蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№822 真反対に

このひと月、稀に見る豊かな時間を過ごすことができた。
というのは今日ようやく言えることであって、渦中にあるときは豊かだなんてとても思えなかった。

 

こういうのは数年に一度あるかないかの、とても貴重で得難い経験だと思う。
たぶん、きっと。

 

自分の中では何年もがあっという間に過ぎ去ったような濃密な時間だったのだが、ほんの僅かな時間しか経過していないのだ。近くにいてくれた人からすれば、実に迷惑な話だと思う。

 

 

心理療法家の河合隼雄が長年の臨床経験から、人の変化は角度にすると20度とか90度とか少しずつ順を追って起こるものではなく、気づきとともにいきなり180度真反対に振れると書いている。

まるっきり変わるので周囲の人は猛烈にびっくりして信じられないというが、正にその通りだなと自分では感じている。

 

でももしかすると、明日にはまた180度クルッと回って元通りになってしまっているかもしれないし(いったい何だったんだ?的に)、今は慎重に自分をモニターしないといけないなと思っているところ。

 


2年ぶり?に、スペースまほろばの中野さんとセッションをさせてもらった。
この方は以前、私がほんとうに死を選びそうになったとき、なにも言わずそばにいて共に時を耐えてくださった方。私のなかで、絶大な信頼感がある。

 

十数年にわたり定期的な対話を繰り返してきたのに、なぜかこの2年お話しすることが叶わなかった。でも昨日、お互いの間でその訳がわかった気がした。

 


苦しい苦しいと思って過ごしていたけれど、以前中野さんがそばにいてくれてようやくくぐり抜けられた経験とは全然違って、ほんとうは優しくて豊かなプロセスだったと気付いた。前は怖いくらい孤独で、消えてしまいたかった。自分がボロ雑巾のように思えて、なんの価値もないように感じていた。この世にいる資格がないんじゃなかいと。

 

でも今回の体験は、もっとこんなふうな体験がしたいなあ!という欲張りな願いが叶ったもののようだった。それでもエゴが刺激されて痛むので、死ぬほど苦しいような気がする。でもこれも、気がするだけで別に?って感じ。 

 

かさぶたが剥がれるとそりゃあしばらく痛いけど、そんなことで人は死んだりはしない。でも「死んじゃう!!」と騒ぐことも自由だから、そうしたければやっていい。これまたそばにいる人には甚だ迷惑なのだが、そういう体験も許されていい。

 

 

マスターマリコが「魂的には万事OK」といつも通訳してくれていたのも、マスターのおともだちアイちゃんが「Yes! 充分です」と伝えてくれたのも、今のこの経験が、実のところ存在の奥底から自分が望んでいたものであることを教えてくれる。

 

思えば苦しい苦しいと思っていたときも、必ず誰かがそばにいて慰めてくれたり助け起こしてくれた。エイドステーションと有能なスタッフが完璧に調えられたコースで、安全なトレーニングをしていたようにも思える。

 

必要なことは適宜適切に必ず起こる。避けることはできない。信頼していればよい。でも疑って泣いてもいい。あるがままでよい。

いつも絶対者の仕事は緻密にして完璧とか書いていながら、うっかり記憶喪失になったように忘れてしまっていた。ダメやん。

 

エゴイスティックな顕在意識の「こうなったらいいな〜」的な軽い願いなんてぶっ飛ばされるような、「そうなんです、ほんとうはこういうことがやりたかったんです」と土下座して絶対者に謝るような、そういう体験だった気がするのだが、妄想だろうか?

 

 

そばにいて猛烈に振り回された関係者の方がこれを読むことはないかもしれないが、気付きと共に次元(ステイト?)が変化したらしい私に、寛大な心で今後も接してくださることを祈る。

 

ありがとう、いつも助けてくれて。