蓮は泥中より発す

अद्वैत :非二元に還るプロセスの記録

№843 シャドウワーク前の充電

今週末の加藤ゼミに向けて、貨幣制度について学んでいかねばなりません。

 

このことに関しては以前もインテグラル研究会(怪しい勉強会)で学び、その後、ベルナルド・リエターの本をはじめとして何冊かの本を手にとってぼんやり考えてきました。

 

以前の学びでは「そうか、貨幣制度とはそういうものなのか」と思って終わったわけですが、今回のゼミナールでは他の”あること”(今のテーマはベーシック・インカム)について考えるために周辺を探っているので、なんといいますか?学びの広がりというようなものをひしひしと感じます。

 

これがまた、ひとりで考えていてもドツボにハマって訳がわからなくなるのですが、他のお仲間との暖かいやりとりを通じて、今、新しく知ることとちょっとだけ知っていたこと、そして自分がそればかりやってきたことが、スッと一つにまとまっていく感じが堪らなく心地よいのでした。

 

ま、貨幣制度に関しては

「なんだよ信用創造って、ただの詐欺じゃねえか!」

と暴れたくなる訳ですが、悪いこともみんなでやると堂々としたものになるのでこの世はこわいよね。この世は神のごっこ遊びなのでなんでもありなもかもしれませんが、それにしたってこれは神の遊びじゃないだろ!と思います。人間の考え出した姑息なシステムです。

 

あ、いけない。
こういう話がしたいんじゃなかったわ。

 

そう、このゼミで新しい造語が生まれて、先日来そのことについてずっと考えているのでした。

 

皆様、シャドウワークという言葉はよくご存知だと思いますが、それにじっくり取り組むのは実のところかなり難しいと感じます。

 

シャドウといっても別に怖くも大変でもなく、自分にとって安全に扱えるものしか現れ出ないので、安心して身を委ねればいいと思うのですが、人間のエゴはそういう風には物事を捉えません。

 

なので持論としては、まずチャージされる必要があると考えます。
充電です。

 

ではここでお尋ねします。
今、この文章を読んでくださっている方々の中で、「私は万事OKで、何が起きてもナンクルないのサー。いつも満たされていて、人にもいっぱい分け与えられるよ」と、言い切れる方がどれくらいおられるでしょうか?

 

これが梵我一如の境地です、って言っても、これもまたそんに難しいことじゃないんだよ。ほんとだよ。たぶんきっと。

 

でも「そんなの無理!」と思っておられる方が多いです。愛されていないと思っているから、愛されたい、愛してると言われたい、誰も評価してくれない、誰も褒めてくれない、感謝してくれないと思っておられる方が多いのです。そしてそう思っているから、心が枯渇している。

 

私は、この枯渇感こそ、今すぐに満たされるべきと思います。誤解だからです。

 

そのためには、まず何を持ってしても全面許容。
そののち、本人のタイミングで変容。

 

相手を問題ある存在として見ない。
すでに完璧な存在として見る。
今、愛を必求めておいでの存在として見る。
必要であれば言葉を差し出す。必要であればそっと触れる。エネルギーを送る。

 

そういうことを時間をかけて丁寧にやっていけば、いつかはチャージされます。
そこからシャドウワークに取り組んで、自分の中の「抱きしめてほしい」と望んできた部分を、自分自身で抱き締めていけるようになってほしい。

 

と、いうことで、シャドウワークを補完するワークをしっかり考え抜いて、シャドウワーク&ほにゃららワーク(先述の通りワークの名称はすでに生まれているのですが、ここで私が公表してよいのかわからないので、今は秘密にしておきます)として人にも語れないかなーと、O先生と共に考えたり試したりしているところなのであります。

 

それはボディ、呼吸(プラーナ)、エネルギー、そして言葉を用いたワークになるはずです。

 

 

 

 

 

 

№842 Go!全日本選手権

チケットを買ってしまいました。


第70回全日本剣道選手権大会 IN日本武道館、のです。

www.kendo.or.jp

ニッポンブドウカンですよ! 
剣士憧れの!

