蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№597 国家資格の闇

左手に携帯電話ひらく朝 誰より早い君のおはよう  笹井宏之

 

 



3月9日
出張…何日目?
山手線の北側でなにがあったか書いてなかった。

山手線の北側・秘境田端には例の秘密の場所があるがそれだけではない。規夫師匠が住んでおられる。田端はすごいところなのである。最近大崎に泊まってないから(宿が古すぎてちょっとねぇ)、聖地を大崎から田端に変更しちゃおうかな。


毎月の上京の際、なるべく師匠の御顔を拝するようにしている私。それでなにするのかって少々お話させて頂くくらいのことなのだが、愛の人・規夫師匠に癒され喝を入れられ、またがんばろーっと思って山手線の南西側へ帰ってくるのである。

 

今回はどんなことをお話させて頂いたかというと、つねづね加藤ゼミ医療チームメンバーのなかで噴出する話題、「国家資格の闇」について。

 

私はヨーガ教師でありヨーガ療法士。所属学会の認定を保有、維持し続けているとはいえこれは民間資格。「インド中央政府ヨーガ指導者国家試験(QCI認定)」には合格したが、日本国内ではそんなの意味あるようなないような?

10数年前初めてヨーガ・インストラクターの勉強をしたとき、同窓生は40人いた。ヨーガ療法士の勉強をした時も約半数の20人は残っていた。そして10年の時を経て資格を維持し、かつ指導を行っているのはたったひとり私だけである。1/40。かように民間資格者は、故郷の川を目指して遡上しつつも熊に食べられてしまう鮭のように激しく淘汰されるが故に、打たれ強いヤツだけが先生としてサヴァイヴしていく。

周囲を見回してみるとどいつもこいつも相当なタマのお方ばかりである。私以外。この過酷な世界で私のように気も声も小さいものがよく生き残った。自分で自分をほめてご褒美にビールを飲ませてやりたい。

 

ヨーガ教師以外には、美容師さんや保険の営業の方々も激しい淘汰率の中でサヴァイヴしておられる。とってもいいことだと思う。ところがどっこい、チームメンバーの周囲でなんちゃって民間資格のクセにエラそうに逞しく生きているのは私だけで、他のお二方のそばには国家資格保有者がたくさんおられるわけ。そしていつもお二人は苦悩の雄たけびを上げておられる。


国家資格、それはズバリ「食える資格」。もちろん全部がそうだとは言いませんが、一部にそういう“食える”国家資格がある。取得と病院等への就職がガッチリ結びついている手堅い資格のことです。
では資格を取ったらすぐ食える場合いったいなにが起こるかというと、大方の国家公務員と同じようなことが起こる。私はむかしこの世界にいたからすごくよくわかる。大多数の人がほんとに勉強しない。必要ないから。努力する人をせせら笑うような空気もある。まあムダなことに見えるんだろう。

なのでS堂リーダーとO先生はいつも吠えている。現実的にいろいろめんどくさい事象も起きているご様子。ちょっとここには書けない。闇だから。
このお二人のご様子を拝見していると「あー、国家資格保有者じゃなくてほんとによかった」という超!前向きな気持ちにさせてもらえるので、私の精神衛生には非常に役立っているが患者さんのためにはぜんぜんなっていない。

 

昨日はこのことについて規夫師匠に愚痴った。ホントは私の愚痴じゃないんだけど、私たちはチームメンバーとして一蓮托生というか毒を食らわば皿までっていうか?とにかく仲間の苦悩は私の苦悩であるからして、また聞きの愚痴を私が規夫師匠に愚痴った。

そしたらさー、規夫師匠が優しいことを言ってくださって…感動の涙が大山鶏の塩ラーメンに落ちそうになった。私はチームのお二人を猛烈に尊敬しているので、このお二人の苦悩に、敬愛する規夫師匠をドーン!とぶつけて何かがなんとかなって、結果的にたくさんの患者さんがしあわせになってくれたらいいなあとほんとに思っている。この「なんとかなった」後日談をいつかここで語れることを心の底から願っている。

この国の、とかいうような大きな枠組みじゃなくてまずはいい。この秘境田端のクリニックで、ということでいいから。こういうことに諦めず向き合い続けた人の思いが波動となって、きっとこの国のなにかを少し変えていくことができるよ、いつかきっと。

私たちのリーダーがいつも「公益になれば」と仰るけれど、こんな人がちゃんとこの世にいることはとてもとても凄いこと。リーダーは菩薩さまか薬師さまの生まれ変わりなんじゃないの?と私は睨んでる。だからリーダーがんばって!私たちちゃんとついて行きます!(O先生がうんうんと頷いているのを感じる)

 

 

ちなみにヨーガ教師のリクルートは絶対者ブラフマンがやっておられる。この方からオファーが来たらお断りすることはゼッタイにできない。命取りになるので、ご指名を受けた人はもう観念して、私と一緒に頑張っていこうじゃありませんか。たとえ食えなくてもせめて来世に得を積もう!たぶん来世以降でなにかきっといいことあるよ。イリオモテヤマネコに生まれ変われるとか?カッコいいよね、ワクワクするよね。