蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№710 熊派閥こわい

そのみずが私であるかどうかなど些細なことで、熟れてゆく桃   笹井宏之

 

 

 

 

7月3日

今朝も雨だったね。最上階の大浴場に露天風呂がついているのだが、1階のレストランのたぶん換気扇から流れ出る油脂の匂いがイヤで、朝は利用しないようにしているが雨だと断然マシである(そんな気がする)。

朝はPranayamaの時間なのでできれば清涼な外気が吸いたい。外気の方が汚いという意見もあるが、私が吸っているのは空気じゃなくてあくまでもPranaなので、澱んだ室内の空気などよりも外気の方がいい。たぶんこういったおかしなこだわりは「気がするだけ」であって、この世のどこで呼吸してもPranaは絶対者ブラフマンと共に万処に遍在しているからほんとは何の関係も無いはずである。だからこれは単に私のくだらないこだわりで、Yogaを行じることでこういうおかしなこだわりは一つひとつ無くしていかなければならない。ということでまだまだ私のYoga修行は道半ばなのであってまだまだ死ぬわけにはいかない。

 

今朝は朝9時から麹町でリアルセッション。リアルの開始時間としてはべらぼうに早いが、これが夜の予定にまでちゃんと絡まり合っているので早くてOKである。シンクロニシティが起きているのかあれやこれやが万事OKになることが多く、実におもしろい。

 

昨日は恵比寿をふらふらしすぎて足が痛くなりションボリしていたが、今朝起きると昨日より格段に楽になっている。受傷から二週間が過ぎ、途中の対応が悪かったことも乗り越えて粗雑体は回復に向かってくれているらしい。よかったよかった。はじめの1週間「やりすぎか?!」と思うくらい施術を受けておいたのがよかったのかもしれないが、常々「やりすぎもよくない」とご注意を受けていることから考えると、やりすぎて回復を遅らせちゃった可能性も無きにしも非ずである。でも治ればいいんだから結果オーライだよね。

昨日、恵比寿で菓子折をゲットするミッションがあって、ちょっと調べていたらシロクマのかき氷が出てきた。ミッションとは何の関係もないが、写真に写っているクマが滅法かわいい!ジャパニーズアイス〇花なるお店で、ジャパニーズアイスというのが要するにかき氷ってことか?

例の天文館in鹿児島のしろくま(氷白熊)よりもずっとシロクマらしく、世界最大の肉食獣らしくない愛くるしさが表現されている。クマのマズルの部分はアイスクリーム、目と鼻はレーズン、耳はミカン(かんづめ)。アイスクリーム・オン・かき氷、という冷えて冷えてたまらないくみあわせで「かわいい~!」と思いはしたが「たべたい~」とは思わなかった。


なにしろわざわざ本家本元・天文館むじゃきの真ん前まで行きながら「ひとり1しろくま(=ひとつのしろくまをグループ全員でシェアとかしたら許しませんよ)」というルールを知って躊躇し、結局あんなに「しろくましろくま」と騒いでおきながら、鹿児島滞在中一度もしろくまを食さなかったというあるまじき行為に及んだ私。かるかん(餡なし)は2回も食べて、焼酎は毎日浴びるように飲んでいたのに、たかだか冷たいスイーツを食べる勇気も出ないとはまったくもってけしからん。


でもかき氷という食べ物は、エアコンの効いていない空間で食べないとダメだと思うのである。私が愛くるしいN崎H高等学校のJKだったころ、吹奏楽部の先輩たちと通ったかき氷屋さんで食べた氷は美味しかったな。扇風機が回っているけどみんな汗だくで、食べてる端から水に戻っていく氷。ところが今のカフェのように涼しいところだと1/3にも達しない頃から体が冷えて咳が出て「もういい、あったかいものが食べたい…」と思う。そもそもアーユルヴェーダのナンチャッテ実践者としてこんな食べ物を食べてることがバレたら、バット博士に破門されてしまう。スイカですら室温に戻してから食べ、ビールもぬるくしてから飲む私にもうかき氷はムリそうである。

 

そういえば氷トラウマをひとつ思い出した。よいこのみなさんが同じ過ちを犯さないように恥を忍んで書いておこう。

まだ大阪梅田に伊勢丹が存在していた頃、その地下に赤福茶屋があった。「夏―赤福茶屋」とくればすなわち赤福氷である。何度も伊勢に遊びに行っていたハハはなんどかこれを食したことがある。餅が冷えて固くなっており、正直なところ好みではないが(むちむちしたstickyな食べ物が好きだから)、お菓子にうるさい茶人としての教養として食べておくべきものである。鳥取に越して伊勢は遠くなってしまったが、梅田にあるとなれば話は別。当時小学生の長女ぶーちーと一緒にこれを食し、お弁当とビールを買って帰りの新幹線に乗り込んだ。そう、あれは定期演奏会準備のため、伊丹のご宗家宅に合奏に伺った帰りだった。ご宗家宅での気の張る合奏を無事終えて(ご宗家は当然ながらめちゃくちゃお厳しい)、ホッとした私は調子に乗っていた。

 

冷えたビールを飲んだ途端気分が悪くなった。それから岡山に着くまでの間、真っ青な顔をして差し込む胃の痛みに耐える。痛すぎて動けない。岡山で特急に乗り換える頃にはようやく収まったが、結局赤福氷とビール一口以外なんにも口に出来なかった。翌日鍼の先生に見てもらったところ「冷えすぎて胃が痙攣」したと言われた。

他にはね(まだある)、スイカ食べすぎて胃痙攣起こしたこともあるよ。てへ!
だから皆さんも、夏の冷たい食べ物には重々ご注意ください!

 

ところで恵比寿のクマ氷の写真をJK剣士に送ったら「最近くまの割合多いな」とツッコまれた。そうやった、大阪でクマ食べたんやったな。すると「熊派閥、こわいこわい」と云う。熊派閥とはいったいなにをする集まり? 危険な香りがする。こわいこわい。