 

日本武道館は、東京都千代田区北の丸公園2-3にある武道館。日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。」wikiさんより

 

武道館といえばエド・シーラン、とかじゃないんです。
ここは「心身錬磨の大道場」なのです。

 

毎年11月3日に、武道館で剣道日本一を決める大会が行われるのは剣士の常識です。
JK剣士も小学生時代から、剣道雑誌(マニアックよね)などを舐めるように眺めながら、憧れの強い選手についての興味を深めていました。

 

TVという代物がずーっと昔から今まで存在していない我が家にデジタルの波が入り込んできてからは、動画でいろんな情報を収集しては様々な選手の感動秘話をシェアしてくれ、二人で涙を流しながら視聴するということを繰り返してきました。なにぶん二人とも涙腺が緩いのですよ。

 

剣士感動動画Top3をここで紹介すると、

 

✨栄花直樹選手「ただ一撃にかける」

youtu.be


✨寺本将司選手 情熱大陸

https://youtu.be/gBqo4_2kGJw

youtu.be


✨西村英久選手 「己に挑む六番勝負」

youtu.be

 

です。


どれが一番とか言えません。いえるもんか!

胸を震わせて涙を流し、心のゴミを掃除したくなった時に是非ご活用ください。
今これを書きながら西村選手の動画が流れていますが、もう音声が耳に入るだけで泣いちゃいそうだよう。

 

それでね、なぜ私が一人でここに行こうかと思ったかというと、西村選手が出ていると知ったからなんです。紹介動画の3番目の方ですね。

 

この動画を、JK剣士は、今は体は無いしげにいちゃんから紹介され(録画データが郵送されてきたのです)、スイッチが入ったのです。「西村選手もつらかった、だから私も頑張る」って、あの時の頑張りはほんとうに素晴らしかったな。そして頑張り抜いて結果を出してスランプに陥って…

 

というようなことがありましたので、思い入れ深い西村選手を、生で拝みに行くことにしたのです。

 

もうなんて言いますか、チケットを手にしているだけで、この日本最高峰の試合にかける選手の意気込みが伝わってきて、ビリビリ震えるような気がします。剣道は勝敗を決するものですが、武とはいえ道ですから、勝ち負けという二極を超越した世界に触れることができます。

 

当日も、会場に向かうまでのルートでも波動の高まりがきっとすごいんだろうな、そのヴァイブレーションに私もフル充電されちゃうんだろうなと、今からドキドキしております。そして生・西村選手を見たら、JK戦士のことなど思い出してワッ!と涙が出ちゃうのであろうと思います。

涙腺弱いので。

 

 

 

 

 

№841 YouTube対談テスト配信

今日は、大変ドキドキワクワクすることがありました。
来月予定されている、YouTube対談のテスト配信です。

 

約20年前から、スペースまほろばを主宰されるセラピスト・中野真作さんのところに通ってきました。

 

初めの頃はもう病的な、というか完全に病んでいる状態でしたので、一人でそこに伺うのすら躊躇しました。なので家族についてきてもらおうとしたのですが、「一人でいらっしゃい」と言って頂き、猛烈にドキドキしながらチャイムを鳴らしたことを覚えています。


あの頃は、人に会うことさえままならない精神状態だったのです。

人に会うことだけでなく、家の外に出ることさえ怖くてなりませんでした。当時、職場にも家族にも迷惑をかけました。特に長女には大いに心理的負担をかけました。本人は顕在的には覚えていないと思いますが、彼女が宗教を学問的に納めたいと欲した心の根っこには、この体験があるのではないかと感じます。自分の一生をかけてその時の負担を濯いでやりたいと、親として強く感じている経験です。

 

今の私しかご存じない方は「うっそー!」と信じられずに笑っちゃうかもしれませんが、人間誰しも生きていれば、人生の中で一度はこういう状態になるものです。

 

簡単に病名をつけて、人に病者のレッテルを貼るものではありません。本当は病も不幸も人間の想念の作り出した妄想で、実在ではないからです。

 

中野先生は私に「非二元」を初めて教えてくれた方でした。
ここから、私の後半の人生が始まっています。そしてこのまま最後まで突っ走る予定です。

 

ウィルバーも、インテグラル理論も、規夫先生も、Integral Life Practice(ILP)=統合的実践も、そしてそこから延長して出会うことができた成人発達理論&洋平先生、そしてYoga。
今、自分が生きてここでこうしていることの重要な要素は、すべてこのスペースまほろばから始まったのでした。

 

この秋、貴重な体験と気づきを得て、中野先生に「いつか一緒に何かやらせてください」とメッセージさせて頂いたのですが、それは本当にそれを希望していたというよりも、そういうことを口に出せるようになるくらい自分が解放されたということであって、具体的に何が可能かなどというVisionがあったわけではありません。

 

ところがその後、「YouTube対談をしませんか?」とお声がけを頂き、これは予定されていた方のピンチヒッターとのことでしたが、私にとっては奇跡的ギフト以外のなにものでもありませんでした。

 

そして本日、その打ち合わせとテスト配信を行わせて頂いたわけですが、もう先生とお話しするだけで楽しくてたまらない!

