蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

No.719 みんな無事

手のひらのはんぶんほどを貝にしてあなたの胸へあてる。潮騒   笹井宏之

 

 

 

7月20日
昨日は某所で一泊。楽しいお酒で飲み過ぎて、喉が渇いて早暁目が覚めた。開けっ放しだったカーテンを少しだけ閉めて横になると、夜が明けた瞬間の光を見ることができた。

午後、東京入り。暑い。しかし我が家で過ごすのと違って移動中はどこもかしこもエアコンが効いていて超快適である。この季節、美味しいスイカ(ヒマラヤンピンクソルト添え)を食すためにはとことんまで我慢をするのがいい。一杯のビールのためにトライアスロンをやり抜く人と同じ気合を私もたぶん有している(はずだ)。しかし今日はチェックインしようとした頃から体調がおかしくなった。スイカのために耐える我が家の暑さのような状況ではないのに、冷や汗が噴き出てくる。焦った。

塩。塩が舐めたい、成城石井の黒トリュフ風味のナッツが食べたい、と思い、これはほんとにふらふらしながら買い物に向かう(ちなみに岩塩なら持参している。ネティクリヤ用)。でもこれは熱中症ではなくてきっと反応性低血糖。朝ごはんで普段は頂かないご飯粒をガッツリ食べたからね!

 

 

さて留守宅ではJK剣士が寝坊するというよくある事件が発生していた。いつもなら7時半頃に「おはよー」とLINEして起床を確かめるのだが、今朝はただでさえ飲み過ぎの上、早起きした後二度寝したから注意喚起できず。担任の先生からSMも来てたけど気付かなかった。でもね。JK剣士ももう17歳じゃん?こんなんぜんぜんなんくるないサーよね。


我が家の愛猫あんちゃんの姿が、昨日から見えなくて心配していた。実は人懐こい愛くるしい性格がバレて誘拐され、よそのおうちの子にされちゃったのか、うっかりどこかに挟まって出られなくなったのか、はたまた掃除のついでに私がどこかに閉じ込めたのか… 真相はわからないが先程帰ってきたらしい。JK剣士から画像が送られてきた。思わず目を疑うくらいウェストがくびれている=痩せちゃっている。いったいぜんたいどのような事件に巻き込まれて今日まで(二日未満だが)帰らなかったのか、帰れなかったのか。真実は一つだがあんちゃんしか知らない。今日は大好きなJK剣士の顔の上でゆっくり休んで欲しい。グンナイ、あんちゃん。