった。

絶対者ブラフマンのお仕事はやはり素晴らしい。
一媒体として使いまわされている私もしあわせいっぱい。

クラスが始まって第3回のレッスンを終えた頃、皆さんがそろそろYogaの体操や呼吸に慣れてきて「いいものに出会った感がある」と言ってくださるようになったので、そろそろいいんじゃない?と思ってミニ講義を始めた。

内容は、ヴェーダ聖典というYogaの理論的根拠に基づく人間の生き方についてである。

こう書くとやたら難しそうだけど、

いったいどんなふうに生きるのが一番いいわけ?!

ということは大昔からみーんな悩んできたことなんだから、ちゃんと優れた師匠方が智慧を遺してくれてる。現代の自己啓発書なんぞ足元にも及ばん。

人間根本の「健やか型」はここにズバリ示されているのだ!

たぶんこういう内容の講義付きでサラッとYoga指導ができるのが自分のウリだろうと思う。
いや、もしかしてただおしゃべり好きなだけかもしれないけど。



ミニ講義といっているので10分程度で終わるつもりなんだけど終わらない。結局20−30分はYogaの智慧について語っている。つい熱くなっちゃう。

でもね、

講義しない=Yogaの智慧についてまったく知らない状態で、どんなに体操だけしてもそんなに効果出ないよ? ほんとですよ。

難しい話はみんな嫌いだから(これを読んでくださっているみなさんもそうよね〜)「サルでもわかるようにやりなさい」とリーダーからの命令が出ているが、この「サルでもわかるような脱力感」が最近ようやく掴めてきた気がする。

もしかしてここで森のこりすについて語り続けているお蔭で、超マジメだった私にも遊びが生まれたのかもしれない。偉大なるこりすに感謝!


ちなみに本日の講義はまず余談から入り、私のお師匠さま(Yoga)は非常に毒舌であるというネタでだいぶ引っ張った。

毒舌の一つに

「大丈夫、お前には来世がある!」

というものがあるが、全然慰めでもなんでもないもんな。

「やっぱ来世あるんだ〜」って思うよね?
せっかくYogaに出会ったのに、今生も輪廻から抜けられませんってさ。とほほ…



★楽すっかLIVE トライアル・セッション
次回は3月19日(土)14時からです。

お申し込みはこちらから!

76auto.biz