 

なにしろ家族も知らない話をとことん聞いてもらってきた方ですし、「もう消えてしまいたい」と欲している私の内的衝動を、そっととどめてくださった命の恩人でもあります。

 

人が好き、人とのおしゃべりが好きな私ですので、そのおしゃべりを通じて、私が中野先生に頂いたような滋養される感覚をたくさんの方に与えたいと望みますし、これまでやってきたことの中で得た「言葉」や「智慧」を、そのおしゃべりに散りばめられればいいなと思っています。

 

ホントのところ、智慧は沈黙のなかでしか得られないそうなので、このおしゃべりは道案内的なことに過ぎないのだと思いますが、人間の心のうちに湧き上がる思いもまた根源から生じるものなのですから、私はこの内側からの求めに従いたいと思います。

 

今回の対談は、そのための重要な気づきを与えてくれそうです。
”恩師”の胸を借りて存分に楽しみます。

 

対談のライブ配信は、11月9日21時からです。
URL等はまた後日シェアさせて頂きますね。

 

 

 

 

 


★スペースまほろば YouTubeチャンネルはこちら

www.youtube.com

№840  波は無くならない

最近、O先生と密にやりとりをさせてもらっています。


一緒に加藤ゼミにも飛び込んだので(道連れにしたのです)、そのふりかえりなども二人でやっていて、話が尽きることがないのです。

 

ちなみに加藤ゼミとは、私が以前から「成人発達理論」を学んできた場でして、今回3年ぶりの開催になります。

 

もうこういうゼミナールはやらない、といつか仰っていたような?気がしていたので、「無いはずのものがある」という喜びはかなり大きく、想定外のご褒美をもらったような気分です。

 

こんな私でも参加できるので、どなたさまでも大丈夫です!
毎回新しい発見があり、ゼミ後に散歩している時にも、自分の中にいろいろなものが湧き上がってくるのも豊かな体験でありがたく思っています。

ご興味ある方は、ぜひご一緒に

★「オンライン加藤ゼミナール」
https://yohei-kato.mykajabi.com/fa999c9a-6026-4973-a841-198df95932ef

 


さて、O先生とはこの1年ほど、一緒にYogaの学びも行ってきました。
ここでいうところのYogaとはいつも私が言っている意味のYogaであり、Asana(体操)じゃなくって「合一する境地としてのYoga」であります。

 

人間は肉体を持って生きいている以上、全然心が揺れない境地に達することは難しいです。

 

それをなるべく制御できる方向に持っていくことは、ある程度可能だとは思っていますが、生きていて生じることは自ら測り難いと思うことなどもあり、波に翻弄される木の葉のようにしっちゃかめっちゃかになることも当然あります(いずれそれもないようになればなあ、というの望みは強く持っていますが)。

 

人の意識は、この「木の葉モード」から「揺れ動く波」の側に移ることが可能ですし、なんなら「波を揺らしている側」にいることもできます。

 

O先生とのやりとりの中で「波はあってもいいんだよ」というお言葉を頂戴した時、自分の意識状態が「木の葉モード」に収縮していたのに気づき、「おっといけない!」と、正気=人間存在とは波を起こしてしまえる側であること、を思い出したのでした。

 

その時、バン!と脳内に浮かび上がったのがバガヴァッド・ギーターの中の詩句で、即座に本棚に走り、数冊あるギーターの中から一番のお気に入り「ギーター・サール」を開いて深く頷いたのでした。

 

狂気に引きずり込む友達は修行の友ですが、正気に取り戻してくれる友達は解脱の友でしょうか。なんにしろ、O先生には感謝であります。なにとぞ引き続きよろしくお願いし申し上げます。

 

「絶えず流れ込む川の水を受け入れ、満たされながら、海は全く揺らぐことはない。」Gita2−70

 

 

 

 

 

№839 本箱からヒマラヤ

今朝突然思い立って、本箱を探りました。

 

本棚、ではなく、本箱、です。

 

鳥取に転属が決まった過去のある日、胸までの高さの小ぶりの本棚を二つ買い求め「これ以上本は増やさない!」と心に決めて、買って読んでは売り、買って読んでは売りというサイクルを延々と繰り返してきました。BOOK OFFさん、その節は大変お世話になりました。

 

ある日、まだJKではなかった当時の未JK剣士に「もう本を売るのはおやめ」と言われたので、うん確かにそうだなと思って、読んで即売却のサイクルをストップしてみました。

 

それは、ガッカリ本を手に取って意気消沈することが減ってきたことの成果でもあり、これは売りたくないなあと思うアタリ本が増えていることの結果でもありました。

 

