蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№594 シンクロニシティ②

くぎ抜きで君を抜いたらそのあとの愛が竪穴状で鋭い  笹井宏之

 

 

 

3月8日
えーっと、出張4日目?この世のどの場所に存在していてもいろんなことが起こるね。
JK剣士は大荒れだし、心優しいオタクには転機がやってくるし。

昨日は休養日にしていたのでホテルの部屋に籠っていたのだが、おにぎりと水を買いに出たらすごく寒くてビックリした。ホントに季節の変わり目の出張は悩ましい。今日は遥々山手線の北側まで出かけていくので、寒さで遭難しないように気をつけないと。でも行った先ではさ…へへへ。この先は明日書きましょう。ふふふ。

 

 

さて、大変お待たせ致し?ました。先日、マスターマリコに遠隔ヒーリングなるものをやって頂いたその顛末記を書いておこうと思います。現在絶賛モニター募集中とのことですので、奮ってご参加の上、マスターマリコのバージョンアップに積極的に関わってこの迷妄の世界を住みよくしていきましょう!


マスターマリコとは常々テレパシーでやり取りをしているので「遠隔」と言われても「ああ、あのいつものやつ」と思ってしまったがたぶんちょっと違うんだろう。
キネシオロジーをベースにしたヒーリングとのことで、私の感覚としては

キネシオロジー+靈氣+テレパシー=なるほどそういうことか!」

という感じ。通常90~120分かかるそうだが、例によって例のごとく内的イメージのつかみ取りが得意な私は60分弱で済んでしまった。

 

って何のことかさっぱりわかんないでしょう?!

キネシオロジーをものすごくザックリ説明すると「カラダにウソはつけない/カラダはウソつかない」ということを活用した手法…だと思うが、専門家の方に先に謝っておきます。よく知らないクセにごめんなさい。

思っていることは必ず現象化している。
という表現だとちょっとアヤシイから言いかえると、思考は肉体に反応として間違いなく現れている。キネシオロジーではこれを他者が感じ取る(読み取る)ことができる。Yogaはこれを自ら感じ取って自分の内外を統合させていくわけだけれど、練習を積む必要があるし時間がかかるから人に読み取ってもらうのは便利だよね。

体験してみるとすごくおもしろかった!
最近の私は靈氣のお蔭か、自分の感情エネルギーを実際の「モノ」と同じように感じ取ることができるようになっている。例えるならば、脚を虫が歩いていたらさすがにわかるでしょう?あんな感じである。ちなみに今日の気分は超絶悪い。あることを原因として自分のなかにイヤなものが蠢いているのがアリアリとわかる。夢もそのことを示唆していた。

私にとってこの度のヒーリングは、自らの内外をどのポイント(感覚)でフィットさせると自己とのあいだに乖離が生じないのかを理解させてくれた。思考はすぐに嘘をつくがカラダの感覚はウソをつかない。「思っている」ことは「考えている」と「感じている」が混然としている。自分のなかにふたりのひとが存在しているように。たぶん経験からいっても感覚に従わないとロクなことにならないが、時折思考が感覚らしく偽装(擬態?)していることがあるから厄介なのである。


私は人の潜在的ニーズをキャッチアップするのが天才的にうまい。小さい頃からそうやって生き抜いてきたので(そうでなければ生き延びられなかった)、生存戦略として重要な能力だと無意識に思い込んでいるフシがある。しかも現在、職業柄この特性が役立っているので、まるで最高にいいことのように自分自身誤解している様子。

しかしこの能力を遺憾なく発揮すると自分のなかで乖離がおこる。Hさんのところで生存が確認された7歳児の自分と、ソツなく生き抜いてきた自分のあいだに戦争が勃発する。それで今日は超絶イヤな気分なのである。あちらとこちらが向かい合い、睨み合っている。一触即発、丸めた紙玉くらいはすでに投げ合っている気配。飛んできた紙を開くと「ばーか!」とか「もう遊んでやんない」などと子供じみたことが書いてあるが、双方真剣なので冗談では済まんのである。

それを統合するために私は7歳児の味方でいなければならないし、感覚もそうと言っている。でもできないのである。7歳児の喜ぶように実際の行動や発言をすることがどうしてもできない。慣れていないからだろう。ただし、ほんとうはどう思っているのか、どうしたいのかはわかっていて、戦闘状態を“イヤーな感じ”として感じ取れるのは、間違いなく私という存在が統合へ向かっている証拠である。

 

 

Yogaなどで自分に取り組んできて、いまこうやって「私」そのもののなかで起きていることを俯瞰していることができるが、ここまでの時間も取り組みも膨大なものだったから、マスターマリコのような方に頼って自分と向き合うのは多くのひとにとっての助けとなるだろう。

昨日JK剣士もこのセッションを受けたとのことだが、葛藤の大海原に投げ込まれて大荒れになっていた。生きるということは一筋縄ではいかない。

今、わたしのなかで勃発している戦闘から飛んできた流れ弾に当たって「ばか」呼ばわりされたひとには大変申し訳なく思っているが、ほんとにこころのなかで思っていることを、どうしても口に出せないからそんなことになってしまうのである。今、必要なのは言葉を引き摺りだしてなんとしても伝えることなのか、それとも言葉の排除された領域で触れ合うことなのか。いや、たぶん、双方を含んで超えることなんだろうな。

 

今日はちょっとカタい話になっちゃったね。まあ今戦闘中なんで、ごめんなさいね。シンクロニシティとは何の関係もないようだけれど、すべてが共時で起こるんだとすれば、マスターマリコとのセッションと心的戦闘状態は深いレベルで関連している。あと数日すればそのことにハラの底から合点がいくだろう。

マスターマリコ、いつも本当にありがとうございます。
今、テレパシーで愛を送りました。あ、もう届いた?よかった。
早くリアルで会いたいです。帰国待ってます。