蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№579 ふらふらあるがまま

室内が謎のすばらしさで満ちてなんだこれはと両手など見る  雪舟えま

 

 

 

2月21日

ふふふ…。昨日のブログで、コーヒーのことを熱く語ってしまう私の習性について書いたところ、なんと!!門脇師匠からロゴ使用と名刺作成についての許可が出たのですよ。公的認定ですよ! 肩書なんにしよう?「門脇珈琲教宣教師」がいいかな、「VITAコーヒーテロリスト」がいいかな?
尊敬する透析クリニック(Oasis Medical 田端駅前クリニック)さんからも原稿書きの仕事をもらっているし、あとはあれだな、規夫師匠だね。こちらは時給800円でカセイフとして雇ってもらうのはどうかな?!月に数回、掃除してご飯作って肩揉んで、執筆活動等々をお支えするという。ダメ?いいと思うけどな。

 

 

さて、先日長女をO先生にご紹介した。
JK剣士の逞しい大腿四頭筋と違うほっそりした脚をもった彼女の悩みは、下肢のむくみである。
高校卒業後、「筋トレを教えて下さい」と頭を下げてきたが、Yoga的な調気や意識化を用いたものは今は必要なかろうと思い、女子向け筋トレの本を見繕って渡した。なにやかやと自分で工夫しながら努力していたようだが、この領域で難しいのは「やり過ぎておかしくなる」というやつ。これホント、まじめによく聴く話なんである。心当たりがある方も多いと思うし、もちろん私も身に覚えがある。

 

例えば腰が痛い場合、「腹筋をつけましょう」と言われる。慢性腰痛をお持ちの方は確かに腰の力がない。でもそれは「腹筋」とかいう雑な言葉で示されてもサッパリわかんない力。今もしこれをO先生が読んでおられたら、ここで首が外れるくらいつよく頷かれているはずだ。ウンウン!

 

これ(腰痛ー腹筋問題)は、慎重に体感を重ねながらでないとほんとうの意味で理解して頂くのは難しいのだが、あえて言語化してみると、この腹筋は呼吸筋のことであろうと思う。呼吸をすると胴体は全方向に動き、胴体のなかの空間に呼吸でもって支えを与えることができる。それを作る力=筋力が失われている場合、器質的な負担がかかり物であるカラダに異常が現れる。

 

ということは、有効な対処としては、重力に対抗して体を支える負荷を排除しつつ、体の動かし方を改めて学んでいかねばならないし(Asanaで行う部分)、これまでの理解と対処法が間違っていたことを認識して、新しい認知を採用せねばならない(理知鞘の部分)。同時に、慢性的に痛みを感じ、場合によっては恐怖に繋がっていた感覚・感情の部分に手当をせねばならない(歓喜鞘、生気鞘の部分。呼吸等を用いて行う)。
少し痛みが治まってきたら、自分のからだと向き合ってセルフ・コントロールが可能になるような意識変革も必要になってくるだろうが、ここに至るまでに腰は「あれ?痛くないかも」という状態になっていると思う。あれ?と思うまで、腰のことを気にしていない状態が生まれていた、ということ。しあわせでしょ?



おっと、難しい話をしてしまったではありませんか。いけないいけない。
要するに、腰が痛いから腹筋つけろって言うのは、頭が悪いから勉強しなきゃっていうのと同レベルでの雑な提言だということです。役に立たないんです、不採用。ブー!

 

 

O先生と長女の話に戻ろう。
簡単な施術とアドバイスでちょちょいのチョイと(いう風に母には見えたんです。先生、許して。)娘に驚きの感覚をもたらし、毎日こんなことを意識してみなさいという指示を与えて下さった訳だが、その後娘はマジメにそれに取り組んだらしく、長時間座っているのが辛くなくなったと今朝聞かせてくれた。
なんとO先生は既に「座り方が変わるよ」と私に言っておられたのだ。O先生は理学療法士でありながら預言者なのである。

以前このブログで、座るということ、そして椅子についての話をしたが、長女もその意味がようやく理解できたと言ってくれた。下肢のむくみが解消されれば、上半身の皮膚の状態も変わるとのこと(これもすごいハナシだよ?)。

コロナで、皆様おうちでお仕事をなさるので椅子が売れてるらしい。誤解を恐れずに言えば、道具を選んでしまうのはあるところまでは自分が悪い。高水準になると、道具が仕事の質を左右する。だから椅子を選ぶ前にカラダに取り組んだ方がいいかも。

心身を調和させる取り組みを行ったうえでどんな椅子に座りたいかというと… できるだけショボい椅子。
ちなみに新幹線の座席、あれヘンだよね? 腰が丸まって首がヘンな風に前に出る。


自分でからだを支え、いつも柔軟にふらふらと身体を動かしていることができるといい。不安定なものの上で自己存在をふらふらさせることを「自己調節」と言ってもよいと思うし、「あるがまま」と呼んでもいい。
ふらふら生きていると偉人・変人の方と巡り合えて、美味しいコーヒーが飲めたり、凄い仕事のやり方を見せてもらえたり、尊敬する人が増えたりする。それで私も刺激程度ではない打撃を受けて、自分の世界も変わったように思える。

心身ふらふら教の教祖になろうかな。
信者になりたい人がいたら連絡下さい。待ってます。