しかし、私は根本的にものを増やすのが嫌いです。
そして捨て魔です。この捨て魔遺伝子はこどもにも遺伝しています。

 

「ヒマラヤに持っていけないものは要らない」という主義で長らく生きてきましたので、本棚の追加購入などという策は一切検討しませんでした。

 

そこで私がとった戦略は、無印良品の超簡易なプラボックスに本を詰め込むというもの。実に安易です。

 

現在このボックスは3個にまで増殖し、しかも既存の本棚の上にさらに本が山を成しており、いい加減次の戦略に入ろうとしています。それはやっぱり売却なんですけどね、あはは。

 

ぐるっと回って元に戻ったわけでなく、外界から取り込む知識や情報を過大評価する自分のなかの”何か”から、心的に卒業したということなのだと思っています。

 

 

さて、今朝なぜ本箱を探ったかと言いますと、しげにいちゃんが呼んだからであります。

 

肉体の状態からお別れしてやがて3年ですが、御霊としてのしげにいちゃんは身軽になっていつも一緒にいてくれますね。南の島にも同行してくれてるらしいので、さすがだな!と思わされます。

 

私の場合は「おい、今のそのチョイスちょっと違うぞ」という場面で、胃のあたりにサインを送ってくれるという謎のテレパシーで対話をしております。

 

で、本箱です。

先週、ある方との会食の際に「聖典の読書会しようか」という案が浮かび、いいねと言ってくれる有志も数名集いまして、いつから始めるかの啓示をまっているところです。

 

その読書会では、「ヨーガ・スートラ/バガヴァッド・ギーター/ヨーガ・ヴァシシュタ」の三つの聖典を取り上げ、その教えとマイケル・タルボットの「投影された宇宙」を絡めて話しちゃおうと思っていまして、他にも色々仕込みをしようとワクワクウキウキしながら心算をしていたところ、そういえばしげにいちゃんの本棚から形見の品として貰い受けたヨーガ関連の本があったのを思い出したのでした。

本箱を探りますと、「ヒマラヤ聖者の生活探求」(昭和44年刊行)が、無事見つかりました。実を言うとまだ読んでなかったのですが、少し読み始めてものすごくびっくりしました。

 

全5巻のうち2巻を頂いていたので、急ぎ御用達の今井書店に出向きそこで4巻を入手、在庫のなかった3巻をAmazonに依頼したところです。

Yogaやってきたくせにマジで今さらなんなの私、というツッコミ以外ありませんが、ヨーガ療法どっぷりの間はひたすら聖典をそのまま読み込んできたので、許してもらえるのではないかと思います。

ということで、やっぱり大事なものもことも、探し回ったりしなくても向こうからやってきたり、お知らせしてもらえるものなんだなあとしみじみ感動しているところです。

 

 

 

 

№838 あ、そうか感覚

今は次の活動(世界?)に向けての準備中なので、まるで夏休みのような穏やかさのなかにいます。

 

ふりかえると、20年前にこの道に足を踏み入れてしまってから、ときどきこういう時間が生まれています。

 

足を踏み入れたのではなくて、いつかどこかで約束して既に見知っているところに還っていっているところなのかもしれません。

 

そう、夏休み。


決してジタバタせず、黙って次の何かがやってくるのを待てるようになりました。

 

以前はつらくてジタバタして、何かを勉強したくてたまらなくなっていました。不足感や焦りから、本を死ぬほど読んで、セミナーに出たりして救いを探し求めました。それも間違っていなかったと、今はわかります。それもすべてプロセスですから。

 

今日から、このBlogのサブタイトルを変えようと思います。
前回の変更は、前の加藤ゼミが終わったタイミングだったので、ちょうど三年前。

 

あの時も大変化の時でした。大事な人との別れがありました。でもその方とも完璧に和解しました。だんだんジタバタ度合いが減ってきているのは喜ばしいことと思います。見たり聞いたり読んだり、聞かせてもらったりしてきたものが、少しずつ自分の地肉になっていっているのを感じます。そして、ひとりでがんばらなくなっています。


もうひとつのよいニュースは、自分にようやく「観察者の視点」が確立されていることに気づけたことです。

 

私が私というとき、その私は自我です。

でもそれを高いところから見下ろし、包み込み見守っているのが本来の私です。

 

これを世界中の叡智の伝統において様々な言葉で表現しますが、それらはみな同じひとつのもののことを語っていて、私はそれを絶対者Brahmanと呼ぶ文化のなかで育つよう促されました。

 

私本来の私から決して離れることはできないのですが、それを忘れて遊ぶ方が楽しいに決まっています。決してその包み込み、守る力から私たちが見放されることはないのです。

 

