蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

No.723 お師匠さま、来た?

いくとせも鏡のなかを歩みゐる我とけふまた目を合はせけり   筒井宏之

 

 

7月24日
秘境にて朝からリアルセッション。協働で指導に当たっているクライエントさんで、もうお一方の先生(Yogaではないご専門)から「ぜひこのタイミングで立位のポーズを」とのご指示があった。なのでトリコナーサナなどいくつかの立位ポーズを含んで1時間ほどのセッションを行った。キツめだったとの感想だが、この秋で実習を始めて1年になる。はじめた頃には立位のポーズなどとてもじゃないが危なくてさせられなかった。随分変化されたので私たちもとてもうれしい。「甲斐があった」という気持ち。
ちなみに主訴は腰痛でらしたが、今、症状はまったくない。

最後に瞑想をしていたら、そういえば今日は慧心先生が何処かでグルプージャをしておられるなと思い、瞑想後の雑談でそのことについてお話していたら涙が出てきてしまった。お師匠さま方が、今ここに降りてきて下さったかのような気持ちになって。

アグニホトラという護摩焚きの原型のような儀式を行い、歴代の師に対して感謝を捧げる。
人から人へと繋がれてきたYoga。誰か一人が欠けても、今こうしてわたしがYogaをすることは叶わなかったかもしれないと思うとなんだかとても有難い。そしてこうして目の前に生徒さんがいてくださるというしあわせ。涙も出ようものではないか。



昨夜は巣鴨の怪しい居酒屋でビールを飲んだ。こんなときだから闇営業というべきだろうが、お客さんはいっぱい!でもナンチャッテな居酒屋だから、食事したなあという感じには残念ながらならなかった(ポテトフライメガ盛りとかね)。なので今日はお昼にちゃんとした定食が食べたくなって、聖地田端最寄り駅にある通称「社食」でかれいの煮付け定食アジフライ付きを頂いた。おなかいっぱい。

あれ?そういえばオリンピックってやってるの?