蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№774 いま何時?「フィジー!」

1月24日 @米子

先年12月の初めに更新して以来Blogで沈黙を守ってきたのですが、なんとごく少数の方に「更新されてないじゃん。なんで?」というお言葉を賜りました。ジーン、読んでくれてた人がいるんだ…

サボっていたのにはサボっていた理由が一応あるのですが、そういえば数日前に手を使って書く方のリフレクションジャーナル(いわゆる日記と言えなくもないもの)を書いていたとき、そもそもBlogもリフレクションジャーナルの一環だったんだよなあということを改めて思ったのでした。

Blogを描くという行為に色々他の色気なんかも乗っちゃって自分でもワケがわからなくなり、世の中からの反応も起きちゃったりして甚だ面倒なことになったので、休止か中止かと悩んでいたのですが、実践の一つというシンプルな位置付けとして再開し、こんなけったいなものを読んでくださっている世界中のわずか数名の方々のためにまた書き連ねるのもいいかなと思っています。

とまあ、こんな話を秘境田端のリーダーにお話申し上げましたところ、いつもこのBlogでバカな話ばかりしているがちゃんと自分の仕事もPRしろと言われたワケです。しかもその理由が、PRのために秘境田端で製作してもらったLP(ランディングページ)に、私の経歴や資格などをバッサリカットして一部ご披露してくださっているのですが、それをご覧になった方々が「なんだア、ちゃんと仕事もしてるんやん。よかったなあ、ツボイ!」とみなさまがご安心になるであろうというリーダーの親心でございました。でもふらふらしていることに変わりはありませんので、こちらもご安心ください。

 


さて、お前の話なんてどうでもいいから、かのJK剣士のことを報告せんかい!と思っておられる方もおいでのことでしょう。さすがの私もこれだけは気になってたんだよなー。みんな心配してるやろなあ、と。

JK剣士は、12月24日に高校2年生の日本における学校生活と剣道ライフを〆と致しました。
クラスメイトに留学への意気込みを語り、「最後に私が皆さんに『今何時?』と聞きますので、皆さんは『フィジー!!』とお答えください。」とお願いし、担任でもあるMカントクにまでご唱和頂き、みんなの「フィジー!!」という声に送られて、米子H斗高校2年1組を後にしたとのことです。
それから出国までの間にも、いろいろ面白いことがありましたので追々お話しましょう。とりあえず、JK剣士と共に乗った寝台列車サンライズいずもの写真を貼り付けておきます。



そう、フィジー。トンガの近く。

入国したと思ったら、トンガで噴火してマジでビビったという… 
JK剣士を知る人のなかで、今俄にフィジーがクローズアップされております。「えええ、フィジーに行ったん?!」と今この瞬間お知りになったあなたさまも、これからフィジーが気になる国になること間違いなし。

どこにあるか知ってる?バヌアツの近くだって。ますますわからんでしょ?

 




2年かけて秘境田端で仕込みをしてきた仕事はこちら⇩です。

楽すっかLive alba lab株式会社

「透析×Yoga」という取り組みはたぶん日本初のはず。
ちなみに透析患者さん以外もご参加してくださってます。誰でも参加OKでーす。



 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kayoko (@yogalotus.moksha)