蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№816 万事順調

完全休養日をとったため、仕込みが間に合わずサボりました。ごめんね! 

 

毎日暑いねえ。

我が家の猫たちは液体になりかかって、部屋の中の極力涼しいのであろうところに横たわっています。「そうかそこは涼しいのか!」と思って寄っていって一緒に横になると、実に不満そうな顔をして別の場所に移動していくのはなんなんだろうね?!テレ隠しかな?

 


さて、Yogaの戒律(おすすめ事項)のなかには「聖典読誦」っていうのがあって、こう書かれると何やら小難しい感じだけど、単に自分を力づけて真理に近づけてくれる本を読むと助けになるよ、ということです。

 

なので私の枕元にはいつも、数冊の本が積んであります。

時々新しい本が混じることもあるけれど、スタンダードなのは「奇跡のコース」。これは複数の日本語訳と原著で読んでいます。

 

「ヨーガ・バシシュタ」やギーターなど、THE!ヨーガの聖典ももちろん。他にはマイスターエックハルトの本など。

 

 

生きていると外界からいろんな刺激がやってきて、私を圧倒して傷つけるような気がしてしまいます。でもそれは完全に妄想で、すべては自分の中で起こっていて、自分の内的世界を外の世界に投影して見てるのだそうです。

 

それはあたかもテレビみたいなものなんだと思います。そこに映し出される映像やチャンネルの大元も、実は自分。なので私はすべての物事のありように責任があると同時に、あらゆるものを良くしていくことができるパワーを預かってきているらしい。

 

これが根本の思想、真理です。
という節を、私は完全に採用して生きています。

 

はずなんだけど!

時々迷子になって、起きた物事に文句をいって泣いたり喚いたりしてる。こういう状態は気が狂ってるともいえるし、本来の自分を見失っているともいえます。

 

聖典とそれに類する文章に触れ続けることは、気を失う率を減らすことや、狂った状態からリカバーするのを少し早めて助けてくれている気がするのです。

 


レイキマスターが帰国されているので、時折話をさせてもらうことができます。順調に頭がおかしくなってドツボにハマっている時に、マスターと再会して泣きつくのだけれど「うん、すべて順調だね!」と言われてしまいました。

 

えー、こんなにしんどいのに順調ですか?!と驚くのだけれど、万事想定通りで順調なんだそうです。魂的にはね。

 

だから今なんだか色々上手くいかないな、しんどいなと思っている人も、大いなるものは私を通じて豊かな体験を求めているのであって、この役割は他の誰にも変わってあげることはできないんだから、しょうがないもうちょっと頑張ってみるか、と思ってもらえたらいいな。

 

でもひとりで「うん、大丈夫だ!」と思い続けることはあまりに悲壮でできないことになっているので、助けを求めることです。この時「誰に?どんなふうに?」とかあんまり考えないで、手当たり次第「助けて〜」って言ったらいいです。ちゃんとその役目を持ってる人にサインは届いて、キャッチアップしてくれます。

 

私でよかったらいつでも聴きます。Yoga教室ってそういうところです。
そこで役に立てるために、私も毎日自分の生を必死に生きます。


みんなで頑張ろう!レッツエンジョイ!