蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№369 寝ることについて

「だがしかし、未顕現なるものに専念する者たちの労苦は実に大きい。というのも未顕現なるものを見極めることは、肉体にこだわる者たちにとっては達成しがたいからである。」バガヴァッド・ギーターⅩⅡ-5


3日前の6月20日は「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる最強開運の日だったそうだ。
またその翌日の21日は夏至であり、国際ヨーガデイだった。
この二日間、深い意味のありそうな夢を見て、示唆を与えられた。

この週末はたくさん本を読んだが、そのなかに“ロルフィング”に関するものがあった。
「感じることを通じて心身が変容する」という視点はヨーガそのものであり、単にポーズをキメることにこだわるストレスフルなフィットネス・ヨガとは異なる、古来のヨーガの智慧と同じような取り組みが、様々に名を変え伝わっていることを心強く思う。

 

先週は、友人から“レイキ”のレッスンを受けた。
「気」という言葉自体が、変えられてしまったものなのだと教えられた。元来、「氣」という字だったそうだ。
毎日有難いという思いを持ってお米を食べて豊かな「」を養い、それを人にお返ししつつ生きたいと思う。

昨年末”マトリクス・エナジェティクス“に関する本を読んで感激したが、レイキ講習はその実践編のようだった。実習以来、クラスで出会う生徒さんにお許しを頂いて触らせてもらっているが、私の掌は非常に熱く感じられるそうだ。
今週は久々の東京出張なので、数カ月ぶりに会う仲間たちにも掌を当ててみたい。


さて、今日は「毎晩休むことについて」
要するに”寝る“という行為について書いておきたい。

快眠術のようなものはたくさんあるが、そのなかでもなかなかいいなと思ったものをヨーガ流に修正してここで紹介しようと思う。

【素晴らしい睡眠のために】


・ベストな睡眠時間は自分で決めよう

・朝、自然に目が醒めるまで眠ろう

心身を酷使する人は10時間でも足りないくらい。運動をした日やアスリートの方は十分な睡眠を心掛けてほしい。精神的なストレスの場合は、まずストレス対処に取り組むこと。

・日中に自然光(人工の照明でない光)を浴びよう

・運動しよう
激しい運動である必要はない。もちろんヨーガがイチオシ

 

・カフェインの摂取に注意
個人差があるが、眠れなくなるひとは午後以降の摂取は控える。
コーヒーもお茶も“劣化”したものはカフェイン以上に体に悪いので、生鮮食品と思って選び、早めに消費しよう
インスタントコーヒーなどもっての外(酸化しているため)。
浅煎りより深煎りの方が焙煎時間が長く、カフェインが焼失しているらしい。
(*ページの最後に、高品質の豆が入手できるお店を紹介しておきます)

・普段から、ベッドで仕事したり、食事したりしないようにしよう

 就寝前に紙の本を読むのはOK。

・就寝直前までアルコールを飲まない
自律神経が乱れ、睡眠の質が低下する。

・日中からブルーライト対策をしっかりやっておこう

・夕食後は、心身共に負担の大きい仕事をしないようにしよう

・あれこれ考えて眠れない時は“数息観”にトライ
息を吐くたびに「1、2、3…」と数えていく。わからなくなったら1に戻る、雑念が浮かんでも1に戻る。息を数えることに集中してみる。

・ウトウトしたらやりかけのことを諦めて、寝る

・寝室はできるだけ暗くする
暗いのが怖い人は、電気をつけてアイマスクを。

・寝室にスマホを持ち込むなら「フライトモード」に設定

・睡眠のアプリを使って、眠りの質を可視化してみよう
Sleep Cycleなどのアプリを活用

・日中にクタクタになったら、ヨーガの休息のポーズ”シャーバアーサナ“を。
15分ほどで心身共にスッキリするので、習って体得して欲しい。

 

 

心身にかかる負荷は毎日異なるし、あなたがどのようにその負荷を処理しているかも違う。

1日何時間寝るのが良い、などという紋切り型のアドバイスに従うのは危険だと思っている。

翌日が仕事だと自然に目が醒めるまで眠るなんてできないかもしれないが、長期的な視点で確かな健康を確立するためには、クタクタなら病欠で休んでとことん寝て欲しい
あとから、大きな病気に苦しんで欲しくないからだ。

思うに、今一つ調子が悪い方に「寝る」という養生法ができない方が多いようだ。
家庭内で「とことん寝る」文化を確立して家族の健康を守って欲しい。
(もうひとつ付け加えると、元気がない時には栄養を摂らないことも大事)

苦しい時にすぐ病院に行ったり、薬を飲んだり、マッサージに行ったりして人の手を求めるのではなく、「とにかくただ寝る」というのが養生法の根本になる。
うっかり不健康な人に触れられたら、もっと具合が悪くなってしまう可能性がある。
それが「氣」というものだから。

 

☆間違いなく高品質のコーヒーが買えるお店(お取り寄せできます)
 → http://www.caffe-vita.com/
 
 品質の良い新鮮なコーヒーには、抗酸化物質が豊富に含まれています!