蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№632 愛のインフラ整備

傘させば雨は明るさもちて降るさくらの青にけやきの青に  花山周子




4月15日
いけない。ぼんやりしていたらもうこんな時間(19時前)になってしまった。
昨日は池袋でぶーちーと会い、夜は新宿でFさんと1週間開けての女子トークをした。
池袋…LOFTに行きたかっただけなのだが、わざわざ足を運んだにもかかわらず探しものは見つからなかった(今日、渋谷のヒカリエで発見した)。
都会ってすごいねえ。これが山陰だったらナンチャッテなLOFTのある米子天満屋にさえ足を運ばずに、Amazonでポチッとしているだろう。

昨日はけっこう雨が降っていた。雨が降っているのに電車に乗って出かけるなんて都会ならでは。だんだん東京暮らしにも慣れてきたような、それでもなんだかさみしいような。さみしいのは会えるはずのJK剣士やあんこやもなか(サービス精神が希薄なうちの猫)に会えないからかな。


今朝、JK剣士の通うガッコウから「オンラインで試しに授業やってみる」というご案内が来ていた。急に昨年の今頃にタイムワープしたような感じでクラクラした。今更感いっぱい。衝撃のあまりつい思わずJK剣士にLINEしたら「いつから?!」という前のめりな返事が即座に来た。アメリカで授業受けたろうと思っているのがひしひしと伝わるが、残念でしたー、そういうことじゃないの、今になってまだ「試しにオンライン」のレベルなの。

先日Jさんと話してて地方のコロナ反応(対応じゃない)怖いね、という話になった。私は来週いったん10日間だけ帰宅しようとしているが、その間ごくごく限られた場所にしかいかない。「県外から来た人イヤだな」と思う方を刺激しないように最低限の用だけ済ます。髪を切って、鍼灸と柔道整復の施術を受け、しげにいちゃんの月命日のお花を手配し、本社(CAFFE VITA)に出向き豆を仕入れ、薫風の季節に向けて衣類の入れ替えをしてくるつもりだ。あとは数件のリアルセッションをして、お花やさんFさんと会食、他はたぶんずっと家に籠って文章書きかな。

JK剣士の学校で罹患してしまって、他の職員等々は皆陰性でしたあ!といわれてしまった先生はご無事なのだろうか?やめさせられちゃったりする羽目になってはいないだろうか。甚だ心配である。

去年の今頃(3月末から6月上旬)、ほんとに鬱々して生きてた。こどもたちが2人揃って家にいるからなんとなくにぎやかではあるけれど、政治経済とウチュウ人の本を読んでYouTubeばっかり見てグダグダしてた。そのことを想うと、今年はそれぞれがそれぞれ「自分がここにいよう」と決めたところで生きていて実に健全だと思う。

そして東京って過ごしやすいな、一人もわりあいいいじゃんという気分になってきた。ここに私のことをふだんはムシしつつ、寝入った頃にそっとそばに寄ってくるあんこやういろと、そのささやかなぬくもりが欲しいなと思いつつも。


さて、昨日の雨も上がり久々に朝日が拝めた今日は外苑前まで出向いてきた。
数カ月ぶりにエネルギーワークを受けようと思ってHさんのところに伺って、まずはパスタでランチをしたのはいいが…ここでメチャメチャ盛り上がっちゃってエネルギーワークをする時間なんてなくなっちゃったのである。でも私が思うに、Hさんは強くそして鋭い方なので、もしわたしにそれがどうしても、今、必要だったらそのように仰り施術を行ってくれたと思うのだが、そうではなく大笑いしながらおしゃべりしてお仕舞になったということはまあ別段問題ないってことなんじゃないかな? と思いながら足取り軽く、渋谷と恵比寿に寄り道して帰ってきた。

昨年規夫師匠に、ツボイは怖いんだ、エネルギーワークをしてやわらかい雰囲気を身につけた方がいいとショッキングなアドバイスを受け(規夫師匠だって怖いじゃんと心のなかで思いながら)いったいどうしたらいいんだよう…と思っていたそこへマスターマリコが帰国して靈氣と出会った。私にとっては幸いなことに、コロナの件でマスターマリコが長く日本に滞在なさったので神秘伝まで伝授してもらい、更年期にある女性のケアにもマジメに取り組んだりなんだりで、最近ちょっとイイ感じみたいよ?

昨日話してたFさんにも「雰囲気がやわらかくなったねー」といって頂いたので、氣を信じて、がんばらずあるがままに生きる方向性を掴めたのがよかったんじゃないかと思っている。


そして今この境地、とまでいったら大げさかもしれないけれど、この解放感のなかにあってやっぱり「二極の対立の克服」という教えはすごく大事だなあと思う。
ここは神聖な場所だから、あっちがいいとかこれはダメとかいうジャッジを一切排して、必要なことが必要な時にただ生じては去っていくだけ、困難は救いとともに私の目の前に生じて、私に気付きを与え滋養してくれると信じて生きること。

要るものと要らないものをわけない。すべてに意味があり、価値がある。今そのことがわからなくてもいい。保留して待っていよう。

Jさんは「愛のインフラ整備」をしたいと仰ってる。私も、その大事業に道具のひとつとして使って欲しい。まずは今この瞬間心に浮かぶ方々、そしてその方たちに連なる方々の平安を祈ろう。
すべての人々に、平安がもたらされますように。どうかお願い。