蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№225 茶会 2019秋

毎年この時期に、市の茶道連盟が主宰する、大寄せの茶会がある。
今年は米子市公会堂を会場に、五つのご流儀がそれぞれ茶席を持たれた。

米子市表千家は三社中あるため、三年に一度、茶席を受け持ち、釜を掛けることになる。我が社中は来年が当番。今年はお客様として、お席を回らせて頂いた。

「お客ぶり」という言葉がある。
良いお客様としての振る舞いや、その心得のこと。

初心の頃は点前ができることが嬉しくて、意識はそこにばかり向かっていた。
「自分がする点前」が最大の関心だった。
少し時間が経過すると、人をよく見るようになり、美しいお点前や所作に憧れの気持ちが湧いてくるようになった。「あの方のようなお点前がしたい」「あのような振る舞いを真似たい」という、型に対するイメージが明確になる。

教授者講習への参加を許されるようになり、内輪のお席で「正客」という”一番えらいお客様”のお役を経験させて頂くと、ご亭主がどのようなお心でこのお席をしつらえて下さったのかや、そのお心づくしを汲み取れなければならないことが理解されてくる。
ここで「お客ぶり」が問われる。

「お茶の一番のご馳走は、会話」と言われる。
お席でのお道具の組み合わせ(道具組)や設えには、そのお席のテーマがある。例えば、お祝いなど。
迎える側がどんなに心づくししても、正客からお尋ねがなければ、自分から語ることは許されない。
他の客がどんなに聞きたいことがあっても、直接お尋ねすることは許されない。
もし正客の気が利かなかったら、席中の皆が不完全燃焼を起こしてしまうだろう。
お茶の稽古は「トーク」の稽古でもあるのだ。

席が盛り上がる会話をするためには、知識や経験が総動員される。
何が凄いのかがわからなかったら、尋ねようもない。
なので、先日のように、わざわざ遠くへ出かけてでも、色んなものを見て学んでおかねばならない。

本日のお心づくしも各席様々で、この秋の美しさを愛でたり、御代替わりを寿いだりという意図を、それぞれのお道具組で美しく表現なさっておられた。
伺った席のすべてで我が師匠は正客を務められたが、時にユーモアを交えながら、大寄せという初心者の方もおられるお席で、同席した皆が寛げるような、そしてご亭主のお気持ちを引き出すような対話をして、その貫録をご披露下さった。

今年、台風で大きな被害を被られた地域とそこに住む方々に思いを致し、今こうして何事も無く、お茶を楽しませてもらえる自分たちの幸せに改めて感謝をする、という設えで迎えて下さった煎茶・一茶庵さまと、細川三斎流さまは素晴らしかった。
「無事」という掛け軸に、すべてが表されていた。

昨夜、遠方の方が、こちらの天候を心配してご連絡を下さった。(山の近くで竜巻が発生したとか!夜半にも突如すごい風雨になった。)
ご亭主の思いをお聞きしながら、台風や地震に遭われたからこそのお心遣いだったと気付かされる。
お相手のお心を推し量る自分の度量は、まだまだ未熟だなとしみじみ感じた今日。