蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№799 全集中ですますこりす

3月20日 @都内某所。何区なのかわからない

 

今日は秘境田端からのオンラインレッスン配信日だった。月に2回のお約束。

正式にクラスが開始してから3ヶ月が経過した。

眠れなかった人も夢を見初め、朝起きた時に「あー、よく寝た!」という感覚を持てるようにおなりになった。素晴らしい変化のようだが、ちゃんとYogaを行じれば至極当然の変化であって驚くようなことはなにもない。単にこれまで人生にYogaが不足していただけの話である。

その方がガッツリ眠れるようになるまでの道はまだ半ばだが、絶対者にお任せして今の通りぼんやりYogaを継続すればなんくるないサー。

 


さて、不祥のこりすである私には、お師匠様とかリーザーとかいろんな目上の人がおいでになるわけであるが、近畿にはおやかたさまがおいでになる。

ひらがな表記である理由は、「おやかたさま」の意味がよくわかんなくなったから。
親方?お館?はたまたお屋形? 

まあでも別にどうでもいいやってことでひらがなで。

 

この方と私は「全集中の呼吸」?でつながっている(はず)なのだ!

先日、量子力学的物の見方を活用した、人の感情エネルギーについて論じる本(物理の棚じゃなくてスピリチュアルって棚にあるような種類の本)を読んでおったところ、この「全集中の呼吸」のことが引用して解説されていた。

常に不確かな私の記憶を探ってみたところ、このご本では「全集中の呼吸」はマインドフルネスであるぞと書いてあったような気がするのだが、ナンチャッテYoga教師としてのアテにならない知見では、マインドフルネスなんて単に心の猿を躾けるはじめの一歩にしかすぎないのであって、全集中というからにはきっとサマーディ(三昧)レベルなのであろうと推察する。

この三昧というものは、瞑想の対象と一体化し我と他の区別がない状態であるゆえ、より純度の高い精妙なエネルギーの方が強い影響力を発してしまう結果として、邪念のあるお相手(鬼?)がやられてしまうってことになるんではなかろうか。

ま、もしこの仮説が間違っていた場合、おやかたさま@近畿からお叱りが来て、私の誤りは速やかに修正されるであろうからやはり何も問題ない。絶対者のお仕事は緻密にして完璧、そしてタイミングは常にバッチリなのである。

 

ところで最近、おやかたさまと私とのやりとりの際、語尾「ですます」が「でリス、シマリス」と変容を遂げた。意味わからんでしょ?

通常「おはようございます」となるところが「おはようございまリス」「ご指示の通り斯様にいたシマリス」という塩梅である。

そして今ここでは「リス」と文字であるが、実際にはリスのイラスト(記号と言っていいのか?)であるため、そのスレッドには小さなリスの記号が随所に偏在していて眩暈がしそうな有り様。

世間的には立派な大人のように見える我々であるが、中身は永遠の17歳と28歳なので程度が低くても仕様がないのでリス。寛大なこころで受け容れるしかないのでリス。

 


★睡眠改善にフォーカスしたYOGA. LIVE
「楽すっかLIVE」月2回配信中!

楽すっかLive alba lab株式会社