蓮は泥中より発す

心身一如に生きるヨーガ教師の日記

№215 なんにも知らなかった

今日も図書館に行った。
昨日は、茶道具関連の図録をあれこれ借りて楽しんだ。

2015年にサントリー美術館で開催された「藤田美術館の至宝」展で、曜変天目も大亀の香合も実物を見たのに、なぜか図録を購入していない。当時の自分を大声で叱ってやりたい。
ポストカードだけは購入していたことを思い出したので、ひっぱり出して眺めた。
実物には敵わないけれど。

いつも一緒に美術館巡りをする兄弟弟子が、近々、奈良の国立博物館に出向くとのことなので、今年開催された「国宝の殿堂 藤田美術館展」の図録購入を依頼した。
曜変天目を所有している藤田美術館は、現在改装のため長期休館中なのだが、2022年にリニューアルオープンしたら、またこの茶碗に会いに行こう。


さて、今日は第一次世界大戦について描いた、タルディのバンドデシネを2冊借りた。
この本を出版したのは、2014年にできたばかりの「共和国」という出版社だそうだ。

第一次大戦については、何も知らないのだと分かった。
長崎出身の私は、子供の頃から平和教育を受けてきたこともあって、戦争の歴史に対する関心は強い方なのだが、まったく何も知らない。恥ずかしいくらいに。

「この戦争に対するフランス人と日本人との歴史認識が大きく違っており、日本人にはこの作品の凄さがなかなか伝わらないのではないか」と、訳者あとがきにあるように、私が受けた衝撃は、まるで架空の世界で起きた悲惨な出来事を見るような感覚に近い。
もしかすると、被爆者の方に対する世界の人の目もこの様であるのかと思う。

今日、せっかくこのことに気付いたのだから、少しずつ知識を増やしていきたい。

 

汚れた戦争: 1914-1918

汚れた戦争: 1914-1918