ずーっと瞑想をしてきましたが、なぜそれが必要なのか、また、Asanaや調気がなぜ大事なのかも腹落ちしました。みんな何気なく使っている「いわゆるYoga」をやることは、目的でもなんでもありません。

 

苦悩と言われるあらゆる物事が「あ、そうか」と明らかになる感覚、私もこれをずっと求めてきました。

 

この「あ、そうか」という感覚にとって、肉体を浄化し調えること、エネルギーの使い方を本来の自分のしあわせに向け直すこと、調気でそのエネルギーの流れを調えること、そして瞑想をすることが、非常に効率のいい方法として、今にいる私たちへのギフトとして伝えられてきているのでした。

 

これはもう、「ありがとう」というしかないです。
Yogaという言葉は残念ながら現代では違う意味で使われていることが多いから、そろそろ違うパッケージが必要かもです。私にとっては、ということですが。

 

 

№837 助けを求め、助けられる

 

これまで、何人もの方の助けを受けてここまでやってきました。

 

こういう存在は人にとって必ず必要か?というと、決してそうではないと思うのですが、私の場合は三次元的にいわゆる「師匠的存在」が必要だったということです。


芸事もずっとやってきましたので、当然そちらの師もありますが、今日語るのは、

「生きることの探求
 =どうやったら人はしあわせになれるのか
 =不幸を克服できるのか
 =Mokshaに至れるのか」

という人間究極の課題についての師についてです。

 

そのことについて教え導いてくれた方々のお名前などは、このブログのサイドバーに記載していますので、ふむふむなるほどと思ってご覧ください。

 

さて、そのなかのお一人である加藤洋平さんが、この度3年ぶりに新しいゼミナールを始めてくれました。過去にもこういったゼミに参加させてもらってきたのですが、そのうちの「黒い本出版前ゼミ」で教わったことが、今も私のなかに楔のように打ち込まれていまして、どれだけそのことに助けられたかということをいつも思います。そしていつも人に話しています。

 

「黒い本出版前ゼミ」で教わったこのことは、Yogaの学びで与えられた「どうしてもつらいときは逃げてもいいんだよ」という教えと共に、ほんとうに人を救う救済の教えだと思っているのです。

 

それは一体どういうことかと言いますと、悩み苦しんだり、挫折したときに人に頼りなさいということです。しかもこのことを、「もし頼らずに自分ひとりで悩んだらどうなるか」ということをきちんと示してくださって、それが猛烈に衝撃的でした。

 

私たちはなんとか「成長」や「発達」をしたい、もっと良くなりたいという欲求を持って頑張っているのですが、誰もが必ず壁にぶつかります。スイスイ楽にできる学びも成長はあんまりないのです(あるにはあるのですが、ベクトルが違うといいますか)。

 

そして挫折したり苦しんだとき、ひとりで悩むとドツボにハマります。


成長したかったはずなのに、ひとりで落ち込むと発達するどころか、当たり前にできていたこともできなくなるという、負のスパイラルに陥るわけです。こうなるとなかなか浮上が難しくなります。かなり辛い状態です。私も身に覚えがあります。

 

だから、悩んだ時は誰かに「たすけてー!!」と言えることが大事なのです。

 

しかしここで肝要なのは、どんな方に助けてもらうかということだと思うのです。


例えば、誰かを恨んだり攻撃したりする方向性で援助してくれる人もこの世の中にはいると思いますが、この世のありようは鏡そのものですので、思ったこと・やったことはいずれ必ず我が身に跳ね返ってきます。これは決して批判などではありません。当然ですが私もやってきました。でもその結果、自分も誰も、しあわせにはできないのです。だから「そんなことしたらダメだよ、おやめ。」と叱ってくれる誰かを、とにかく自分にとって大事な人としておきたいと思います。

 

人間にはセンサーがついていますので、こういうネガティブ方向での対応をしますと、心は重苦しく、体は具合が悪くなります。本来の生命エネルギーの方向性とは、愛、喜び、静けさ、感謝ですから、どんなにつらく哀しい体験をしたとしても、一所懸命生きた結果であれば、そこには清々しさと解放感があるはずです。この経験は自分の人生でどうしても必要であると、私に天が命じたのだという確信と共に、その痛みや苦しみを我が身に引き受けて昇華していくことが(いつか必ず)できます。できるはずです。

 

ですから私たちは、人に助けを求めつつも、命の方向にしっかり沿う様な形でその苦しみを克服していく必要があるといえます。助けを求められた人も、命の方向に沿うように、人を導き支えるという役目があるということです。助けを求めるということ、助けるという双方向性を通じて、私たちは、命そのものを祝福していかねばならない。そう思います。